忙しくあれもこれも

2017年04月20日 13時45分57秒 | つれづれなるままに
今日は「春うらら」。何をするにもいい日和。

朝一で飯前に桜の写真を撮りに行き、BLOGにアップ。
朝食食べて9時から友人宅の木を切ってきた。昨夕メールで「頼みがあるんだが」と依頼がきて、急に入ってきた手伝い仕事。

      ⇒    手前のクヌギの木 軽くなったでしょう。
上の方に不要な枝がまだ何本かあるようだが、それは家主が高バサミで切るとのこと。ついでに他2,3本を軽くしてきた。

11時過ぎに小淵沢の画廊へ。オーナーの仲間10人ほどのグループ展。仲間が1人なくなったので「回顧展」を開催したとのこと。この画廊では現代美術しか見ないのだが(オーナーが現代美術の作家さんだから)、今回は具象作品も並んでる。入って早々違和感を感じる。「どんなのが面白いと思うか」を自己判断できることもあり、面白いと言えば面白いか。
1時間ほどオーナーとコーヒーで雑談。「具象作家って何考えて、あんな風景画描いてるんかね。でもあいつらの絵は売値1桁違うから解らんよ」」と言う。画家の世界は解らん。

それから地元に帰ってきて、神社へ。年1回の神楽の日なんだ。  

ちょうど昼休みで神楽は中断してた。僕もお腹がすいてるので舞は見ないで、雰囲気だけ味わって帰ってきた。 昨年のですが写真

そしてこのBLOGを書いて、アップ。 さらに続く。
庭にタンポポがポツポツ花咲かせてくる。見つけ次第根からとる見回りをやってる。やつらはさっきなかった花が1時間後にぽツンと咲いてるっていう性格の持ち主。それでいて草だけの時は見つけにくい。油断するとあっという間に種飛ばして「オレ勝った」みたいな顔する。嫌いで、敵と思う草だ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  真原の桜並木 | トップ | 春は桜だけじゃない »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
抽象作家だって何を考えて描いているのか (sky)
2017-04-21 10:06:33
解らんよ、と言いたくなる。
最近は歳のせいか、具象絵画の方が心安まるかな。
こう、いろいろ盛りだくさんの記事だと、どうコメントしたものか。自然派常連さんが付き添い入院なので、コメンテーターも頑張らねばと思うが、こちらも介護に足を取られている感あり。昨日は入浴サービス日で1日それで終了。今日はこれから見守り介護に出かけます。
午後は3人娘(いまは3人おばば)のコンサートで、歳にあらがった楽しみにリフレッシュしよう。
岳さんきい付けてお帰りやっしゃ。
作家どうしだと (岳)
2017-04-21 13:37:14
skyさん 午前中我が庭の移植作業をやって、予想以上の美観(デザイン的に、現代美術風に)に満足して、今昼が終わったところ。そうですあの炊き込みご飯の3杯目を美味しく頂きました。
植え替えをやったので雨降ってくれるとありがたいのだがな。降りそうで降らない白州です。
画廊の展覧会ですが、最初の日は作家さんが一堂に集まって宴会やるのが常ですわな。特に今回は同窓会でもあるわけだ。そこで具象と抽象がいて酒が入ると、案の定「けなし合い」になったそうです。オーナーは「2度とこんな会は開かん」と言ってました。会社員内で発生する「意見の相違」とはわけが違うから大変なことが想像できる。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL