prisoner's BLOG

見た映画のメモを☆=20点★=5点による評価つきでつけていますが、テレビ画面で見たなどの理由でつけないこともあります。

「黄金を抱いて翔べ」

2012年11月12日 | 映画
フィルムで撮ったとは聴いていたが、デジタル上映だとはいえざらっとした触感が出て黒が焼いたように不透明に締まって、意外なくらい違う。

韓国・朝鮮人が隣にいる環境、いわゆるこてこての大阪ともステロタイプなアジア的混沌とも違う大阪のイメージが出た。キリスト教が入っているのも自然に溶け込んでいる。

金塊をしまっている金庫室のあるビルといっても、ビルそのものが古いし(古めかしい感じがセットでも出ていた)警備もゆるい。だからハードルが低くてつまらないかというと手が届きそうな範囲な分おもしろい。
全体に粘っこい感じで見ている間はイラつくところもあるが、後で思い返してみると重量感につながっている。

ただクライマックスの真相がわかるところは話がつくりすぎたように映る。ああそうだったのかと腑に落ちるための伏線が不足しているのでは。

ほとんどオール男性キャストで本来イケメン揃い、それがことごとく女受けを狙わない男くささを出す。

アメリカ映画だったら家族を殺されたら復讐するというのがほとんど敵をぶち殺して回るためのお約束になっているが(もちろん敵にも家族がいるということはスルーされる)、かえって身軽になったとぬかすのがこの映画の男の感覚。
(☆☆☆★★)

人気ブログランキングへ


本ホームページ


黄金を抱いて翔べ - goo 映画

公式サイト
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 11月11日(日)のつぶやき | トップ | ボケ集 12/11/12 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『黄金を抱いて翔べ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「黄金を抱いて翔べ」□監督 井筒和幸□脚本 吉田康弘、井筒和幸□原作 高村薫□キャスト 妻夫木 聡 、浅野忠信、桐谷健太、溝端淳平、チャンミン、西田敏行■鑑賞日 11月4日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5...
映画「黄金を抱いて翔べ」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「黄金を抱いて翔べ」観に行ってきました。大阪のメガバンクにある240億円相当の金塊の強奪を画策する男達の物語を、妻夫木聡を主演に、浅野忠信・西田敏行などの豪華キャス...
「黄金を抱いて翔べ」 燃えられる何かに賭ける (はらやんの映画徒然草)
高村薫さんのデビュー小説を、井筒和幸監督で映画した作品です。 銀行の地下金庫に眠
『黄金を抱いて翔べ』 魅力的なことと当たり前のこと (映画のブログ)
 『映画 ひみつのアッコちゃん』の素晴らしさを周囲に吹聴していたところ、ある友人からこんな言葉が返ってきた。  「たしかに『映画 ひみつのアッコちゃん』を観て泣いた。でも、あの作品には映画の規範...
黄金を抱いて翔べ (銀幕大帝α)
2012年 日本 129分 サスペンス/犯罪 劇場公開(2012/11/03) 監督:井筒和幸『ヒーローショー』 原作:高村薫『黄金を抱いて翔べ』 脚本:井筒和幸 主題歌:安室奈美恵『Damage』 出演: 妻夫木聡『愛と誠』・・・幸田弘之 浅野忠信『バトルシップ』・・・北川...