旅の途中

旅に病んで夢は枯れ野をかけめぐる(芭蕉)

ガスで炊く炊飯器

2016-10-01 | 日々の業

電気炊飯器が古くなってきた。買い換えようかといろいろ見ていた.

平均で1万円から3万円くらいだったが何と上等のは10万円以上もする。どれも炊きあがりのお米の美味しさを謳っている。

ふと家のガスコンロに確かお米が炊ける機能があったことを思い出した。

このコンロ結構気に入っている。娘が持ってきてくれたが、つかないので1万円で修理をしてもらったものだ。

湯沸しや天ぷら温度の機能もついており、ガスの火の消し忘れを防ぐ。

そうだ昔はガスの炊飯器だったなぁ・・。

折角お米が炊けるのだったらと思い調べてみると、専用の鍋があれば美味しく炊けるらしい。

値段も随分安い。(3号炊きで値引き後3480円)アマゾンで注文したら翌日届いた。

早速1合炊いてみた。ぐつぐつという音。二つの穴から蒸気が出て吹き零れもない。 

なんと!28分で出来上がりのピーという合図。10分ほど蒸らす。

もっちりとした美味しいご飯が炊き上がった。ガスで炊いたのは冷めても美味しい。

そういえば遠い昔 かまどに薪を入れ火吹竹でフーフー吹いて火をおこしお米を炊いていたこともあった。それからガス炊飯器になり、電気炊飯器と炊飯器も移り変わっていった・・・。

  

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 言霊のことから・・一言多か... | トップ | 苦くないゴーヤも美味でござ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (guuchan)
2016-10-01 10:18:54
私も、ずっと以前からガスです。
しかも炊飯は土鍋です。
 4合のお米(い方が古い^^)だと、
12分強火で、12分とろ火。。。これで後は切って余熱です。
 はやり、炎があるもので炊くのが最高ですね。
Unknown (せたしじみ)
2016-10-01 17:34:12
土鍋で炊いたら美味しいでしょうね。
それにしても炊飯器の移り変わりだけでも、本当に長くいきたものだなぁ・・・とつくづく実感しました。火吹竹などという言葉も茶道を習っている人達や特殊な職の人たちしか知らない言葉かもしれませんね。

コメントを投稿

日々の業」カテゴリの最新記事