prisoner's BLOG

見た映画のメモを☆=20点★=5点による評価つきでつけていますが、テレビ画面で見たなどの理由でつけないこともあります。

「蝉しぐれ」

2005年10月31日 | 映画
デジタル技術で余計なものを消せたのかもしれないが、よくこれだけ昔の日本の風景を今どき再現できたもの。ただ、風景そのものの素晴らしさとは別に、風景が多すぎる、という観もなきにしもあらず。
山田洋次による藤沢周平ものに比べて見るのは避けられないが、演出の力量云々より、原作の名声・完成度・長編であることによるリスクを背負った分、やや不利。
とはいえ、まことに日本人の琴線に触れる物語であることは疑いを容れず。
(☆☆☆★★)



蝉しぐれ - Amazon
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人間失格 | トップ | 荒神帚 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Tanu2)
2005-11-13 08:28:01
これNHKでやったドラマの出来がよかったですよね。あれを凌駕できてはいなそうですね。
R>Tanu2さま (prisoner)
2005-11-13 09:43:54
長編小説は、テレビで長い時間かけてじっくり追った方がいいみたいで。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画 < 蝉しぐれ > 2005年 (お呼びじゃない・・・?)
映画 < 蝉しぐれ > 2005年 私の勝手な評価 ★★★★★ 映画鑑賞日 2005年10月28日 とてもいい映画でした。でも思い切りつらい映画でもあった。愛ってこんなにつらくて、切なく、重いんだなと・・・。帰途につく足取りは、異常に重くなり、ネガティブになった心
「蝉しぐれ」息詰まる大画面の悦楽 (soramove)
「蝉しぐれ」★★★★☆大満足! 市川染五郎、木村佳乃 主演 素晴らしい作品に出会った。 桜、蝉しぐれ、目に眩しい稲穂 そして一面の銀世界。 目にそして耳にと季節の移り変わりを感じ、 隣同士の幼なじみは それぞれの運命に翻弄されつつ それでも自分...
『蝉しぐれ』 (かんべえの別館・DVD映画レビュー)
藤沢周平原作の時代劇。市川染五郎主演。アクションより人間ドラマに重点を置いた作品
蝉しぐれ (黄昏ミニヨン想録堂)
 今回で最後。『蝉しぐれ』である。
(映画)蝉しぐれ (ゼロから)
お家騒動に巻き込まれて切腹に追い込まれた父親。接見も許されないで、切腹とは藩には、よっぽど隠し立てしたい何かがあったのでしょう。