prisoner's BLOG

見た映画のメモを☆=20点★=5点による評価つきでつけていますが、テレビ画面で見たなどの理由でつけないこともあります。

「SING/シング」

2017年04月14日 | 映画
字幕版で見たのだけれど、数多くの耳慣れた音楽がたくさん使われていて、それでキャラクターを何秒も使わず表現したり感動させられたりするのだから、音楽の力は大きい。
各キャラクターのダメさ加減と、可愛い一方でなく適度に不細工なところが良い。

吹き替え版でも見てみたい気はあるのだけれど、片方見たらもう片方は半額とかいったサービスやらないものですかね。3D版とか何通りもの版が公開されることが多いのだからやっていいと思うのだが。

日本風のグループアイドルが出てきてここだけ日本語が出てくる、いいかげんな日本語会話集を使ってひどい用例を並べるのが

こいこいこいがちゃんとエンドタイトルでKoi Koi Koiと出てきて、中田ヤスタカの名前を出たような気がした(タイトル流れるの早すぎ)。

キャラクターの中に強盗団の一人が入っていたり、犯罪絡みの設定が混ざるのは結構大胆。というか、これミニヨンズ作っている会社だから驚くことはないか。
(☆☆☆★★★)

SING/シング 公式ホームページ

映画『SING/シング』 - シネマトゥデイ

SING/シング|映画情報のぴあ映画生活



本ホームページ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4月13日(木)のつぶやき | トップ | 4月14日(金)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
SING/シング (日本語吹替版) 監督/ガース・ジェニングス (西京極 紫の館)
【声の出演】  内村 光良 (バスター・ムーン)  長澤 まさみ(アッシュ)  山寺 宏一 (マイク) 【ストーリー】 劇場を運営するコアラのバスター・ムーンは、以前は活気のあ......
「SING/シング」 (或る日の出来事)
スカーレット・ヨハンセンさんの声で観たいがために、字幕版上映館を探した。