煙突の詰まりでした

2017年03月15日 15時46分54秒 | つれづれなるままに
午後ストーブ屋さんが来てくれた。過去に2階メンテをお願いした専門店なんだが、僕の名前だけで家まで来た。ちゃんと過去データを管理してる店なんだね。前回は3年前で何をやったかまで予修して来たようだ。こんな田舎できちんと顧客管理して営業してるお店の姿勢に大いに感心。
さて来て早々にストーブの方から煙突との接合部に手を入れて状況調査。即座に判断。「煤が詰まってます。それと煤の状態が悪い。燃し方が上手くないようですね」だって。専門家は残ってる煤、燃えカスでどんな使い方してるかまで想像できるんだね。
煙突の頭からブラシを入れて、煤払い。煤は下のストーブの中に落としてからかき出す方式。上からの作業が終わった段階で再度接合部に手をいれて落ち切ってない煤を落とす。ここで異常を感じたよう。「あれっ鳥がいるな」。 「えっ?」。 生きてると大変、家の中を飛び回るが。 よかった、死んでました。 
ムクドリだね。 燃えてないから前回火が落ちたあと、上から入り込んで死んだんだろう。これが「突然の詰まり」を生んだ原因か。
わざわざ来てもらったんだからこの際、フルメンテをお願いした。ついでに「上手い燃やし方」の講義も受けた。基本「けちけち燃す」という「せこい」のが駄目ということ。

        

さて綺麗になったところで今シーズンはもう燃すのを辞めようと考えてる。もう我慢できるし、我慢した方が後の掃除仕事がなくていい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ツグミ | トップ | 今日は春の光 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やはり鳥がらみでしたか (sky)
2017-03-15 19:01:39
巣箱を使用させなかった、たたりかも。巣箱の作成がまたれてますね。鳥インフルかも知れないので気を付けよう。そうなると消毒の意味で火を入れた方がいいかも。
とまれ、修理できて良かったですね。今日は風が強くて真冬に逆戻り。
マキストーブのプロがいる町 (numata)
2017-03-16 07:35:35
これにはビックリ!!
我慢してます (岳)
2017-03-16 07:46:40
skyさん おはよう。 快晴、-3℃、まだまだ冷えますな~。 でも薪はつかってません。 石油で耐えられるし。明日朝も冷えるらしい。耐えよう。
お亡くなりになったムクドリ君、火が落ちて、でもなんとなく暖かい穴に引かれたんだろうな。首つっこんで、より暖かい環境を欲したんだろう。ちょっと体を入れたとたんそこは地獄だったってわけでしょうか。
可哀そうにと思うより、「ひとさわがせな」です。
いいほうに考えれば、「そろそろメンテやったら」との鳥のお告げだったかも。これで来シーズンは気持ちよく燃せるわけだから。
必要な業種 (岳)
2017-03-16 08:09:37
numata君 このあたりでは必要な商売ですよ。僕もそうだけど、「薪ストーブ」を楽しむためにこの地域に住んでるって人が多いですからね。
見方をかえれば「いい商売」かな。客はいっぱいいるし、必ずメンテが必要だし、専門知識必要だからね。 僕がお願いしてるお店は長野県原村に店があります。うちの御近所さんもほとんどがこの店にお願いしてるんじゃないかな。
だからまじめに顧客管理をやって、「いい印象」をもってもらえるよう営業努力してるんだろな。
昨日来てくれたお兄ちゃんは3年前に来てくれた人でした。専門で、仕事も多いってことなんでしょう。
もうひとつついでに。この辺では官庁が山のメンテナンスをやった際に出る木を薪材としてほしい人に配る制度があります。2mほどに切った丸太を積んでおいて、1人軽トラ1台分どうぞとやるんです。その場にチェーンソーを持って行って、運べる長さに切り、トラックに積んで持ちかえるんです。

コメントを投稿

つれづれなるままに」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL