prisoner's BLOG

見た映画のメモを☆=20点★=5点による評価つきでつけていますが、テレビ画面で見たなどの理由でつけないこともあります。

「世界侵略:ロサンゼルス決戦」

2011年10月12日 | 映画
「ブラックホーク・ダウン」以来というか、あれ以上にえんえんと全編にわたって戦闘シーンが続く体感ムービー。
「ブラック…」では「敵」のソマリア人の描き方がゾンビみたいだと批判されたりしていたが、ここでの敵は宇宙人なのか生体メカなのか、とにかく人間ではないから思う存分ぶち殺せる。
東日本大震災の影響で公開が遅れたらしいけれど、ここでの侵略者の描き方は天災同然というのだろうか。ちょっと違うと思いますよ。「描くのに都合のいい敵」なのであって。
ご都合主義的な分、性格・造形ともにキャラクターがはっきりしなくなったのは物足りない。
代わりに人間=海兵隊側の武器はみっちり綿密に描かれます。

今もって、「強いアメリカ」のアイコンはジョン・ウェインなのですね。
アーロン・エッカートってこれまでの役からして強面の印象は薄いけれど、それでもアメリカ人、マッチョになる時はなります。
(☆☆☆★)

人気ブログランキングへ


本ホームページ


世界侵略:ロサンゼルス決戦 - goo 映画

世界侵略:ロサンゼルス決戦 [DVD]
クリエーター情報なし
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「スリーデイズ」 | トップ | 「ヌードの夜/愛は惜しみなく奪... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (本と映画、ときどき日常)
監督 ジョナサン・リーベスマン 出演 アーロン・エッカート     ラモン・ロドリゲス     ミシェル・ロドリゲス 1ヶ月振りの映画館です。 やっぱりアクションは大スクリーンですね☆ 世界各地の上空に謎の飛行物体が…。 宇宙人が攻めてきたぞ~! 民間...
映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-64.世界侵略:ロサンゼルス決戦■原題:World Invasion:Battle Los Angeles■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:116分■字幕:太田直子■鑑賞日:10月10日、新宿ピカデリー(新宿)■料金:1,800円□監督:ジョナサン・リーベスマン□脚本:ク...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (銀幕大帝α)
BATTLE: LOS ANGELES/11年/米/116分/SFエイリアン戦争アクション/PG12/劇場公開 監督:ジョナサン・リーベスマン 出演:アーロン・エッカート、ミシェル・ロドリゲス、ラモン・ロドリゲス、ブリジット・モイナハン、Ne-Yo、マイケル・ペーニャ <ストーリー...
「世界侵略:ロサンゼルス決戦」 等身大の英雄たち (はらやんの映画徒然草)
どなたかもブログで書いてらっしゃいましたが、このところ未知の宇宙人に地球が侵略さ
2011年ベスト10 第 5位 世界侵略:ロサンゼルス決戦 (こんな映画観たよ!-あらすじと感想-)
 本日は、2011年度ベスト10の続きを発表したいと思います。では、2011年度の第5位を紹介します。 【題名】 世界侵略: ロサンゼルス決戦 【鑑賞手段】 映画館 【おすすめ度】 超