prisoner's BLOG

見た映画のメモを☆=20点★=5点による評価つきでつけていますが、テレビ画面で見たなどの理由でつけないこともあります。

「夜明け告げるルーのうた」

2017年07月16日 | 映画
オープニングの主人公が坂を上っていく場面での目の前に何かが立ちふさがっている画ひとつで閉塞感を表現してしまうのが手際良く、映画に限らず最近の日本の創作で目立つ地方の閉塞感をモチーフにするのかと思うとあまりにその後の融通無碍なイメージの飛躍と発展ぶりに完全にとって替わられてしまう。

人魚が登場してヒレが足になったりまた戻ったりする「スプラッシュ」のアイデアをさらに発展し人間だけでなく動物も人魚になったり、海が寒天みたいに切れてせり上がったりするほとんどドラッグでもやっているのかと思うくらいにおよそ言葉にしにくい自由自在なシーンの連続になる。
ちょっと唖然呆然という感じです。

水の底にお宝が眠っているというのは宮崎駿のモチーフのひとつだが、ここでの水のイメージの操り方は蛍光色がかった色彩からして違う方向に行きそう。

夜明け告げるルーのうた 公式ホームページ

夜明け告げるルーのうた|映画情報のぴあ映画生活

映画『夜明け告げるルーのうた』 - シネマトゥデイ



本ホームページ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月15日(土)のつぶやき | トップ | 7月16日(日)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL