prisoner's BLOG

見た映画のメモを☆=20点★=5点による評価つきでつけていますが、テレビ画面で見たなどの理由でつけないこともあります。

「オペラ座の怪人」

2005年02月27日 | 映画
舞台版は見ていません。
音楽はいい曲はいいけれども、流しっぱなしだとダレるナンバーも出てくる。

怪人がヒロインを地下世界に誘う場面で燭台を握った人間の腕がずらっと壁から生えて案内するように動くのは、「美女と野獣」(ジャン・コクトー版)みたい。

装置・衣装が豪勢な割にイギリスのスタジオで撮ったせいか今一つ味付け不足。「パリ」って感じではないのだね。

また、というか、戸田奈津子せんせいの誤訳が指摘されてますねえ。
passion playは「情熱のプレイ」じゃなくて「受難劇」だとか。なんとかならんか。
(☆☆☆★)

コメント (4)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 確定申告 | トップ | 役にたたない機能追加 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
舞台は見ました (=天=)
2005-03-02 17:04:36
終演後に鼻歌っていればよい音楽、そう決めていましてね 今までに2つCD買いました。

オペラ座の怪人とスターライト・エクスプレス。舞台は席が大きく影響しますね。

 よほど気に入ったのか ゴールドのマスクブローチと黒のハンカチまで(^_^;)

四季の会で席とって貰ったのに キャッツは何も買って帰らなかったですね、そういえば。
R>=天=様 (prisoner)
2005-03-03 05:40:23
同じアンドリュー・ロイド・ウェーバーの作の「ジーザス・クライスト・スーパースター」は、ほとんど全曲鼻歌歌ってしまいそうでしたね。



四季の公演で、エルサレム版とジャパネスク版と2度見ているくらいで、あれは大好きなのですが。



はじめまして (みほ)
2005-12-20 15:51:05
私も、舞台と映画を見て大ファンになりました。

今、オルゴール展をやっていて

「オペラ座の怪人」のメロディーで

よみがえってきたので、

検索してたらこちらにお邪魔することになりました。



またよらせてもらいますね。

R>みほ様 (prisoner)
2005-12-20 20:20:58
いらっしゃいませ。

うちの母が使っている美顔器の終了メロディーがウェーバーの「メモリー」なんですね。

あれでウェーバーにいくらか払われているのかと思うと、不思議な気が。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「オペラ座の怪人」、感想は。。。 (ボソっと言ってみっか・・・)
いやー。「オペラ座の怪人」、かなりの人気作を裏付けるかのようにすごい人でした。 たまたま、1日で1000円デーということもあったのですが。 感想はというと とにかく   ミュージカル   なわけです。 映画ではなく。     簡単に言えば、 &n
オペラ座の怪人 (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ これぞ、『オペラ映画』・・ん?『ミュージカル映画』か? あの有名なテーマ曲が耳に残りすぎてます・・。