prisoner's BLOG

見た映画のメモを☆=20点★=5点による評価つきでつけていますが、テレビ画面で見たなどの理由でつけないこともあります。

「サバイバルファミリー」

2017年02月19日 | 映画
電気が使えなくなった世界、というのはつまりかなり最近の極端に便利になった生活が不可能になった状態で、即生きるか死ぬかというところまでいかない、まだ緩い危機というのは、「ハッピーフライト」で極端に大きな航空事故というのを避けて小さなトラブル対処の積み重ねにしたのと同じ体質ということになる。
埼玉から鹿児島まで自転車とはいえちょっくらちょっと行こうと思うものかな、とは思うが、絶対ムリではないという範囲なのもそう。

水が不足したのにつけこんでペットボトルの水にやたら高い値段をつける奴が出てくるけれど、「マッドマックス」のイモータン・ジョーみたいな独裁者までにはいかない。

サバイバルとはいっても極限状況に追い込まれたり殺伐としたりはしないのは、実際の3.11の時にそれほどひどいパニックにはならずかなり秩序立って振る舞っていたという実例が一方にあるからだろう。

全体とするとサバイバルものというかロードムービーで、高速道路を自転車で走るシーンなどよく許可が出たなと思わせる。実際は何らかのトリックを使っているのかもしれないが。エンドタイトルを見ると「アイアムアヒーロー」のように韓国ロケというわけではなさそう。

ろうそくの炎だけしか明かりがないシーンは実際にほぼろうそくの光だけで撮ったのだろうか。影の出来かたからして、他に光源があるとしても相当に抑えた使い方に思える。
40年前の「バリー・リンドン」でろうそくの明かりだけで撮るのには人工衛星用のレンズを使い、そのためにフィルムカメラを改造する必要すらあったのだが、今ではずっと容易になっているのだろう。

数々の危機を乗り越えるうちに家族の欠点があぶり出されるとともに結束も固まるというのは定石だけれど、定石も悪くない。

バッテリー交換液というのは飲めるものかとどうか考えたことなかったけれど、調べてみるとイオン交換樹脂で水に溶け込んだ金属を取り除いた水、蒸留水ほど純度は高くないが水道水よりは純度の高い水ということになるから、飲んでも構わないということになる。

サバイバルファミリー 公式ホームページ

サバイバルファミリー|映画情報のぴあ映画生活

映画『サバイバルファミリー』 - シネマトゥデイ



本ホームページ
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2月18日(土)のつぶやき その2

2017年02月19日 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月18日(土)のつぶやき その1

2017年02月19日 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ヒッチコック/トリュフォー」

2017年02月18日 | 映画
録音がよく残っていたと思うし、どうせならどんなテープに録音されていたか実物を見せて欲しかった。テレビドキュメンタリーだったらおそらく見せていただろう。
これは記録の掘り起こしというより、映画監督が監督に話を聞き出した本に、さらにその本から影響を受けた監督たちの話を聞くといった具合に作り手の連鎖とキャッチボールを描くことに主眼を置いているのだろう。

ヒッチコックとトリュフォーだけでなく同時通訳(しゃべっている最中からもう訳して話している)のヘレン・トーマスとカメラマンの存在が介在してくるのは当然とはいえ二人だけで作ったわけではないのがわかる。
実をいうといわゆる「作家主義」がどうもひっかかるのは、監督だけが映画の作家だという思い込みが流布し過ぎて、それを支えるスタッフの協力が無視されがちだということ。

完成した本からこぼれた部分も多いのがわかる。トリュフォーがヒッチコックに「あなたはカソリック信徒ですか」と最初に聞いた時は「ここは記録しないでおこう」と言っていたのが、二度目に聞かれると肯定している。
犯罪だけでなく罪に対する意識というのが重要なモチーフであることは確か。
このあたり、やはりカソリック作家であるスコセッシが食いついている。

ヒッチコックが想定している映画館の観客というのは2000人入る劇場の観客だというから、昔の大劇場だなあ、シネコンではないなと思わせる。

役者に対してどう接するかというのも揺れているところがある。古典的なハリウッドスターが何よりもまずタイプとして存在しているのを映画的なカット割りと再構成で監督の表現のための素材としていたのと、役者そのものが表現者として強く出てくるアクターズ・スタジオ式の行き方とでは水と油なのだが、時代とすると後者の方に傾いているわけで、無視はできなくなる。「引き裂かれたカーテン」でポール・ニューマンを使って、無色透明なまなざしができない、というかやろうとしないものでやりにくくって仕方なかったとヒッチコックは述懐している。

ヒッチコック/トリュフォー 公式ホームページ

ヒッチコック/トリュフォー|映画情報のぴあ映画生活

映画『ヒッチコック/トリュフォー』 - シネマトゥデイ



本ホームページ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月17日(金)のつぶやき

2017年02月18日 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ザ・コンサルタント」

2017年02月17日 | 映画
発達障害の殺し屋、という設定で、なるほど特殊な技能を徹底して身につけるところや孤独=コミュニケーション障害など殺し屋の要素とうまく重なるところがあるのだな、と感心する。エンドタイトルを見るとそれこそコンサルタントがついているのだが、かなりデリケートなモチーフを問題にならないように処理したと思える。

原作があるのかと思ったら「ジャッジ 裁かれる判事」のビル・ドゥビュークのオリジナルシナリオ。
冒頭、人の顔を隠しておいて描かれる銃撃戦の事後描写がつかみとして良くできていて、その場面がどんな意味があったのか徐々にフラッシュバックを重ねながら明かしていくのだけれど、その回想の主が一人でなく複数にわたっていたり、巧みにシーンを重ねながら角度を変えたりして立体的に組み立てている。

「ジェーン」の監督らしいが、回想が好きなのかな。「ジェーン」の脚本(ブライアン・ダッフィールド)は映画化されていない優れた脚本に選ばれていたらしいが、映画化版からは回想が説明的で現在のシーンの流れをぶつ切れにしているようで感心しなかったのだが。

アクションシーンもよくできているけれど、見ていくうちに殺し屋の話から発達障害者の(相当に特殊だが)発達、さらには家族の話になっているのに気づき、いつの間にか身近な世界のことであるのがわかる。

ジャクソン・ポロックのペインティングが報酬代わりにやりとりされる、というのはマーク・ウォールバーグの「ハード・ラッシュ」でもあった趣向。ポロックの作品は極めて高価で一時期「ナンバー17A」が約2億ドルと世界一の価格で落札されたものね(その後もっと高いのが現れたが)。
しかしああいう無意識の偶然と論理的な必然が交錯するポロックの作品はどこに置いても(「エクス・マキナ」でもまた別の使い方をされていた)映画の世界を広げる感じがする。

ザ・コンサルタント 公式ホームページ

映画『ザ・コンサルタント』 - シネマトゥデイ

ザ・コンサルタント|映画情報のぴあ映画生活



本ホームページ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月16日(木)のつぶやき

2017年02月17日 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「サウスポー」

2017年02月16日 | 映画
怒りを抑えるプログラムを受講すること、なんてアメリカの映画やドラマを見ているとよく見るが、怒りが暴力犯罪に結びつくことがたびたびなのだろうなと思うし、マイク・タイソンも怒りを抑える受けていたと思う。
七つの悪徳にも「怒り」は入っていたし、実際、この映画の主人公は怒りを抑えられないことでせっかく掴んだチャンピオンの座、財産、そして妻と娘と、いったんすべてを失う。

そこからどう恢復していくかというドラマなわけだが、ジムのトイレ掃除、それも根性を試すのではなく本当に手が足りなくてやらなくてはいけないという本当に最低な状況からやり直すのがシビア。ただそんなものやってられるかとなっていたのが考えを変えて戻ってくるところの描き方がちょっと物足りない。

クライマックスで微妙に距離を残したままの娘がリングサイドにいないでテレビで観戦しているというのがいい。「ロッキー」ではないので勝って抱き合ったりするわけにいかない。

もうアメリカ映画でボクシングシーンで役者が身体を作り込んであったりするのは当たり前なのだが、やはり見応えあり。殴られて顔がゆがんだりするのはCGらしいが。

アントワン・フークワ監督の次作「マグニフィセント・セブン」と同様急逝した作曲家ジェームス・ホーナーに対する献辞がエンドタイトルが出てくる。

サウスポー 公式ホームページ

サウスポー|映画情報のぴあ映画生活

映画『サウスポー』 - シネマトゥデイ



本ホームページ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月15日(水)のつぶやき

2017年02月16日 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仲代達矢の日本映画遺産~新たな挑戦~ 第1回

2017年02月15日 | 映画
24歳で出演した「あらくれ」で共演した高峰秀子から舞台とは違う、映画の演技を教わったという。「ずうっと子役からやっている大先輩で一種のニヒリズムみたいなものがあって、それが芸風になっていた」と評する。実際、高峰秀子のエッセイを読むと実に人間観察が辛辣なのがわかる。

成瀬巳喜男はほとんど演技指導をしないのだがここでは「江戸っ子でやってくれ」というのがほとんど唯一の指示だったという。

よく言われるけれど、何もしないみたいな芝居をつないでいくと見事にシーンが組みあがっていくという成瀬演出はなかなか真似できることではない。小津の真似はあっても成瀬の真似はあまりない、と思ったら、「アリスの恋」あたりでスコセッシがやっていたらしいのね。再見する機会があったら確かめてみよう。

まだ新人の頃に結婚したのは、人気にさわると忠告されたという。そうだろうけれど、恭子夫人がいたからどこの会社にも属さないでやっていけたのではないかと勝手に思う。無名塾を立ち上げる事業計画はもっぱら夫人がやったらしいし。

「俳優は天職かといったら、いいやというでしょうね。しんどいもの」といって大笑いするのがインタビューの〆。



本ホームページ


仲代達矢の日本映画遺産~新たな挑戦~ 第1回
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月14日(火)のつぶやき

2017年02月15日 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「傷物語 III 冷血篇」

2017年02月14日 | 映画
半分吸血鬼になった人間がヴァンパイアのラスボスを倒す三部作完結編。
その戦いのどぎつさというか奇想天外ぶりがアニメならでは。

ラストの収まり方の三方一両損みたいな論理が微妙な余韻を残す。

日の丸の旗がしきりと翻っている風景作りや、競技場のバトルなど現実にある妙に場の力といったものが取り込まれている感。「エヴァ」の箱根以来なのか、もっと前からあるのか。

傷物語〈III冷血篇〉 公式ホームページ

映画『傷物語〈III 冷血篇〉』 - シネマトゥデイ

傷物語〈III冷血篇〉|映画情報のぴあ映画生活



本ホームページ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月13日(月)のつぶやき

2017年02月14日 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「虐殺器官」

2017年02月13日 | 映画
キャラクター・デザインが日本人の骨格ではなく西洋人のになっていて、舞台も世界各国でこれで吹き替えたら日本製とは思わないのではないか。
スマホで各種の言語に対応したサービスを受けられるのは現実化しているのを見ていると、世界市場を狙った作りなのかと思える。

製作中に製作母体のプロダクションが倒産したのを後を別のプロダクションが継いで完成したという、本来見る側にしてみれば関係ないといえばないが、アニメは世界展開できる可能性が見こせたから出来たのではないかと門外漢は考える。

特殊部隊の動きがモーションキャプチャを使っているというのはなるほどと思った。

子供まであっさり射殺してしまうところや、美女の目が撃ち抜かれて向こう側が見えるといった、様式化した画でクイックカットで処理しているとはいえ、相当にショッキング。虐殺というモチーフを描くのにある程度踏み込むのに

チェコの街並みのロケ効果が大きい。背景画とはいえ、相当に取材して描いていると思える。

人間に残虐行為をさせる要因が古代の生存競争していた時の名残りとして存在していて、それがコトバの中に言語の違いを超えて埋め込まれている、といった世界観は原作を読んでいなくてもある程度納得できる。
ただ、セリフで説明せざるをえないところで、もうひとつそういった要因が実際に残虐行為に結びつくのかといった肉体感は薄い。

虐殺器官 公式ホームページ

虐殺器官|映画情報のぴあ映画生活

映画『虐殺器官』 - シネマトゥデイ



本ホームページ
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

2月12日(日)のつぶやき

2017年02月13日 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加