旅の途中

旅に病んで夢は枯れ野をかけめぐる(芭蕉)

テレビ番組で「お年寄りよ!もっとお肉を食べなさい。」と言っていた。

2017-06-14 | 日々の業

若い頃はお肉もよく食べたけれど最近は胃がもたれるから余り食べなくなっていた。それでも無性に肉が食べたくなる時がある。

1ケ月に1回くらいは上等のお肉を買ってきて二日かけて食べる。

「うーん満足!満足!やっぱりお肉には○○成分が含まれていて幸福感が出てくるらしい」といつも思っていた。

テレビ番組で「お年寄りよ!もっとお肉を食べなさい。」と言っていた。

90何歳かの方がお肉を食べて見違えるほど元気になった様子が映し出されていた。

「ふーん 年がいったら油ものは控えなさい。お肉より魚や植物性蛋白質をと言われていたけれどなぁ・・・?」

ところが肉を食べるとアルブミンとかいう成分が増えていろいろな病気の予防になるという。

年齢がいくにつれこのアルブミンを作る力が弱まっていき、これが老化だそうだ。

アルブミンの値が低い人たちは、そうでない人たちより生存率が低くかったり認知機能の低下とか 脳卒中、心臓病のリスクは2.5倍に上がるという。

さてさて、肉を控えるべきか?食べるべきか?

栄養指導の現場でも混乱しているらしい。

  成人病やメタボ対策として肉や油の摂り過ぎはよくないと言われてきたが、現在、寝たきりなどの介護が必要になるのを防ぐため、肉などのたんぱく質を積極的にとらせる栄養指導がなされるようになったそうだ。


「高齢者は、十分な食事をとったとしても、若い人と同じだけの消化能力もありますし、吸収能力もあるんですね。
 例えば、4、50代の方と、やはり同じぐらいの量、例えば、たんぱく質をお食べになればいいと思いますね。
 年だから、減らす必要は全くないと思いますね。」

と言う言葉にはびっくり!若い人と同じだけの消化能力がある!吸収能力も!

ほんまかいな?胃に負担にならへんの?と胃弱の私は半信半疑だったが、年齢だからと自分でセーブし過ぎていた面もあったかもしれないと思うと何故か安心の気持ちも沸いてきて「お肉食べるぞ~!」と。

高齢者こそ肉を?! ~見過ごされる高齢者の“栄養失調”~

NHkガッテン お肉を食べよう!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ブクブクうがいでしわ予防... | トップ | [7割の老人が人生で後悔して... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。