prisoner's BLOG

見た映画のメモを☆=20点★=5点による評価つきでつけていますが、テレビ画面で見たなどの理由でつけないこともあります。

「ジェイソン・ボーン」

2016年10月19日 | 映画
正体が当人にもわからなかった元スパイの正体がわかったところから始まるわけで、アイデンティティの源をスパイとしての経歴から肉親にシフトしていて、その分わかりやすくもあり平凡にもなった。

アテネのデモを背景にしたバイクアクションは狭い道や階段を生かして好調だけれど、クライマックスのラスベガスのカーチェイスはいくらなんでも荒唐無稽。SWATの車って戦車かい。

大群衆を背景にした大掛かりなシーンの捌き方とスケールはアメリカ映画ならではある。相変わらず良くも悪くもカメラが不安定だけれど、少し抑え気味か。

ボーンが転倒した車から投げ出されたり五階から落ちたりしてすぐ起き上がるっていうのも後で思い出すとスーパーマンすぎ。

アリシア・ヴィキャンデルが終始クールに決めていて相変わらず美人なのを楽しんだけれど、新メンバーを入れたとなると続き作るのでしょうねえ、やはり。
(☆☆☆★★)

ジェイソン・ボーン 公式ホームページ

映画『ジェイソン・ボーン』 - シネマトゥデイ

ジェイソン・ボーン|映画情報のぴあ映画生活



本ホームページ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月18日(火)のつぶやき | トップ | 10月19日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL