町田営業所業務日報

地元周辺や旅先で拾った話題を気紛れに綴ります。

2016年終末

2016年12月31日 | 鉄道・バス雑記

2016年も遂に残すところ一時間を切ってしまいました。今年もまた鉄道の動きで色々な話題がありましたが、春の北海道新幹線開業で明るい話題に沸いた一方、長年親しまれた列車・路線が入れ替わるように姿を消した年でもありました。その中で、我が地元の小田急電鉄は、今年3月のダイヤ改正より小田急~東京メトロ~JR東日本の三社による相互直通が開始され、小田急車が常磐線の取手まで、また反対にJR車が唐木田・本厚木まで運行区間を拡大したことが大きなトピックでした。そんなわけで今年最後の更新は小田急車両で締め括ります。

今年の年賀状にも使用した、急行線を快走する4000形です。冬場は建物の影が伸びて来るのが早く、順光時間ながら側面に影が落ちてしまいました。

大晦日の狛江駅北口に佇むD9372号車。小田急関連で忘れてはいけないのが、遂に同社にも登場したフルカラーLEDによる行先表示を搭載した新型エルガです。今は珍しい存在ですが、今後は主力になっていくのでしょうね。

それでは更新頻度が落ち気味の当ブログですが、アクセス頂いた皆様に御礼申し上げますとともに、また来年2017年もお付き合いの程よろしくお願い致します。

『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小田急30000形試乗会 | トップ | 新年明けましておめでとうご... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

鉄道・バス雑記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL