prisoner's BLOG

見た映画のメモを☆=20点★=5点による評価つきでつけていますが、テレビ画面で見たなどの理由でつけないこともあります。

「独裁者と小さな孫」

2017年02月22日 | 映画
いかに権力を失った落魄の身になり、可愛い何の罪のない孫を連れているといっても、過去に侵した弾圧と虐殺に対する人々の恨みは失われず、ずうっと突きまわされる。

かなりぎりぎりのところで同情を覚えるのを断ち切るように元独裁者が何をしてきたかを思い出させる繰り返しで、自業自得だという感じが終始抜けない一方、復讐のリンチが行われそうになるとそれやったら暴力と報復の繰り返しになるだけだとわかっているわけで、なんとかならないかと嘆息する。

特に孫までリンチしそうになると、それは許されないことだと絶えずブレーキとして見ているこちらに打ちこまれてくる。

ただ実際の独裁者は権力を近親者に移譲するわけで、ここでは可愛い孫がまた独裁者になる可能性はあるのも頭に置く必要はあるかなと思った。

独裁者と小さな孫 公式ホームページ

独裁者と小さな孫|映画情報のぴあ映画生活

映画『独裁者と小さな孫』 - シネマトゥデイ



本ホームページ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2月21日(火)のつぶやき | トップ | 2月22日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL