prisoner's BLOG

見た映画のメモを☆=20点★=5点による評価つきでつけていますが、テレビ画面で見たなどの理由でつけないこともあります。

「グリーン・インフェルノ」

2016年11月26日 | 映画
フィクションだということを隠さない「食人族」のリメイクといった一編。
白人側が環境保護という体裁になっていて、しかし傲慢と資本主義の論理べったりぶりは「食人族」のテレビクルー同様にひどいし、かといって食人「土人」も野蛮で残酷で汚らしくておよそ肯定的なニュアンスはない。
おまえら平等に価値が「ない」という感じ。

そしてそういったヒドイ連中に何らかの天罰の類が下るかというとそんなこともなく、作り手の悪意が徹底しているのは気持ちいいけれど、ただ「食人族」風の行き当たりばったり的散漫な構成まで踏襲したみたいで、全体とするとかったるい。切り株シーンを丁寧に撮っているのは期待通りだけれど、もっと見たくなるから怖い。
スマホで自撮りしながら環境保護を訴えるのが今風だけれど、生中継でないとあまり意味ないのではないかな。

グリーン・インフェルノ 公式ホームページ

映画『グリーン・インフェルノ』 - シネマトゥデイ

グリーン・インフェルノ|映画情報のぴあ映画生活



本ホームページ


グリーン・インフェルノ(字幕版)
原案・監督 イーライ・ロス
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 11月25日(金)のつぶやき その2 | トップ | 11月26日(土)のつぶやき その1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
グリーン・インフェルノ  監督/イーライ・ロス (西京極 紫の館)
【出演】  ロレンツァ・イッツオ  アリエル・レビ 【ストーリー】 不正なアマゾンの森林伐採の実態を世に訴えるため、学生たちの活動家から成るグループは現地に赴く。その後、......