prisoner's BLOG

見た映画のメモを☆=20点★=5点による評価つきでつけていますが、テレビ画面で見たなどの理由でつけないこともあります。

「ハクソー・リッジ」

2017年07月13日 | 映画
自分が殺すことを拒否し続ける信念を持ち続ける人というモチーフは「友情ある説得」や「真昼の決闘」に描かれたクエーカー教徒にもあったけれど、あそこでは最後のぎりぎりでは銃をとるという作劇だった。
それが本当に最後まで銃をとらないというのは珍しい。ただし聖書を根源とした信念をアメリカの国是としての思想と信仰の自由として認められているという理屈で、日本でいうような平和主義とは違う。
このあたりの文字通りの宗教に根差した信念というのは日本人としてはやはりなじみにくい。

殺すことでなく助けることで戦争に貢献した男、というフレーズだけれど、では敵を助けるのはどうなのだ、という疑問は当然湧いてくることになり、日本兵を助けたけれど手当の後死んだというなんだかアリバイ合わせみたいな結末になっている。

「プライベート・ライアン」以来というふれこみだけあって戦闘シーンはまことにすさまじい。ネズミがちょろちょろしている生理的な気持ちの悪さも相当なもの。ただ「ライアン」にあった何が起こるかわからず不意打ちのように弾丸や砲弾が飛んでくる呼吸と違って弾幕で覆いつくして息もできないような演出。
(☆☆☆★★)

ハクソー・リッジ 公式ホームページ

映画『ハクソー・リッジ』 - シネマトゥデイ

ハクソー・リッジ|映画情報のぴあ映画生活



本ホームページ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月12日(水)のつぶやき | トップ | 7月13日(木)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ハクソー・リッジ  監督/メル・ギブソン (西京極 紫の館)
【出演】  アンドリュー・ガーフィールド  サム・ワーシントン  テリーサ・パーマー   ヒューゴ・ウィーヴィング 【ストーリー】 第2次世界大戦中、デズモンドは、人を殺して......