prisoner's BLOG

見た映画のメモを☆=20点★=5点による評価つきでつけていますが、テレビ画面で見たなどの理由でつけないこともあります。

「きらめく拍手の音」

2017年07月15日 | 映画
ともにろう者の夫婦から生まれた健常者の娘が両親とやはり健常者の弟の家族を撮ったドキュメンタリー。監督は韓国国立芸術大学出の27歳のイギル・ボラ。

ろう者というと口がきけなくて沈黙の世界に生きている人、というイメージを前は持っていたが、実際には声も出せるし、手話を交えるとむしろ饒舌というか騒々しい印象すら覚える。

考えてみると、人間の脳がひとつの音波から人の声=言葉とそれ以外の物音を切り分けているのであって、ろう者は切り分け方が一般とは違っているだけで、発音できない分を手話で補うといった足し算引き算の産物ではないのかもしれない。

ろう者が歌うカラオケ、というと不思議に聞こえるのだが、全体として「うた」になっている。

監督がナレーションと共に手話で拍手を表現すると、手の表現自体が本当にきらめきを放ったように見える。言葉の力でもあるだろう。

きらめく拍手の音 公式ホームページ


きらめく拍手の音|映画情報のぴあ映画生活

映画『きらめく拍手の音』 - シネマトゥデイ



本ホームページ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月14日(金)のつぶやき | トップ | 7月15日(土)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事