prisoner's BLOG

見た映画のメモを☆=20点★=5点による評価つきでつけていますが、テレビ画面で見たなどの理由でつけないこともあります。

「モテキ」

2011年10月18日 | 映画
麻生久美子が吉野屋の牛丼を食べるところは、近来もっともおいしそうな食事シーン。牛丼そのものはほとんど写らないでほっぺたに米粒がついているだけ、周囲がびっくりしているところを見るとすごくたくさん食べているのだろうが、重なった丼とか見せない。おいしそうなのは変な風に「見せない」せいか。
撮影の時は、わざわざ吉野屋の腕のいい店長がみごとにきちっと盛り付けてくれたと監督の大根仁がTBSラジオのDigで話していた。ちなみに監督は自称・吉野屋原理主義者。学生時代は盛り付けが悪いと店を出たという。

なんだかふだんラジオやポッドキャストなどで聞いている連中の出演多し。吉田豪、杉作J太郎、ピエール滝などなど。ラジオにレギュラー出演している監督の人脈か。

画面がそのままカラオケビデオ調になったり、ミュージカルシーンになったりするあたりに音楽センスを見せる。
森山未来はもう見ていられないくらいイタい役なわけだが、突然身を翻したり踊りだしたりするところで身体能力を見せる。考えてみると冴えない男が幻想のミュージカルナンバーで颯爽としたところを見せるのは昔からの定番なのだね。(後註 五歳の時から踊っているそうです。うまいわけだ)

会社の上司・先輩たちが主人公のツィッターを見て大笑いしているというのはいいけれど、パスワード知らなくたって、本名でやっているツイッターをフォローするのに支障ないでしょ。というか、誰が見ているかわからないのに、無用心すぎ。

美女が四人そろい踏みというので見に行ったようなものだが、実質は長澤まさみが主で麻生久美子が従、あとの二人はおつきあい程度。四人揃うのはタイトルバックだけだし。
真木よう子は男でもいい役(なのを美人にやらせてるから、なおさらイタいわけだが)。仲里依沙に子持ちの役をふったのは工夫だけれど、出てなくても筋は通ります。

現代風の意匠をまとっていても、最終的にオーソドックスというか古典的な恋愛コメディに収まる。そのせいかキスシーンに力が入っている。
(☆☆☆★)

人気ブログランキングへ


本ホームページ


モテキ - goo 映画

モテキ DVD通常版
クリエーター情報なし
東宝
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ザ・タウン」 | トップ | 「電人ザボーガー」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

7 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画:モテキ 今年のベスト10にランクインしそうな、2011年型 日本恋愛コメディ! (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
映画がテンポよく立ち上がって早々、 「歌手本人」も登場する、プロモーションビデオを圧倒的に凌駕する鋭い出来栄えの挿入歌で、一気に昇天! (「500日のサマー」へのオマージュだそう、な〜る〜) もうこのあとは、ラストまで一気に突き進むのみ。 この音楽起用の...
モテキ(2011-073) (単館系)
久保ミツロウの同名人気コミックを映画化。 ドラマ化もされその1年後という設定で同氏がこの映画を元に 書きおろし。 監督はドラマ版の監督も務めた大根仁。 主演は森山未來。 ドラマ及び原作は未見。 ...
モテキ (食はすべての源なり。)
モテキ ★★★★☆(★4つ) かなり好評だったモテキ!やっと観れました。 確かに良作。 前半は「くっだらない〜」と失笑の連続なんだけど、ミュージカルのようにBGMが多々使われているのが楽しめる!心の代弁カラオケいっぱい(笑) 後半は意外と泣かせるシーンも...
モテキ (銀幕大帝α)
11年/日本/118分/青春ロマンス・ドラマ/劇場公開 −監督− 大根仁 −脚本− 大根仁 −オープニングテーマ− フジファブリック『夜明けのBEAT』 −メインテーマ− 女王蜂『デスコ』 −出演− ◆森山未來…藤本幸世 過去出演作:『20世紀少年<最終章> ぼくら...
モテキ (いやいやえん)
人生にモテキは二度あるんだっけ?三度だっけ?今までもてた事がないので老年期に一気にくるのかしら…それもなんかイヤンな感じ! 原作漫画もドラマもみてない。主人公の森山未來さんを彩るのは、長澤まさみ、麻生久美子、仲里依紗、真木よう子さんという豪華な面々...
「モテキ」吾輩にも来るのか(^^;?? (シネマ親父の“日々是妄言”)
[モテキ] ブログ村キーワード  まさかのテレビ東京深夜ドラマ枠からの映画化!「モテキ」(東宝)。ドラマにひき続き人生において突然、異性に持てる時期=“モテ期”が訪れた“低恋愛偏差値男”が巻き起こす、有り得ない“ウルトラ・ミラクル・ラブストーリー”。大爆笑...
【映画】モテキ…90年代サブカルを象徴する際、今夜はブギーバックに頼りがち (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日も調子良く発電中(※太陽光発電) ゴールデンウィークも終わり、本日からお仕事…億劫です 以下は早速、映画観賞記録。ペースアップの意気込み注入中 「モテキ」 (監督:大根仁、出演:森山未來、長澤まさみ、麻生久美子、2011年日本) TSUTAYA DISCASさんか...