prisoner's BLOG

見た映画のメモを☆=20点★=5点による評価つきでつけていますが、テレビ画面で見たなどの理由でつけないこともあります。

「美女と野獣」

2017年06月16日 | 映画
実写化といってもCGばりばりになるであろうことは目に見えていたわけで、どの程度意義があるのかなと思っていたのだが、やはり役者がやると違いますね。特に踊りはとりたてて凝った振付をしているわけではないけれど生身の肉体がやるとこれが本来だなという気がする。
この前のフランス版実写化の方がガストンと野獣を同じ役者にやらせるコクトー版の寓意は残していたのにCGに頼っていたのがおもしろいところ。

エマ・ワトソンが田舎娘役なわけでちょっとそばかすが見えるようなメイクで通しているのがいい。初めジーンズっぽい青い作業着、城に入ってから変にいじられて赤、舞踏会では黄色と衣装が変わる。特に色に意味を持たせているわけでもなさそうだが。

今の時点で知性を重要な要素とするフェミニズムを表現するのにぴったりのキャスティング。生まれつきではないのだから、ディズニー「プリンセス」というのともちょっと違う気がする。
対照的にガストンみたいに強くてマッチョで「男らしい」けれど完全に知性を欠いた男はとうぜん敵役として描かれることになる。

なんだかんだ言って、歌曲が圧倒的にいいので有無をいわさない。
ベルが本好きという設定はアニメ版より城の書斎に対する反応などでうまく描かれている。

舞踏会のメンバーにかなり黒人が混じっていたり、ディズニー史上初の同性愛キャラクタール・フウが登場したりというのがいかにもPCに気を使っている感じ。
(☆☆☆★★)

美女と野獣 公式ホームページ

映画『美女と野獣』 - シネマトゥデイ

美女と野獣|映画情報のぴあ映画生活



本ホームページ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月15日(木)のつぶやき | トップ | 6月16日(金)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
美女と野獣(日本語吹替版) 監督/ビル・コンドン (西京極 紫の館)
【出演】  エマ・ワトソン    (ベル/声:昆 夏美)  ダン・スティーヴンス (野獣/声:山崎 育三郎)  ルーク・エヴァンス  (ガストン/声:吉原 光夫) 【ストーリー】 ......