prisoner's BLOG

見た映画のメモを☆=20点★=5点による評価つきでつけていますが、テレビ画面で見たなどの理由でつけないこともあります。

仲代達矢の日本映画遺産 第三回 新たな挑戦

2017年04月19日 | Weblog
「切腹」をはじめとする小林正樹監督作が中心。
イェール大学での「切腹」上映後の質疑応答で、悪役をやるのは好きです、虚実、光と影をいくつか持ち合わせてないと演じられないない、顔だけ悪そうにしてもではだめですと語る仲代氏。

話の途中でアイヤと止めたりするあたりでアメリカの観客が笑うのを見て、あ、笑ってもいいのだなと思ったという。このあたりは日本でも封切り時に笑い声が起きたと小林信彦のコラムにあった。
ものすごく物々しいタッチの中に、仲代の津雲半四郎が知っていてとぼけている芝居がふっと入ってくるからけっこう可笑しくなるのだな。

やはり自分の作品の中で一本といえば「切腹」で、あそこで主役であると共に語り手でもあるのだが、そこで子供の時にラジオをずうっと徳川無声などの語り芸を聞いていたのが役に立ったという。

仲代達矢の日本映画遺産 第三回 新たな挑戦



本ホームページ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4月18日(火)のつぶやき | トップ | 4月19日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL