日本教育新聞

10/24号の、日本教育新聞に、本校情報科授業の取り組みの記事が掲載されました。

Webから見られるかな、とも思ったのですが、残念ながらWeb版では見られないようです。

今回の記事は、私が考えている本校での「情報科」の思いを、ライターの冨永さんが見事に丁寧な記事にしてくださいまして、結構嬉しかったりしております。内容は、主として本校での情報の考え方やカリキュラム等が中心です。

ライターや記者の方々というのは、いわば「伝える」ということの専門家、いろいろな角度で勉強させていただいております。私自身、「どのように伝えるか」という部分の科学的な所も研究していくことができれば、自分自身の幅を広げることができるかな、と考えております
コメント ( 2 ) | Trackback ( 2 )
« 評価WG ディジタル化 »
 
コメント
 
 
 
ありがとうございました (冨永敦子)
2005-10-29 10:55:58
小原先生、先日は取材にご協力いただき、ありがとうございました。

町田高校の情報教育についてのポリシーや取り組み、先生方の思いをできるだけ正確に、読者の方々に知らせたいと思いながら、記事を書きました。その点をご評価いただけたこと、ライターとしてとてもうれしいです。

今後ともよろしくお願いいたします。



PS.わかりやすい文章を書くための「文章作成関連教材」をサイトにアップしています。社会人・大学生向けで、高校生向けではないのですが、もしよかったらご覧ください。

 
 
 
こちらこそ (小原 格)
2005-10-30 00:19:44
こちらこそ、素晴らしい記事をありがとうございます。「伝えること」って、簡単そうで実はとても難しいと感じているこの頃なので、冨永さんにはいつも感服いたしております。これからもよろしくお願い申し上げます。

サイトのご紹介ありがとうございます。参考にさせていただきます。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
取材&個別研修 (情報科作業日誌)
昨日・今日・明日と、「夏休み」の消化です。本来なら、7~9月でとれるのですが、夏は夏で研修会やらなんやらで、全くとれませんでした。「支援校」を続ける以上、このような夏が続くことになるのでしょうか・・・。 私の場合、「夏休み」という名の「ボランティア出勤」で
 
 
 
日本教育新聞10/24号-都立町田高校の情報教育 (テクニカルライターT「きっといつかはバタフライ」)
都立町田高校 小原先生の「情報科作業日誌」