prisoner's BLOG

見た映画のメモを☆=20点★=5点による評価つきでつけていますが、テレビ画面で見たなどの理由でつけないこともあります。

「それでもボクはやってない」

2006年11月27日 | 映画
日本の刑事裁判で起訴されたうちの99.9%が有罪になるとは知っていた。
検察が有罪に持ち込める案件しか取り上げないからだろう、それでとりこぼされる事案が出るのは問題だ程度には思っていたが、どうもそこらへんではないのだね。

裁判官が無罪判決を書くということは、警察・検察に楯突くということで、国家権力という大きなくくりでいえば「お仲間」同士で事を荒立てるのは得策ではない、有罪になれば警察・検察の顔が立つが、無罪になったって喜ぶのは被告だけだ、というリクツなのです。冗談ではない、見ていて本気で腹が立ってきた。
弁護士にとっても、負けて当たり前、勝てば英雄というからある意味有利な状況ということだという。
裁判は法曹人や官憲のためにあるのであって、国民のためにあるのではないことをありありと教える。

この場合はまともな弁護士にあたるのだが、ひどいのにぶつかったらどうなるのだろうとも思わせる。いや、頭から無実を信じないで示談を勧めるひどいのも出てくるのだが、人格的な問題にとどまるのではなくそれなりの理由があってのことなので、なおさら困る。

ディテールの細かさ、充実ぶりがすごい。
護送の際、手錠に通した紐を抜く時うっかりすると摩擦熱でヤケドする、といった一見ストーリーとは関係ない微細な点まで丹念に描きこんであり、二時間半近い長尺なのだがおよそダレることがない。ほとんど全シーンにわたって何かしら知ることになる。
欲をいうと、裁判にかかる費用が全部でどの程度のものかわかると良かった。裁判そのものの生活に及ぼす有形無形のコストをまったく無視しているというのは、奇怪ですらある。

使われる言葉の特殊なことと言い、常識的な判断がまるで通じないことといい、およそ人の話を聞かない態度といい、法曹界というのは今同じ日本にあるとは思えないくらい異質な世界に見える。もっともカンケイないで済めばいいのだが、痴漢の冤罪などいくらでもありそうだ。
筆者は満員電車に乗る時、できれば両手でまわりから見えるように吊り革につかまるようにしている。そうもいかないことも多いけれど。

なお、裁判官はなぜ誤るのか 秋山賢三著の第五章によると、痴漢の八割までは常習者によるもので、彼らの犯行は巧妙でまず捕まるようなことはなく、もともと親告罪なのだから仮に捕まっても訴えられなければ起訴されないから示談で済ませようとするし、起訴されても五万円の罰金をさっさと払って釈放されてしまう。
あくまで無実を主張するのは、それまで真面目に生活していて裁判所を信頼している者で、それゆえに拘留が長くなり、物質的・精神的に甚大な被害を受けることになるのだから理不尽としかいいようがない。
(☆☆☆★★)


本ホームページ

それでもボクはやってない スタンダード・エディション

東宝

このアイテムの詳細を見る


公式サイト
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 慈恵ナース リカちゃん人形 | トップ | 「大アマゾンの半魚人」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
よろしくお願いします。 (やわらか映画〜おすすめDVD〜)
2006-12-15 22:38:55
トラックバックさせていただきました。(http://www.yawarakacinema.com/cgi-def/admin/C-010/cinema/tdiary/index.rbのほうです。)
本家サイト(http://www.yawarakacinema.com/)も、よろしくお願いします。
TBさせていただきまいした。 (タウム)
2007-11-15 18:42:46
映画では語れなかったこと、裁判だけではなく事件や事故の捜査や取調べのやり方なんかにまで、監督は疑問を元検事の弁護士にぶつけていて、裁判とか捜査とかほんとに変えなければならないなと痛感しました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

25 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
痴漢冤罪の体験記「お父さんはやってない」が出版  (僕のつぶやき。 ネットの窓から。)
お父さんはやってない太田出版このアイテムの詳細を見る 冤罪事件といえば、昔は徳島ラジオ商事件など、殺人事件がリーディングケースとされていた。 最近は地方の汚職事件や少年事件、や今回の痴漢事件など、ジャンルをとないことが、明らかになってき ...
それでもボクはやっていない (メルブロ)
それでもボクはやっていない 上映時間 2時間23分 監督 周防正行 出演 加瀬亮 瀬戸朝香 山本耕史 もたいまさこ 役所広司 評価 7点(10点満点) 会場 東商ホール(試写会) 簡単(テキトー)あらすじ 電車の中で痴漢に間違えられ、それからなんだ ...
映画「それでもボクはやってない」 (いもロックフェスティバル)
周防正行監督最新作『それでもボクはやってない』の関西最速試写会に行ってきた。
感想/それでもボクはやってない(試写) (APRIL FOOLS)
周防監督最新作は加瀬亮主演の裁判エンタ! 『それでもボクはやってない』1月20日公開。フリーターの徹平は満員電車で痴漢の容疑をかけられ現行犯逮捕される。一貫して容疑を否認するも、自白を強要され、拘置され、ついには起訴されることに。裁判を身近に起こり ...
「それでもボクはやってない」試写会レビュー 運命 (長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
すごいリアルに作りこまれた映画やとは思うけど、やっぱり邦画バブルの中ではその魅力はだいぶ、、、。
それでもボクはやってない (悠雅的生活)
これが、日本の、裁判。
それでも ボクは やってない (我想一個人映画美的女人blog)
最近、電車に乗って何か後ろに手がある!って思って振り返るとそれは女性。 男性はすごく気を遣って、なるべく女性の体に密着しないようにしてるんだな。 ってこの頃感じてた。 車中でも、「痴漢行為があった場合は、、、、」などのアナウンスも流れるし そういう ...
それでもボクはやってない (映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ)
●『それでもボクはやってない』2007年1月20日公開。 映画チラシ評価 ■硬さ度■★★★() ■扱い度■★★★() ■出来度■★★★★() ■プレミア度■★★★() ★ ■気になる映画チラシの価格帯が知りたい場合はコ ...
それでもボクはやってない (Akira's VOICE)
シンプルな作りなのに,素晴らしく奥深い見応え。
【2007-9】それでもボクはやってない (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
おかしい 日本の裁判 裁判とは何か? そして真実とは・・・ 今、運命の法廷が開かれる
『それでもボクはやってない』鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『それでもボクはやってない』鑑賞レビュー! 11年ぶりの新作、遂に始動!! 周防監督が選んだ題材は “裁判” 十人の真犯人を逃すとも、 一人の無辜(むこ)を罰するなかれ ★review★ 公開日に観て来ました〜! 予想通りと言うか予想に...
それでもボクは・・・ (それだ!)
痴漢冤罪をテーマにした映画 「それでもボクやってない」 見てきました! ドライブ
それでもボクはやってない (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
本当に無実でも、無罪になるとは限らない・・・ってホント? 「ファンシイダンス」(1989)。。。仏門修行、「シコふんじゃった」(1992)。。。学生相撲、そして『Shall We ダンス?』(1996)。。。ボールルームダンス・・・と、これまで意外な切り口の...
「それでもボクはやってない」試写会レビュー 運命 (長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
すごいリアルに作りこまれた映画やとは思うけど、やっぱり邦画バブルの中ではその魅力はだいぶ、、、。
映画 それでもボクはやってない (ぽぽらすCafe*)
日本の裁判制度のあり方を問う周防正行監督話題の映画。 じつは私の身近にも主人公と同じような体験をした人がいたので、思わず熱くなって観てしまいました。 ぜひ多くの人に観てもらいたい作品です。
「それでもボクはやっていない」を観た・・・・。 (銅版画制作の日々)
 最近、富山で○○罪で実刑判決を受けた男の人が二年9ヶ月服役後、無罪だという事が判明した。それは昨年8月に別件で逮捕された男が「自分がやった」という自白からだ。警察の取調べもかなり不十分だったようである。しかし無罪であることを主張することも出来なかった...
それでもボクはやってない (Thanksgiving Day)
映画「それでもボクはやってない」を観てきました!! 痴漢冤罪事件を題材にした周防正行監督の映画で、かなり話題になってるし、電車に乗ることも多くずっと気になってたので、観たいと思ってたんですよ。 こんな内容の映画です。 ↓↓↓ 『大事な就職の面接を控え...
「それでもボクはやってない」映画感想 (Wilderlandwandar)
ええと、当初見るつもりでは無かったこの映画、ところがネット上のあらゆるところで絶
『それでもボクはやってない』 (京の昼寝〜♪)
明日裁かれるのはあなたかもしれない・・・   ■監督・脚本 周防正行  ■キャスト 加瀬亮、役所広司、瀬戸朝香、山本耕史、光石研、尾美としのり、田口浩正、高橋長英、本田博太郎、竹中直人      □オフィシャルサイト  『それでもボクはやってない』...
「それでもボクはやってない」 (こだわりの館blog版)
? 2007年の邦画ベスト1!(予定) 1/27 Tジョイ大泉 にて 監督・脚本:周防正行 音楽:周防義和 出演:加瀬亮、瀬戸朝香、山本耕史、もたいまさこ、田中哲司、光石研、尾美としのり、大森南朋、    北見敏之、田口浩正、本田博太郎、小日向文世、高橋長英...
「それでもボクはやってない」 もう裁判が人ごとではいられないのかも・・・ (はらやんの映画徒然草)
周防正行監督の久しぶりの新作です。 今までもユニークな題材を選んできた周防監督で
[movie]それでもボクはやってない (THANK YOU MY GIRL)
日本の刑事裁判制度の問題点を取り扱った“社会派”ムービー。 満員電車で痴漢と間違われ、警察に拘留、裁判に起訴、 という無実の罪を問われる話なのだけれど、 私は実は加瀬亮目当てで行ったので、配役に彼が無かったら わざわざ観に行く事はなかった映画だと思う。 ま...
映画では語れなかったこと 周防正行著 「それでもボクはやってない  日本の刑事裁判、まだまだ疑問あり!」 (本読め 東雲(しののめ) 読書の日々)
「それでもボクはやってない 日本の刑事裁判、まだまだ疑問あり!」 それでもボクはやってない―日本の刑事裁判、まだまだ疑問あり!周防 正行 (2007/01)幻冬舎この商品の詳細を見...
観ました、「それでもボクはやってない」 (乙女千感ヤマト)
私生活でもいるよね、何とも思っていなかったはずなのに急に・・・何かをきっかけに気
それでもボクはやってない (にき☆ろぐ)
いまさらながらに見ましたとても良かったですよただ映画として面白いとかエンターテイメントとかそういった方向性ではない作品ですけどねただ退屈だとか飽きたとか全然感じることなく見れました電車で痴漢したとされて捕まってしまった主人公自分はやっていないと無実を主...