prisoner's BLOG

見た映画のメモを☆=20点★=5点による評価つきでつけていますが、テレビ画面で見たなどの理由でつけないこともあります。

「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」

2011年06月27日 | 映画
ここで描かれるミュータントたちの孤独は、第一作・二作の監督で今回は製作にまわったブライアン・シンガーがゲイなので、ゲイを示す記号があちこちに埋め込まれているらしいが、よくわからず。一作目のXメンのスーツのデザイン(パーツによって革やメッシュなど使い分け、製作に四ヶ月かかったとか)など、それらしかったけれど。

キャラクターがまだ若くてできあがっていない分、能力やデザインだけでなく、性格が変化・成長するため、原作を知らない者にもとっつきやすくなっている。
超能力者やゲイあるいは人種的マイノリティでなくても、孤独や無理解を感じている人は多いだろうし。

冒頭のプロダクションのタイトルデザインがシンガーの出世作「ユージュアル・サスペクツ」からとったもの。スピルバーグが「アンブリン」を一時期自分の会社の名前とロゴにしていたみたいなものか。

シーンによってちゃんとドイツ語やロシア語を使わせているのは良い。途中から英語にすり替わってしまうということもない。アメリカもソ連もミュータントからすれば何の違いもないわけで。
ミュータントたちが集めてくる「七人の侍」的シーンのテンポよし。良すぎて軽いけれど。

キューバ危機の絡め方はおもしろかったけれど、あんな大騒ぎ起こして噂が全然洩れないってことあるのか。
アメリカ艦隊のキャプテン役でマイケル・アイアンサイドが出ていたが、エンド・タイトルではM Ironsideとイニシャルになっていた。改名したのか。

アメリカの司令部のセットが「博士の異常な愛情」のそれとそっくり。本物の司令部の様子を公開しているとは思えないので、「博士」を真似たのでは。偶発核戦争が起こってしまう映画だったし。
(☆☆☆★★)
人気ブログランキングへ


本ホームページ


X-MEN:ファースト・ジェネレーション - goo 映画

X-MEN:ファースト・ジェネレーション 2枚組DVD&ブルーレイ&デジタルコピー(DVDケース)〔初回生産限定〕
クリエーター情報なし
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン


X-MEN:ファースト・ジェネレーション [DVD]
クリエーター情報なし
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「アジャストメント」 | トップ | 「スリ」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」 正しいスピンオフ映画 (はらやんの映画徒然草)
「X-MEN」シリーズの最新作であるこちらの作品は、プロフェッサーX、マグニート
X-MEN:ファースト・ジェネレーション (映画的・絵画的・音楽的)
 『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』を渋東シネタワーで見てきました。 (1)これまで『X-MEN』のシリーズを何も見ていなかったので、本作品は当然のことながらパスしようと思っていたところ、どうも頗る評判がよさそうで、かつまたこれまでのものを見ていなくても....
『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』 1962年に何があったのか? (映画のブログ)
 世界で最も売れているマンガ、それが『X-メン』シリーズである。[*]  だからそのファンは全世界におり、なまなかな映像化では納得しないだろう。  だが、『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』なら、...
『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』’11・米 (虎団Jr. 虎ックバック専用機)
原題は『X-MEN: FIRST CLASS』なんですが、この作品の個人的な印象
X-MEN:ファースト・ジェネレーション (X-Men: First Class) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 マシュー・ヴォーン 主演 ジェームズ・マカヴォイ 2011年 アメリカ映画 131分 アクション 採点★★★★ 時々、自分の思想がリベラル寄りなのかタカ派寄りなのか考えたりする私。同性婚は認められるべきだと思うし、信教や表現、中絶の権利や自由も守られるべ...