prisoner's BLOG

見た映画のメモを☆=20点★=5点による評価つきでつけていますが、テレビ画面で見たなどの理由でつけないこともあります。

「her/世界でひとつの彼女」

2014年07月24日 | 映画
声というのは、すでに身体の一部、すくなくとも延長ではないかと思われて、実物の女性と関係を持てないオタク男の話というより、声はすれども姿は見えずといった相手に対する憧れがメインのロマンチックな感触の方が先に立つ。
俳優、とは別に声優という存在が独自の人気を持ったのも、不思議でもあり、当然のようでもある。
サマンサ、という名前は「奥さまは魔女」をまず思わせる。

宣伝・予告編でスカーレット・ヨハンソンみたいに肉感的な女優さんの存在を前面に出したのはどんなものかと逆に思う。

原題がherで、sheではないのだね。考えすぎだろうが、声だけとしか現れない「彼女」はそれ自体が独立してあるのではなく、「彼女の」「彼女に」といった他との働きかけあいになってだけ存在しているといった感じもある。



本ホームページ


公式ホームページ

映画『her/世界でひとつの彼女』 - シネマトゥデイ

her/世界でひとつの彼女@ぴあ映画生活
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月23日(水)のつぶやき | トップ | 7月24日(木)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
her/世界でひとつの彼女 (単館系)
her/世界でひとつの彼女 ヒューマントラストシネマ有楽町 6/28公開。 近未来のロサンゼルスで、セオドア(ホアキン・フェニックス)は相手に 代わって思いのたけを手紙にしたためる代筆ライターをしていた。 長きにわたり共に生活してきた妻キャサリン(ルーニー・...