prisoner's BLOG

見た映画のメモを☆=20点★=5点による評価つきでつけていますが、テレビ画面で見たなどの理由でつけないこともあります。

「家族はつらいよ2」

2017年06月15日 | 映画
タイトルデザイン(横尾忠則)で出演者の顔と名前がフューチャーされるのはありがちだけれど、原作監督の山田洋次の顔が出てきたのは驚いた。主演と監督を兼ねる場合でも監督の顔がデザインされるというのはあまり覚えがない。まあ十分すぎるほどの有名人で名士ですしね。

一作目でいささか辟易させられた先行作品(「男はつらいよ」「東京物語」など)の引用は減ったのはありがたいところ。吉行和子(今回は極端に出番が少ない、スケジュールが詰まっていたか)の文学講習所でストリンドベルイの名前が出てきたあたりで「ベルイマン自伝」日本版が写る。老人映画の往年の名作「野いちご」の監督として、という意味と、ストリンドベルイと同じスウェーデンの演劇人でもありしばしば演出上演していたつながりだろう。エンドタイトルにもきちんと出てくる。

橋爪功が寅さんみたいにはた迷惑でわがままで、しかも父親だからもっとどうしようもないし、妻夫木聡のなんだか頼りない末っ子は満男にあたるだろうし、当然「男はつらいよ」と似ているところはあるけれど、どうしようもなくうっとうしいけれど手は切れない、という感じが家族全員に当てはまっている。
唯一さくらみたいに出来すぎているくらい出来すぎたキャラクターが一番の新参者の看護師の蒼井優で、こちらも自分の家族には問題を抱えているのが示唆される。次回作が作られるとして、このあたりが絡む可能性もあるかな。

前回は家族会議でオーソドックスに盛り上げたのに替えて家族会議が吹っ飛んでしまう騒ぎになるのも工夫したところ。
(☆☆☆★★)

家族はつらいよ2 公式ホームページ

映画『家族はつらいよ2』 - シネマトゥデイ

家族はつらいよ2|映画情報のぴあ映画生活



本ホームページ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月14日(水)のつぶやき | トップ | 6月15日(木)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL