国民の力

2017年06月09日 19時58分09秒 | 国を憂う
今日文科省が加計問題の文書の存在をもう一度調査すると言い出した。
国会内だけの抵抗なら「フン、知ったことか」と聞き流されただろう。それがあの文科省をして「再調査」せざるを得なくなった。ここまでもってきたのは国民の力だと思う。
政権が最も気にするのは国民の反応のはず。今国を覆う「おかしいでしょう。説明してないでしょう。傲慢過ぎるでしょう。」の風が無視できないと見てるってことですよ。ここは「国民の力」が勝ったということです。まだまだ引き締めてチェックを続けましょう。

松野文科大臣が今朝の発表をする前に閣議があったわけです。当然その席で「再調査を表明したいが」と言い出したはず。それに対して安倍ちゃん、菅さんが「まっ、そこまではしょうがないか」と答えたんだろうね。さて そこでです、ここからが本当の問題だと思うんだけど。
当然この先どうどう処理するかのイメージも議論されたはず。

 ・ 「森友事件」同様「文書は確認できませんでした」でウヤムヤにする。そして閉会。
 ・ 「まだ調査中」と言を濁し、国会の閉会を待つ。(但し、共謀罪法は可決してしまう)

おそらくこのどちらかでしょう。これ以外で安倍ちゃんが「再調査」を認めるはずがないですからね。
やはり、まだまだ国民は「甘く」見られてるってことじゃないですか。ここからひと押しできるかどうかが大事なんですよ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 金がかかる時代ということ? | トップ | 寒いぞ! »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
岳さんお早うさん。 (sky)
2017-06-10 07:26:32
これから食事して今日の活動開始です。
コミセンに行って、シーズンラストのメトビューです。
私の日記も、朝一でみたら、過去の記事がバックできなかったけれど、今は治りました。やはり、ちょっとおかしかったかな。なにかあったかもね。
とりあえず、この記事に関係ないコメントでご免やっしゃ。
では、後ほど携帯で速報を入れます。PC前に座るのは夕方です。それまでごきげんよう。
駅のプラットホームで (sky)
2017-06-12 10:02:49
後ろに並んでいた大学生と思われる若人達の会話です。
「政治のことはよくわからないから、仲間内での話しには加わらないで避けているんだ。」「選挙も適当にやってるよ。」などなどにびっくりポン。
「あんたらねー、そんなこと言ってると、戦場にひっぱり出されて、死ぬことになるよ。」と前で聞いていたおばさんは言いたかった。あとで、おっととさんに話したら、「まさか説教しなかったろうね。貴女はやりかねないから。」その夜の夫婦の会話でした。
あんな若者達もいつかは目覚めて、「国民の力」を発揮してほしいと、祈っている。
国民の力 (kanou37)
2017-06-12 10:25:04
この国民力がないのは結束が無いからだ,と、思います。自由のあまり,あまりにあちこちに向いてしまうからかもしれない。あと、あきらめが強い。僕もそういうところがある。それでいて、しつこいところもあり、素直じゃない。よくわからない文になってしもた。
こっちも暑い (岳)
2017-06-12 15:57:34
お2人さん 予定通り白州に帰ってきた。雨降ってないのはありがたいが、暑いわ。さすがに都会ほどじゃない、というのは湿度だね。間違いなく都会より低いはず。日陰に入ればここち良し。
skyさん おもしろいおばさんを紹介しましょう。かみさんの絵仲間。僕が座間に足を突っ込む最初のきっかけになった人。この人 息子の嫁のお父さんがあまりにも中途半端な、どうでもいいようなことを言うので、とってもきつく意見したそうです。お父さんかしこまって聞くだけだったとか。僕より年上で都内までデモに出かけちゃうような人ですからね。元教員で今は未亡人として1人暮らしをされてる。さすがですよ。
世の中いろんな人がいます。若い人は気を着けないと。同じ考えと解ってれば話してもいいでしょうが、そこが不明な場合は触らないでおきましょう。自分で考えるようになるか、友人から刺激されるしかないですよ。やつらの人生でしょうし。  だからなんです、日頃から「気づいてときはもう手遅れ」って事になるんだろうなと見る癖がついてるのは。
kanou37君 矛盾してないよ。だれしも「しつこくこだわる」とこと「気にせずスルーしてる」とことを持ってるもんじゃないの?ただ「あきらめる」っていうのはちょっと注意要じゃないか。 対象ごとにどこまでがんばって、どこから諦めるかは意識してないとダラダラになっちゃうかも。体力維持なんてのは「まっこの辺で」っていうのあるじゃん。僕は「政治」は「あきらめてはいかん」唯一の対象だと思ってるんです。自分の、子供、孫の「人生、幸福」に関係するからです。考えても、言っても、デモに参加しても変わらん経験しかしてないんだが、じゃ諦めていいの?と自問すると、「いやいやあきらめてはいけない」と思うんです。いつも「自分のこととして考えてること」が必要だと思ってます。「言動で表現すべき」なんては思ってませんよ。
kanou37君にも「これは自分が、自分の家族が幸せになる政治か?」の視線は常々持っててほしいと思います。

コメントを投稿

国を憂う」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL