prisoner's BLOG

見た映画のメモを☆=20点★=5点による評価つきでつけていますが、テレビ画面で見たなどの理由でつけないこともあります。

「HUNGER/ハンガー」

2016年10月13日 | 映画
「それでも夜は明ける」のスティーヴ・マックイーン監督の長編デビュー作。
極端にセリフを使わないシーンと、据えっぱなしでえんえんと喋り続けている二人を捉えたシーンとが混在し、ひどく残虐な監禁や拷問、ハンガーストライキといった生理的に生々しい表現をスタイリッシュな映像と音響処理で一種の距離を保ちながら目をそらさずに見つめ続ける、といったスタイルはすでにここに端的に表れている。

マイケル・ファスベンダーのがりがりにやせ細った姿はどこまでCGでどこまで実際にやったのかわからないが、飢えの映像=肉体表現の極限の感あり。
政治映画というより生な肉体性の表出が表に出ている。

IRAは昔はテロリストの代名詞のようなものだったし、実際爆破事件など数限りなく起こしているのだが、よく和平を結んで今でも保っているものだと思わせる。

HUNGER/ハンガー 公式ホームページ

映画『HUNGER/ハンガー』 - シネマトゥデイ

HUNGER/ハンガー|映画情報のぴあ映画生活



本ホームページ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月12日(水)のつぶやき その2 | トップ | 10月13日(木)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL