prisoner's BLOG

見た映画のメモを☆=20点★=5点による評価つきでつけていますが、テレビ画面で見たなどの理由でつけないこともあります。

「見えない恐怖」

2016年12月06日 | 映画
リチャード・フライシャーの今ではあまり見られなくなったクラフツマンシップ横溢の演出を楽しむ。一家皆殺しになっているのを盲目のヒロインが気づかずに通り過ぎてまわるあたりのカメラの置き方、人物配置、音楽を使わない処理などぞくぞくします。
風に吹かれて空の薬莢が転がるところだけ見せて撃たれているところは見せないなどの演出もじわじわくる。

台所で割れたガラス瓶の破片が散らばっているそばを裸足(足の感触を確かめやすくするためだろう)のヒロインが歩いて回るあたりのサスペンス、刺さる時のショックの作り方なども見事なもの。

全盲の女性が殺人鬼に狙われるという話は今はPC上難しいだろうし、ジプシー(字幕でもそう出る)の扱いも同様だろう、と余計なこと(失礼)を考えて見ていた。

ミア・ファローの目を開けたままの盲目演技は目が見えている時のとそれほど変わらないのが混ざる(特にラブシーン)けれど、あちこちぶつかるわ泥まみれになるわで相当サディスティックな気分になる。

出だしから星のマークがついた皮のブーツを履いた男の足のアップをずうっと追いかけて顔を見せない。「激突!」みたいに見せないで通すのかと思うとそこまで徹底はしていないのが中途半端だし、やっている役者からすると損な話。余談だが、ポール・ニコラスという犯人役の役者さん、「チェーンヒート」の監督と同姓同名なので同一人物かと思ったが違うみたい。

舞台になる屋敷がずいぶん大きい。ロケでまかなう(家の中から外を見通せる効果が大きい)関係上大きい必要があったのかも。撮影は「スター・ウォーズ」などのゲリー・フィッシャー。カメラの位置、動かし方がいちいち適格。
(☆☆☆★★)

見えない恐怖|映画情報のぴあ映画生活

見えない恐怖 [DVD]
主演 ミア・ファロー監督 リチャード・フライシャー
復刻シネマライブラリー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月5日(月)のつぶやき

2016年12月06日 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ガール・オン・ザ・トレイン」

2016年12月05日 | 映画
ヒロインのエミリー・ブラントがいつも乗っている列車の窓から傍らの家に住んでいる人たちの風景を見ながら空想を巡らせる、という出だしで「裏窓」の移動版かなと思ったら、その家に住んでいる人たちを元から知っている、どころか元夫とその後妻というのでちょっと戸惑った。まったく見ず知らずの人たちと関わっていくわけではなく、何も元夫たちの生活を見なくてもと思うしつい見てしまうという描き方でもない。

ヒロインがアルコール依存症でしばしば意識がとんでしまう、そのとぎれとぎれの記憶の間に何かとんでもないことをやらかしのではないか、と他人と共に自分も疑っていくわけだけれど、完全にヒロインがガイド役になるかというとそうでもなく、ヒロインが知っているわけのない失踪した女の行動が画面になって出てくるので、どうも視点がうまく整理されない。
時間が巻き戻ってからだんだん戻ってくるのを字幕で表わしているのだけれど、結構どっちが先でどっちが後だったか混乱する。凝っては思案に能わずって気もする。

ただアルコール依存症で自己評価がひどく低下しているのとフェミニズムとが結びついてきてラストでぴしっと全体の画が出来る(ご丁寧にそれを象徴する像まで出てくる)のはいい。

撮影が35mmフィルムなのだそうで、思い切ってボケ味を強く出しヒロインの混濁した意識に密着した処理が印象に残る。撮影はデンマーク出身のシャーロット・ブルース・クリステンセン。
(☆☆☆★)

ガール・オン・ザ・トレイン 公式ホームページ

映画『ガール・オン・ザ・トレイン』 - シネマトゥデイ

ガール・オン・ザ・トレイン|映画情報のぴあ映画生活



本ホームページ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月4日(日)のつぶやき

2016年12月05日 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「インフェルノ」

2016年12月04日 | 映画
安定のシリーズ第三作。
謎解き、というよりは手品を見せてそそくさと種明かしをするような手順で、とにかく派手な画をぶつけておいて後は追跡の中でその由来を解き明かす、というより理屈をくっつけるやり方でとにかく見せきってしまう。

追っかけに次ぐ追っかけだから飽きている暇がないし、その背景でイタリアの有名な場所とあまり見られない場所の両方を見られるという寸法。それからペダンチック(学のありそう)な蘊蓄が散りばめられているけれど、これはボロが出ない程度にとどめる。
人が増えすぎているからウィルスをばら撒いて減らせばいい、という陰謀は中二病みたいで風呂敷がでかい割にホントに怖い感じはしない。

どう考えても壊してはマズいだろうという建物をぶっ壊すところもあって、どう作ったのか知らないけれどよく出来ています。さすがにこういうデカくて金のかかってしかも緻密なものができるのはハリウッド映画ではあります。
あそこまでチャカチャカしなくていいとは思うが。

「ローグ・ワン」が控えているヒロイン、フェリシティ・ジョーンズは美人で恰好いいけれど、前歯がのぞく口元が気になった。ちょっとシルビア・クリステルみたい。
(☆☆☆★)

インフェルノ 公式ホームページ

映画『インフェルノ』 - シネマトゥデイ

インフェルノ|映画情報のぴあ映画生活



本ホームページ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月3日(土)のつぶやき

2016年12月04日 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「蜜のあわれ」

2016年12月03日 | 映画
金魚の役(⁉)ということもあって終始赤いひらひらの衣装を着ている二階堂ふみが可愛くセクシーでそれがほとんどすべてみたい。というか、小説家の妄想の具現化なのだからそうでないと土台成り立たない。

大杉漣は前に「不貞の季節」で団鬼六の分身の小説家をやったことがあり、今回は室生犀星のやはり分身の文豪役だが、偉そうなのと情けないのとスケベなのとが混ざっているのは一緒。
というか、「文豪」という今ではいないタイプの小説家のテイストが出ている。

やはり幽霊役で真木よう子や高良健吾(芥川龍之介!)が初め普通の人間かと思うような人間そのままの恰好で出てくる手法など、大仰でない作りのレトロで美的なファンタジー。
緩すぎの感がないではないが。

蜜のあわれ 公式ホームページ

映画『蜜のあわれ』 - シネマトゥデイ

蜜のあわれ|映画情報のぴあ映画生活



本ホームページ
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

12月2日(金)のつぶやき

2016年12月03日 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「殺されたミンジュ」

2016年12月02日 | 映画
いきなり拉致された男が拷問されやった悪行を書いて告白しろと命令される、という場面が続き、軍隊か秘密警察が市民を弾圧しているのかと思わせる絵面が続くが、その拷問している連中が犯行のたびに軍隊やヤクザなど恰好をいちいち変えるので、あれと思うことになる。

犯罪を行っても揉み消せるような社会の上層部でうまくやっている連中を拉致し、うっぷんを晴らしているということなのだが、見ていて「必殺!」みたいにはおよそすっきりはしない。
拷問そのものがやたらと生々しい(韓国映画で見せられるとごく近い過去の軍事政権時代の記憶とつながる感じになる)のと、告白を元に告発して社会的責任をとらせるといった「続き」がなくてあくまで閉塞したままということが大きい。
映画そのものの展開もあまりキム・ギドクらしい飛躍や驚きが乏しい感じなのは残念。

アメリカに留学して英語をごく流暢に操るが兄夫婦に養ってもらっていて日本でいうニート状態でいる青年など、これは憤懣も溜まるわと思わせる。もっとも日本だってそういう鬱憤は十分たまっているはずなのだが、もっと病的な噴出の仕方をしている。
(☆☆☆★)

殺されたミンジュ 公式ホームページ

映画『殺されたミンジュ』 - シネマトゥデイ

殺されたミンジュ|映画情報のぴあ映画生活



本ホームページ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月1日(木)のつぶやき

2016年12月02日 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年11月に読んだ本

2016年12月01日 | 
prisoner's books - 2016年11月 (24作品)
コンビニ人間
コンビニ人間
村田沙耶香
登録日:11月05日

異類婚姻譚
異類婚姻譚
本谷有希子
登録日:11月19日

まぐろ土佐船
まぐろ土佐船
斎藤健次
登録日:11月20日

戦争と一人の女
戦争と一人の女
坂口安吾
登録日:11月24日

powered by Booklog


映画化された「日本でいちばん悪い奴ら」を見てから原作であるこの自叙伝を読んだ。意外なくらい脚色で作ったエピソードは少なく、あまりにひどくてこれ作ったのかと思う話もたいていこの本にあった。

一人の腐敗した警官の責任に帰して済む問題ではないのはもちろん、警察上層部のノルマ主義とトカゲの尻尾切り体制、そして事件がないのが評価されるのではなく取り締まった数で評価されるからわざわざありもしない事件を作ってしまうという評価基準、価値観そのものがおかしいことがはっきりわかる。警察は役所だから利益を上げることなどないのだが、代わりにいかに「成果」を上げて予算をぶんどってくるかが手柄になってしまうというのは、せしめる金ですべてが評価される今の日本そのものの反映と思える。


野党に転落していた当時の自民党が情報戦でどうやって逆転していったかを半ばたまたまのように参謀役に雇われて務めた著者が綴っているのだが、途中から自民党の価値観に同感していくとはいえ元々共感していたわけでもなんでもない、というのはいかにも傭兵的な発想で、後知恵のように自民党の自助努力の価値観を肯定していくのだが、少なくとも政権をとってからの自民党の価値観が健全な自助努力の範疇に入るのか疑問になっている現在、読んでいて何度か違和感を感じた。
初めは情報戦でも民主党(当時)がリードしていたのがなぜ停滞するようになったのか、もし民主党側に雇われていたらどうなっていたか、とも想像したくなる。
とはいえ野党時代の谷垣総裁がかなりの理解力とリーダーシップを発揮していたのがわかるのは収穫。自民党にそれなりの「人材」がいたから情報戦を戦えたのもわかる。




本ホームページ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月30日(水)のつぶやき その2

2016年12月01日 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月30日(水)のつぶやき その1

2016年12月01日 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ザ・ギフト」

2016年11月30日 | 映画
高校時代を過ごした土地に戻ってきた夫婦のうちの夫役のジェイソン・ベイトマンと、しきりと変になれなれしく贈り物をしてくる夫の同級生役のジョエル・エドガートン(監督・脚本も)が割と顔が似ている、というのはかなり狙ったものと思える(エドガートンはヒゲを生やしているので見分けがつくのも演出だろう)。

どちらがどちらか不分明な分、前半なかなか誰がいいもんで誰が悪者なのか、どんな関係に着地するのかはっきりせず、かなりゆったりしたテンポに何か不安な描写が挟まれていくじわじわした調子から、後半話の軸がはっきりしてから、前半に散りばめられた伏線が立ち上がって戦慄的なクライマックスまでたたみ込んでくるという計算が立っている。

エドガートンが監督脚本を兼ねているのに一見目立たない、同級生にいたらしいが忘れてしまったという影の薄い調子でやっていて、役者としての自分をきっちりコントロールしている。

話の基本にあるのはアメリカの田舎の閉塞的な雰囲気と学校というやはり閉ざされた社会での力関係というのも、いずこも同じかと思わせる。会社の出世競争の裏側のセコさも同様。

アメリカの小金持(起業家で大成功とまでいかず、ずっと年下の起業家の元で働いて出世しているといったレベル)が飼うのが犬とともにおそらく日本の錦鯉、というのがなかなかおもしろい。
(☆☆☆★★)

ザ・ギフト 公式ホームページ

映画『ザ・ギフト』 - シネマトゥデイ

ザ・ギフト|映画情報のぴあ映画生活



本ホームページ
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

11月29日(火)のつぶやき

2016年11月30日 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加