prisoner's BLOG

見た映画のメモを☆=20点★=5点による評価つきでつけていますが、テレビ画面で見たなどの理由でつけないこともあります。

「天使の分け前」

2014年09月26日 | 映画
スコットランドの貧乏な若者がけちな犯罪を犯して刑務所で刑に服す代わりに社会貢献することになり、そこでスコッチウイスキーに対する感覚に恵まれているのがわかる。

ふつうだったらその才能を磨いて自分と社会に生かそうとする展開を予想するのだがそうはならず、はなはだ平然とプレミアムつきのウイスキーを盗むわ、安いウイスキーで割るわで、悪びれもせずしれっと悪事を働き、作者の方も特にそれを批判するわけでも擁護するわけでもないのが、コミカルであるとともにアナーキーなところ。

ケン・ローチのこれまでの厳しい作風からするとかなりソフトタッチになっているが、上昇志向をはなから放棄したような態度になってきている気がする。裏には上昇のしようもない現実もあるのだろうし、上昇そのものを良しとする価値観を批判というほど激しくはないが相対化してはいるのだろう。

タイトルになっている天使の分け前とはウイスキー樽で熟成しているうちに気化してどこかに行ってしまう分、という意味なのだが、ぎすぎすと高いウイスキーを独占しようとする精神とはまた違う、ノンシャランな気分を出している。
これがワインだったらもっと気取った調子になっただろう。男たちがスカートを着るスコットランド衣装がなんともユーモラス。



本ホームページ


公式ホームページ

天使の分け前@ぴあ映画生活

映画『天使の分け前』 - シネマトゥデイ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9月25日(木)のつぶやき | トップ | 9月26日(金)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL