「モラルハラスメント」と「自己愛性人格障害」

「自己愛性人格障害」
「モラルハラスメント」という言葉と出会った直後に
この単語を知る人は多いと思う。
「境界性人格障害」「回避性人格障害」などと
同じページで医学的に丁寧に説明してあるところを
目を皿のようにして読みあさった記憶がある。
私は権威ではないから、詳しい分析はできないけれど
この二つの言葉は被害者である私達にとってどんな意味があるのか。

「気付き」を得て「モラルハラスメント」「自己愛性人格障害」
という言葉が毎日グルグルと頭を駆け巡り
「それは何なんだなんなんだなんなんだ」と
ひたすらネットの中答えを求めて歩きさまよい続けた。
皆そうなんじゃないかなと思う。
さんざんさまよった末、答えはネットの中にも、
本の中にも、友人のアドバイスの中にもなく
「自分がそこまで追い詰められていたこと」が答えだと
随分時間が経過してから気が付かされる。
人から何度も言われていたことだけど、
自分なりに納得するにはどうにも時間がかかった。
そうなんだ、夫は酷い人なんだ。

そもそもモラハラを長く受けていると、自分の痛みに鈍感になる。
人に夫のことを「こんなに酷いことされたんだよ~」と話すと
「ええ、そんな酷い人がこの世にいるの?」
「よく一緒に暮らしているよね??」と言われると
「いやぁ~いいときもあるし。どこでもそういう時はあるんじゃないかな」
などと、夫をかばったりしてみることすらある。
客観的に「モラハラの被害者の女性の話」を聞くと
「それは酷い、回復の見込みはない、早く別れて新しい人生を」
と思うし言えるのに、自分のこととなると、判断できないのである。
実際、モラの被害者の人というのは幼い頃から
人ができない辛抱を積み重ねてしまう傾向にあって
そういう中で「えらいね」と言われることに
自分の価値を見出してしまう部分もあるのではないかと思う。
自分がそうだから、だけど。

心の相談室の人の話は先日したが、
その人に思い切り指摘されノックアウトされた言葉がある。
「「夫は・・・夫は・・・友人は・・・子供は・・・父は、母は・・・」って
あなたはずっとそればっかりです。
「私は・・・って言えませんか?私はこう思うって、言えませんか?」
滝のように涙が流れた。
私は・・・とは言えない。私が・・・とも言えない。
ずっとそうして生きてきたから。

自分を信じるということをおろそかにして、
まず人を信じてしまう。
夫婦だから、もちろんなんだけども
自分を信じることをさておいて、まず夫を信じてしまう。
だから「夫」が何もくれない状態になると、飢餓状態になるのだと
そんな分析をしていたけれど、
もっと手前の部分で、自分主体の生き方をしてきたかというと
とっても疑問なのだった。
もともと「ママが喜ぶように」「ママが怒らないように」生きてきた。
会社に入ってからの私は、自分らしく生きていたように思う。
それでも「結婚」というのは「家庭」だから
また再び自分を犠牲にすることで幸せの偶像を結ぼうと努力してしまった。

話がどんどんそれてしまったけど
日記だからいいか。

「希望」という種を握っていないと、人は生きていけないと思う。
飢餓に苦しむ国でも、暑さ寒さに苦しむ国でも
どんな年齢でも、「希望」は自動的に持っているものだと思う。

大きな希望じゃなくていい、普通でいい、いいや小さくてもいい。
小さな小さな希望の種を握って、いつか育つことを信じて
信じて歩けるだけでも幸せなことだと思う。
でも、その「2つの鍵」である言葉によって私達は、
冬の寒さも風の冷たさも耐えてきたというのに、
その種は「芽の出ない種なんですよ」と宣告を受ける。
「どんなに待っても、芽は出ませんよ。」「それでもいいんですか。」
人に問われる、自分に問われる。
「何があっても育たない芽」と媒体ですら説いている。

だって何年も何年も育つと信じてた種
握りしめては、夢見てきた種
そんな簡単に捨てられない。
もう少しもう少しでいいから、育てさせて欲しい
自分は我慢できるから・・・
せめて、今まで自分が情熱を注ぎ、
信じていたことをもう少し信じていたい・・・

そうこうしているうち、その「種」から攻撃を受けるのである。
愛し、信じ、「希望」だった種は、「有毒」な種だと知らされる。
そして「病気なら薬で治るが、障害だから治ることはない」と
その上に「本人が障害があるだけではなく、このままではあなたも危険だ」
と事実をつきつけられるのである。
これでもかこれでもかと完全に希望を捨てざるを得ない状況になる。

幸せになることを信じて頑張ってきた私達に
それほど残酷な言葉はないのではないか。
現実貴重な人生の時間を徒労に終わらせられ
さんざん傷つけられた私達に
この「二つの鍵」となる言葉の表す意味は
とてつもなく重く、大きい。

自分が希望の種と信じ、ずっと握り締めて来たものが
ある日「育つ見込みはない」し「あなたにとって有害」と
そういう現実をつきつけられる、それが
私達被害者にとっての
「モラルハラスメント」と「自己愛性人格障害」という言葉である。

私は精神学を学んだわけではないけれど、
夫がどのようにして「自己愛」になったのかについても
自分なりに熟考したのでまた今度触れたいと思う。

おととしからずっとこの一連の件について
客観的に意見を頂いていた方がいる。
私の大切な人である。
離婚調停に必要な書類はB5で26枚にも及び
夫のモラハラぶりは書いても書いても尽きることはないほどだった。
そのSさんに調停の書類を見てもらい、
「どれが一番酷かったと思いますか?」と聞いた。
夫のことを聞いたのにSさんは
「それを全部我慢してきたあなたが一番悲しい」と
そう言いました・・・
コメント ( 19 ) | Trackback ( 0 )
« 今日は私の骨... 夕鶴{モラ版} »
 
コメント
 
 
 
同じ思い (よもぎ)
2005-02-18 00:01:37
傷ついたまま言葉に出来なかった感情が、まっちーさんの文章にそのまま書かれていました。

きっといつか幸せな笑顔で暮らせる。ほら、こないだだってそんな時あったよね。私がもっと努力して工夫して頑張れば、ずっとそんな日が続くに違いない。・・それが幻想とわかったのは、私のすべてがめちゃめちゃになってからでした。
 
 
 
ありがとう☆ (西丸)
2005-02-18 01:01:41
悶々としていた時に、

あのキーワード「自己愛人格障害」

でリンクしていたのが

まっちーさんのこのブログ。



私は救われたとおもって忘れちゃいけないね



本当にありがとう。

私のほうは体は大丈夫だったけど

エイズチェックと肝炎のチェックもしないと(コワ)

本当にモラはゴム嫌がるよね

モラーはまだ追っかけてくるつもりみたいだけど

(脅迫もらいました)

何とか追っ払います



お互い頑張りましょうね
 
 
 
種…有害な (西丸)
2005-02-18 01:05:06
この部分、まさに来ますね!
 
 
 
言葉にずしっとくるね (hirobonita)
2005-02-18 15:53:04
まっち~さんの言葉ずしっとくるよ。

今日すごいそう感じます。

まさに有害で爆弾の「種」をまだ持ってる私は自分でそれを捨てるかどうか悶々と悩んだ時期があるました。

毒ガスが吐かれてるのに、確かに痛みが鈍くなってしまってるのは事実ですね。
 
 
 
がんばろう (まっち~)
2005-02-19 02:03:31
よもぎさん

わかる。どんな気持ちでこのコメント搾り出してるか、伝わってきたよ。

思い切り消化の悪いものを続けて食べたような気分が、モラと住んでいるとずっと続くんだよね。「何か悪いもの食べただろうか・・・」「疲れてるのだろうか・・・」いや、それは実は両方。

モラ毒を盛られ、モラによって疲れさせられている。

その疲れた体がより一層「夢」「希望」を抱かせる。。。

 
 
 
がんばろう (まっち~)
2005-02-19 02:04:02


西丸さん

ほんとにね、脱出後は気をつけて。

奴らは被害者を「自分のもの」と思ってますから。

思い切り自分のものと思っているからこそ、

モノ扱いできるのでしょう。

モノには心がない。

彼のまわりはモノだらけで、人間は彼の世界の中では彼ひとり。

そういうパラレルなワールドに住んでいるのが、モラ達。

夫の名言をここで二つ。

(頭をかかえながら)

「俺はどうしてもどう考えても人の気持ちがわからない欠陥商品なんや~!!泣」

(別居後。壮絶な戻って来い攻撃のさなか)

「俺、お前が「間柄」「間柄」って言うたびに、その単語聞くたびに吐き気がするからやめてくれ」



hirobonitaさん

うん、やるかやられるか、じゃなくて

やられ続けるか、逃げるか。

無色無臭の毒ガスほど怖いものはないっしょ~

 
 
 
ありがとうございます (よもぎ)
2005-02-20 00:55:38
まっちーさん

ご自身も今とても大変なときなのに、気持ちを受けとめて下さってありがとうございます。お互いこれからこそは幸せになっていきましょうね。

 
 
 
私も被害者です (ちゅん)
2007-04-22 00:32:00
こんばんは。初めて投稿します。
私もモラルハラスメントを知って同じように自己愛性人格障害をネットで調べまくった人です。知った時はすごくショックでした。

私の相手は職場の同僚です。4歳年下で私より1年半後から入って来たのにも関わらず、ある時期からすごいモラハラが始まりました。

当初、ACの典型的なパターンのような私は一人悩み自分を責めて我慢に我慢を重ねていました。周りの同僚は私をスケープゴードにするだけで知らん顔。

でも2月のある日、事件があり、その時にネットで何となく「職場のトラブル」を調べていたのがモラハラという事場との出会いでした。
それから相手と戦う決意と離れる決意をしましたが、今でもすごい攻撃に合っています。本当に自己愛人格障害の典型的なパターンの女性なのです。

けれども今自分は前より少し強くなれて恐れず前進しようと思っています。
でもこの件で私はこういう人がいるんだと学びました。これからはAC的な思考はなるべく気をつけてしっかりいきて生きたいと思います。

通りすがりにこちらのHPに辿り付きコメントを入れました。このHPのモラハラの鶴の話は面白かったです。(本当にその通り)これからはもっと自分を大切にしたいと思いました。お邪魔させて頂き失礼しました。
 
 
 
初カキコです (ゆな)
2007-07-23 00:46:36
私もモラ夫に被害に合いました。不倫されてから気づいたなんて遅すぎですよね・・・
自分が悪いんだとさえ思っていました。(思わされてきました)

子供は二人いるのですが、みなさん別れる時親権はどうしましたか?
私は子供のことを考えるとどうしても離婚は考えにくくって・・・

今の所不倫を反省してかおとなしくしているのですが、また復活するんですかね?

友人や母はそういう人間だって距離を置いて深く関わらなければなんとかやっていけるんじゃない?

なんで母子家庭になってあなたが苦労するの?悪いのはむこうなのに。ガッポリ金を稼がせるようにしなさいといわれたのですが・・・
 
 
 
はじめまして (サトシ)
2007-10-11 23:39:37
私も被害者です。現在、2人の子供を連れ、夫と別居中、離婚調停中です。夫が自己愛性人格障害の診断を受けているため、ネットで色々検索しているうちに、まっち~さんのブログに辿り着き、そしてモラルハラスメントについて知りました。

結婚して7年間は、皆さんと同じです。すべて自分の至らなさがいけないのだと思っていました。夫の診断がついてからは、それでも何とか家族4人の形を壊さずに、うまくやっていけないかと努力してきました。仲良く過ごせた時もありました。

しかし、半年前、些細な口論が起きたときに、「うまくやれていたんじゃない。私が自分を押し殺して、夫の顔色を伺って生きているだけなんだ。」と気づき、話し合いにならない夫に対し、離婚調停の申し立てをしました。別居直前は私へも包丁が飛び、恫喝はエスカレートし、些細な口論をした義妹に対しても「あいつを刺してやる」とナイフを持って自宅を飛び出し、警察を呼ぶ騒動になりました。

夫は今でも離婚を拒否しています。義母も離婚には賛成していたのに、夫と子供を会わせないことについて、職場や自宅を訪れ抗議してきます。精神的につぶれそうになっていたところへ、まっち~さんのブログに出会いました。夫の特性、まっち~さんの境遇、とても似ているので驚きました。うちの夫みたいな人が他にもいるということ、みんな同じ思いで闘っている(闘ってきた)と知り、心強く思いました。

私だけじゃなかったんですね...

うちの場合も近々裁判になると思います。親権は互いに主張していますが、絶対に譲れません。だって、夫の考え方、人への態度を子供たちに習得させるわけにはいきませんから。子供がいるからこそ、きちんと離婚し、母子家庭になっても、安心できる環境をつくってあげなければ、と決意しています。
 
 
 
有難う (911)
2009-10-19 23:58:17
あなたの記事を何度も何度も読み返して、自分自身に言い聞かせています。『腐った種』だと、その通りなので、と、しかし気持ちが主人に依存しており、子供が居なかったので二人の生活リズムからなかなか、抜け出せず、うつ病に成るんじゃないかな〓と思う所まで体調に変化を来しています。あと一歩で抜け出しそうなんですが、最後の一歩を助け舟のアドバイスを頂けないでしょうか〓宜しくお願いします。
 
 
 
どうすれば〓ぬけれますか (911)
2009-11-15 00:03:52
別れたいけど別れられない〓別れたい勇気一つとわかっていても何故か依存してます。助けて~
 
 
 
わたしもモラ夫から離れます (mai)
2010-06-07 13:31:51
わたしは離婚話をモラから切り出されたのでこの機会に提出してしまおうと思っています。
早く届け出せと夜中7回も電話があったりお前が離婚に進展させた、などさんざんな言われようでした。

義父(爬虫類顔)も自己愛性人格障害のようです。毎日のように親に連絡していたマザコン夫。結局両家で話し合いの際 全部わたしのせいにし都合のよい供述書を作ってきていました。慰謝料についていっさい支払わないと言い切り、第三者の介入は許さないなどと言うわ、「あなたの結婚・離婚ですか?」といいたくなるほど義父主導の会議でした。 泣き寝入りになりたくないですが、もう仕方ないかな。と思っています。「話せばわかる」人じゃないので。せこいですし。現在別居中で荷物の引き取りの立会いに(うちの親は身の危険を感じ)来るのですがやつらもきます。また爬虫類に会わないといけないのがイヤです。
 
 
 
Unknown (maiさんへ! りな)
2010-06-11 00:21:11
はじめての投稿りなです
まっちーさんに勇気づけられている一読者です

maiさん!
間に合うかな?このコメ
日付を見て慌てての投稿です

絶対に相手の言いなりにならないで!
第三者を入れないなんて要求には乗らないで弁護士を入れるべきです

弁護士費用はかかるけれど、そういう奴らはmaiさんを生涯苦しめる可能性だってあるのよ!
弁護士費用は決して安くはないけれど、あなたの人生を守る為には必要です

今すぐ弁護士を探してください!

それから荷物の立ち合いも絶対に弁護士なり第三者を介入させて!後で何を言われるか分からないよ、先送りになってめ何とか生きていけるわ!
相手と直接関わる際は必ず小型のレコーダーをポケットに忍ばせる事も忘れないで!(記者が持っているような物、17時間くらい録音可能で1万円くらいのもの、小さいのでブラに挟んでもいいわよ)どんな言葉も証拠になるから!

"第三者介入は許さない"なんて、相手が自分が不利になると分かっているから
そんな奴らの為にあきらめないで!


 
 
 
私も… (hiro)
2010-06-11 23:18:00
家を飛び出してもう1カ月になります。

入籍してすぐに主人からの言葉の暴力。

今、4か月の子どもを連れて実家へ逃げています。

出産後、私の母の目の前で豹変し、それまで相談しても「あんたがわがままなだけ、我慢しなさい。」と言っていた母も、豹変した彼を見て、震えが止まらなかったそうです。

それからは、「チャンスを狙っていつでも逃げてきなさい」と言ってくれていました。

弁護士のところにも行きました。
が、すぐに調停にもっていくよりも、一度話し合いをしたほうがいいのでは?と言う母に従い、私の両親と4人で話をしたけれど、彼は、もう一緒に生活することは不可能という私の言葉を無視するかのように、今週も実家に会いに来る。やり直せると信じて。子どもに会いたいのと許しを乞うために。

彼が実家に来る時間になると、一緒に住んでいた時のように、体が震えだし、下半身の感覚がなくなる。

もう会いたくない。

毎日彼のことが頭を離れず、急にめまいがやってくる。

はっきり「離婚して」と言いたいが、親もそばにいてくれてるのに、怖くて言えない。
勇気が出ない。




 
 
 
わたしも (どじょう)
2011-09-10 00:49:07
わたしも被害者です。19年間耐え続けてきました。つい最近わたしの耐えてきたものが、モラルハラスメントという名前があると知り目の前が開けた思いです。
具体的な被害は他の被害者の方とほぼかぶるので(結婚直後から生活費は渡さない。些細な事でキレてどなる。自分の思い通りにならないと不機嫌全開。)ここでは細かい事は書きません。
ただひとつだけ、みなさんに聞きたい事があります。それは主人が子供の保護者欄にガンとしてサインをしてくれないことです。そのようなケースはみなさん体験された事はありますか。
これは長男が生まれた時からずっとです。その時は男女平等の時代になぜ男だからと言って保護者にならなければいけないのか。と言ってました。子供が受験する時に願書に保護者の署名捺印が必要で頼んだ時にも、俺は書かんぞ。俺の名前を使うんだったら、受験なんかやめさせろとまで言われました。
最近も下の子の学校提出物に保護者の署名捺印が必要だったので、頼みましたが、父親だからってなんで俺が保護者にならなきゃいけないんだ。お前が書いておけ。と言われました。
同じような体験をされた方もお話を伺いたいです。
 
 
 
若い人が羨ましい!! (筑波山)
2011-11-26 12:57:43
私は50代の主婦です。4・5年前に初めてこのモラ夫と自己愛性人格障害を知りました。

友人に話しても、外ずらのいい彼をみて、私を悪く言うばかりで、ますます迷路に入ってしまっていましたが、やっと暗闇に光が見えたところです。

自分の勘違いではなかったこと、夫は普通ではなく、バカにしている私よりも、重症な人格者だということ。

愛情が欠けていることも、表現がまずいのかと、夫を理解しようと苦戦してきた、何十年もの歳月が取り返したくても、取り返せない年代になってしまいました。

幸い最近、同じ様なモラ夫を持つ友人が5人もいることです。
みんな人に言えずに、ただ我慢し続けて、慢性疾患をもっています。無論わたしもです。

子供たちのことを考えて、若いころ、離婚したいとおもったけれど、我慢しましたが、今にして思えば、其の我慢はするべきではなかったのです。

子供の為にこそ、離婚して、家の中で言いたいことを話せる環境を作ってやるのが、親としてできたのではないかと、悔やんでいます。

子供は、夫に愛情がないことを、必然的にわかりました。
夫と、義父母のことは、「愛情表現は金だ」と吐き捨てました。

いいえ、愛情は自分にとって、必要ならば相手を利用して、愛情のあるふりさえ出来るひとなんです。

すべては、自分だけの為に、家庭も子供も、あるのです。

今現在は一緒に暮らしていますが、家庭内別居ですし、
お金を作って、早く本当に別居するつもりです。

離婚は後回しになるでしょう、なぜならとてもしつこい性格で、執着心もひどく、ストーカー的要素も有り、
子供たちさえも、巻き込む恐れがあるからです。

若い方達は、一日も早く別れて、明るい人生を歩んでください。
私のように、誤った我慢はしないでください。

悪いのは相手であり、貴方ではありません。
勇気を持ってください。

あなた方の幸せを祈っています。
 
 
 
はじめまして (まぐ)
2014-07-13 17:56:33
ちょっとしたことで傷つくことがあり、妊娠中のためか、その部分のセンサーがとても敏感なのです。今まで傷に鈍感でモラハラ父の元苦しんできました。沢山の時間と青春を返せと発狂したくなることもあります。でも人間ですから。今日は違うことながら深く傷ついて学んでここにこさせてもらえました。 きっと大丈夫。強くなれます。モラハラになれた心はなかなか自分を罰することを辞めてくれないこともあるかもしれないけど。
気がついたとき、よし、ストップ!!自分は悪くない!必死でいきてきただけ、全て必要だったんだと。自分を虐めない事が一番大切ですね。だいじょうぶです。
 
 
 
自己愛性人格障害の自覚症状 (香菜子)
2016-07-06 20:47:16
香菜子と言います。周りから自信過剰・自意識過剰と言われており、自己愛性人格障害・自己愛性はパーソナリティ障害ではと指摘されたことをきっかけに、人格障害・パーソナリティ障害のことを調べたところ、確かに自分の強気で自信家の性格は自己愛性人格障害・パーソナリティ障害に当てはまっている部分もあるように感じました。この人格障害・パーソナリティ障害は自覚症状があるものなのでしょうか。不安で心配です、ただの被害妄想なら良いのにと思います。香菜子
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
 
 
神様っているものだ (西丸ほうろうき)
モラーから書面で連絡。げげ。 この内容はここでは書けない。えぐすぎた。 (まっち~さんはきっとどこかで判ると思う。「つぶやき」がキーワードです) 職場の説明にいってきて、自分が恥ずかしくなった 社会って、社会って、みんなこんなにまじめに生きてるのに あんな社
 
 
 
モラの都合だけのムダな一日 ~He just thinks his own convenience (わたしのバイリンガルライフ)
今日は朝から私達は走りまわった。。。。 今日は息子の学校を休ませ、私達3人は朝早くに家を出て、予約してあった 息子の小児科医に会いにいった。Dr.は最近の息子の様子を聞いたりして 私とDaddyはそれに答えていた。話は順調に進み、Daddyがアメリカへ帰る 前にどうして
 
 
 
森夫妻は別居したけれど (DVで受けた心の傷)
森進一、昌子夫妻が、別居したと報道されたが、 私は、推測でしかないけれど、DVがあった様に思う。 昌子さんは、歌があり、自立できるだけのものがあると思うが、 私は、どうなんだろう。子供を連れ、別居といっても、経済的にまず難しい。 夫は、私を働かすのが嫌で(でも