今日は、この街にいます。

昨日の街は、懐かしい記憶になった。そして・・

757 ブダペスト④【ハンガリー】

2017-01-30 14:23:04 | 海外
私がオリンピックの実況を記憶しているのは、1956年のメルボルンオリンピックからである。小学4年生だった。兄とラヂオの短波放送にかじりつき、雑音で途切れがちなアナウンサーの声に興奮しながら、競泳の古川や山中に声援を送った。しかし大会直前にハンガリーで市民蜂起が起き、ソ連軍が弾圧するという大事件が勃発したことへの関心はなく、この大会の水球種目で、ハンガリー対ソ連の流血戦があったことも知らなかった。



10歳が抱く世界への興味はこの程度のものだろうけれど、私が日本選手を応援していた同時刻に、動乱で多くの命を失ったハンガリーの人々は、せめてスポーツの場でソ連に勝って欲しいと、選手たちに熱い声援を送っていたわけだ。そのことをブダペストの地で思い起こすと、いまさらながらハンガリーの人々が身近に感じられる。ハンガリーは水球強国であり、この大会でも決勝ラウンドでソ連、ユーゴを破り、金メダルを獲得した。



そのブダペストが、2024年のオリンピック誘致に名乗りを上げている。それはドナウ川の右岸、流れから垂直に切り立つゲッレールトの丘で知った。丘はドナウを挟むブダ地区とペスト地区を一望できる、またとない展望台なのだが、その頂の古い城壁に「THE OLYMPIC GAMES OF THE FUTURE AT BUDAPEST」と呼びかけるカラフルなパネルが並び、ハンガリーのスポーツ実績と、五輪誘致への熱い思いを伝えている。



東京大会の次の2024オリンピックには、ブダペストの他パリやロサンジェルス、ハンブルグも手を挙げているらしい。しかし開催費用の高騰からローマなどは撤退を表明してもいる。東京大会のすったもんだにうんざりしている東京市民としては、オリンピックは、財政的に無理をしてまで開催する価値はない、という思いがある。ブダペスト市民の60%が誘致を希望しているとの報道もあるようだが、市民意識がどこまで高揚するか。



ハンガリーの名目GDPは1206億ドルで、世界58位(2015年、IMF)だ。東欧の優等生と呼ばれたハンガリー経済も成長が鈍化、財政赤字は深刻なようで、EUに加盟して12年になるもののユーロ導入は実現していない。ブダペストでは厳寒の折り、ホームレスの姿がずいぶん目につく。オリンピックを開催して経済に弾みをつけ、先進国入りを果たしたいという思惑は理解できる。だがそうやって財政破綻したギリシャの例がある。



しかしながら、とブダペストの地下鉄1号線に乗って考える。道路からごく浅く、おもちゃのような車両が行き交うこの地下鉄は、東洋で初めての地下鉄が浅草—上野間を走る30年以上前の1896年、世界初の電力運転地下鉄道として建設された。このことに、ルービックキューブを発明したハンガリー人の、優れた頭脳と先取の気性を私は感じる。オリンピックについても、慎重に結論を導き出すだろう。この地下鉄は世界遺産だ。



ゲッレールトの丘には巨大な「自由の像」が建ち、夜は白くライトアップされる。ハンガリーの人々にとって「自由」はひときわ重い言葉なのだろう。帰路の飛行機で、実業家然とした女性と隣り合った。妻は数独を通じてすっかり打ち解け、ブダペストのオリンピック誘致を訊ねている。女性は「私の国にまだその力はありません」と明確に答えた。飛行機は大きく左に旋回し、平原を黒々と蛇行するドナウに別れを告げた。(2016.12.25-29)


























ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 756 ブダペスト③【ハンガリー】 | トップ | 758 ブダペスト ⑤【ハンガリ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。