prisoner's BLOG

見た映画のメモを☆=20点★=5点による評価つきでつけていますが、テレビ画面で見たなどの理由でつけないこともあります。

「テキサス・チェーンソー  ビギニング」

2006年11月16日 | 映画
前作で「フルメタル・ジャケット」のハートマン鬼軍曹こと、リー・E・アーメイが保安官に扮し、アメリカの草の根保守層の気色悪さを出していたのはいい工夫だと思ったら、今回はさらに出番が増え、レザーフェイスは口がきけないから、実質主演。

例によって四人の若い男女が出てきて殺されていくのだが、そのうち二人の男がベトナム帰りと徴兵拒否者という組み合わせの兄弟なので、実際にベトナム帰りであるアーメイの引きずるベトナムが生きることになる。

オリジナル第一作「悪魔のいけにえ」が作られた1974年はまだベトナム戦争が終わっておらず、アメリカ国内の殺伐とした空気をもろに映し出していたが、アーメイが、またイラクの第二のベトナム化が進んでまたまた一段と殺伐としている今のアメリカの空気を呼吸しているかのよう。

というか、今回アメリカの根本的な肉食体質を思い切りぶちまけたようで、これくらい遠慮会釈なくチェーンソーで人を切り刻むのを見せた映画はないのではないか。
グラン・ギニョールのごとく、台に乗せた人体を台ごと真っ二つなんてホントにやるもの。ヒドいものです。
人体切り刻みと人肉食を、流行りの激盛で見せてるみたい。

あと、牛が車に撥ね殺される場面なんてのもクイックショットで処理してはいるが、はっきり見せている。描写のあくどさに関しては、ちょっと閾を越えた観。

レザーフェイスがなぜ人間の皮をかぶるようになったのか、なぜチェーンソーを振り回すようなったのか、という経緯は、ただ手近にあったからという以上の意味がないのでがっくり。
(☆☆★★★)


本ホームページ

テキサス・チェーンソー  ビギニング - goo 映画
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「トリスタンとイゾルデ」 | トップ | 花園神社の見世物小屋 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画「テキサス・チェーンソー ビギニング」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2006年63本目の劇場鑑賞です。公開翌日観ました。「 黒の怨(うらみ)」のジョナサン・リーベスマン監督作品。トビー・フーパー監督の「悪魔のいけにえ」をリメイクしたサスペンス・ホラーの続編。前作より過去にさかのぼり、恐るべき殺人鬼レザーフェイス誕生の秘 ...
テキサス・チェーンソー ビギニング (ぶっちゃけ…独り言?)
6点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) リメイクとしてはかなり秀逸な出来だった『テキサス・チェーンソー』の続編(?)です。 今回は時間軸を遡りレザーフェイス誕生の秘密が明かされるとの事だったのですが・・・ うわぁ~ん、観なきゃ良かった...