prisoner's BLOG

見た映画のメモを☆=20点★=5点による評価つきでつけていますが、テレビ画面で見たなどの理由でつけないこともあります。

「レスラー」

2009年07月05日 | 映画
主人公の必殺技・ラム・ジャムって、ダイビング・ヘッドバットではないか。ダイナマイト・キッドは今生きてるのか?(後註 生きてます、一応)

最近の三沢光晴の死亡事故もあるし、まだ40代・50代でステロイドの副作用の心臓発作で死ぬ選手がぞろぞろいるのを考えると、ああいう「痛ましさ」を当人の生き方だけに還元するのには抵抗を覚える。業界の構造的な問題もあるだろうし、よりエスカレートした試合を求めるファンだって、その構造のうちに入っているだろう。そのファンが主人公にとってすべてっていうマイクパフォーマンスにやや違和感を覚える。

試合前の選手同士の打ち合わせ、カミソリを隠し持って額を切るなどの手口を画面で堂々と見せるが、WWEの中継でおなじみだから意外性はない。
ただし、プロモーターやブッカーといったプロレス界のおえらがたは顔を出さず。仲間のレスラーはみんないい奴ばかり。業界内部だって、相当ハードで不人情ではないかなあ。

リング外のエピソードは役者はいいのだけれど、話が途中で終わっているみたいな印象。
ミッキー・ロークのカムバックの仕掛けは成功しているけれど、ちょっと期待が大きすぎたみたい。
(☆☆☆★)


本ホームページ


レスラー - goo 映画
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「若親分」 | トップ | 「富士山頂」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「レスラー」 エンジンが燃え尽きるそのときまで (はらやんの映画徒然草)
80年代に活躍したレスラー、ランディ。 彼の生き様は曲がることのできない車をひた
レスラー/The Wrestler(映画/DVD) (映画を感じて考える〜大作、カルトムービー問わず映画批評)
[レスラー] ブログ村キーワードレスラー(原題:The Wrestler)キャッチコピー:人生は過酷である、ゆえに美しい。製作国:アメリカ製作年:2008年配給:日活ジャンル:ドラマ/スポーツ上映...
2011年ベスト10 第 6位 レスラー (こんな映画観たよ!-あらすじと感想-)
 休日の皆様、いかがお過ごしでしょうか?ここにきて、紹介する映画のおすすめ度が全て「超おすすめ!!」となっています。これは、本日紹介する映画も同様です。まあ、2001年のベ