prisoner's BLOG

見た映画のメモを☆=20点★=5点による評価つきでつけていますが、テレビ画面で見たなどの理由でつけないこともあります。

「ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄」

2016年10月25日 | 映画
監督がウリ・エデルというのが意外だった。
ドイツ出身で麻薬に溺れる14歳の少女を実録に基いて描いた「クリスチーネ・F」、現代版「神曲」の「ブルックリン最終出口」、過激派組織の経緯を実録に徹して描く「バーダー・マインホフ/理想の果てに」といった暗くハードで割と個性的な作品を撮っている人がホラーというのは合っているような、場違いのような、どちらだろうと思ったら、まあ普通のホラーで作家性といったものはあまり出していませんでした。

調べてみたら、劇場用映画よりテレビ演出の方が多いので、普通に職人的にまとめるのも慣れているのだろう。

ホラーシーンは色々あるのだけれど、全体に散発的で本格的に怖くなるところまでいかず。
黒い鳥が飛びまわるくらいではそれほどインパクトはない。

子供の失踪というモチーフは現実の方が陰惨だろうから、あまりリアルに処理しないでホラーの約束事の範疇にとどめたみたい。

ニコラス・ケイジ(しかし、よく出ますなあ)の奥さん役が、「プリズン・ブレイク」や「ウォーキング・デッド」のサラ・ウェイン・キャリーズ。でかい画面で吹き替えでなしに見ると、同じ顔がずいぶん印象が違って見える。
(☆☆★★★)

ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄 公式ホームページ

ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄|映画情報のぴあ映画生活

映画『ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄』 - シネマトゥデイ



本ホームページ



公開時期をハロウィンに合わせた賑やかしと言いますか。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月24日(月)のつぶやき | トップ | 10月25日(火)のつぶやき その1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL