prisoner's BLOG

見た映画のメモを☆=20点★=5点による評価つきでつけていますが、テレビ画面で見たなどの理由でつけないこともあります。

「TAP -THE LAST SHOW-」

2017年07月18日 | 映画
水谷豊としては「相棒」の実績あってのことだろうが、監督デビュー作としてはずいぶん恵まれた条件で仕事できたなあと思わせる。

タップを理屈よりまずリズムから入っていく、あとどれだけ体力的に大変かを最初の方が描いているのがいい。

クライマックスまでどんなショーになるのか伏せておいて一気に大がかりに展開してみせる。このあたりのクラシックムードからモダンなショーに飛躍するのはやや違和感あり。
日本のタレントの踊りの技量もずいぶんこのあたりは厚みが出てきたと思わせる。

劇中で音楽はLPで再生し、タバコこそのまないがウイスキーをずうっと呷りっぱなし、と色彩からしてもかなりレトロなテイストを出しているが、若者の描き方になると急に今風になる。

ショーを準備していて資金がショートして挫折しかけるというのは定番の展開だけれど、どうやって調達して再開にこぎつけたのかわからない。アニメの「シング」でもそのあたりは大金持ちが出してくれたとわかるように描いていたのに。
(☆☆☆★)

TAP -THE LAST SHOW- 公式ホームページ

映画『TAP -THE LAST SHOW-』 - シネマトゥデイ

TAP -THE LAST SHOW-|映画情報のぴあ映画生活



本ホームページ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月17日(月)のつぶやき | トップ | 7月18日(火)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL