prisoner's BLOG

見た映画のメモを☆=20点★=5点による評価つきでつけていますが、テレビ画面で見たなどの理由でつけないこともあります。

2016年9月に読んだ本

2016年10月01日 | 
prisoner's books - 2016年09月 (19作品)
青い眼の人形
青い眼の人形
野口雨情
登録日:09月03日

YKK秘録
YKK秘録
山崎拓
登録日:09月09日

ロルカ詩集
ロルカ詩集
ロルカ
登録日:09月25日

powered by Booklog


冒頭から五社自身が語っていた身の上話のウソが暴露される。ウケるためだったら平気でウソをつく見栄とハッタリの塊のような男の肖像が、丹念な裏取りで描かれる。テレビという当時見下されていたメディアから上から目線を見下していた映画界に殴り込みをかける気負いから、元からのハッタリ気質に磨きをかけ、映画の見世物としての原点に戻って成功していく。今のテレビ界と映画界の関係を見ると信じられないような状態で、ここ数十年の変化の大きさにほとんど嘆息する。一方で安定したサラリーマンというテレビ局員としての地位をなかなか捨てきれない小心さも描かれる。その地位を思いがけない形で放棄せざるをえなくなり、退路を断つつもりで背中に入れ墨を入れる。このあたりは、さすがに調べきれていない部分が多い。振幅の大きい、大胆さと小心さ、ハッタリと繊細さが混ざった一人の男の軌跡がそのまま作品に反映しているのが浮き彫りにされる。どの作品が誰に企画だったかといった原点にまで遡って調べてあるのが貴重。「鬼龍院花子の生涯」が梶芽衣子の、「薄化粧」が緒形拳の持ち込み企画だとは知らなかった。多くの人たちとの協力関係も描かれ、だから「鬼龍院」の起死回生のカムバックもできたのだろう。裏をかえすと、割と安直に頼まれると、あるいは思いつき程度でほいほい仕事を引き受けたので、特に晩年いささか仕事が荒れたところも「北の蛍」「十手舞」などの失敗として具体的に指摘している。映画・テレビ以外にもやっていた週刊誌の対談連載なども丹念に取り入れ、どうやって女優たちを脱がせたか、といった下世話にして大事な話も収録している。


この本が出たのが1984年なので、「最近」の記述には古くなっているところもあるだろうが、それ以前の黎明期の会社の成り立ちが面白かった。満鉄調査部や軍隊の出身者を積極的に採用したところから当然国との結びつきが強くなる。226事件の後、政府は国民新聞、朝日、毎日のトップを貴族院議員に推挙するのに続いて、電通の光永社長を貴族院議員に推挙して、情報統制を飴と鞭の飴の側からやっていたという。なるほどね。半世紀以上前、55年体制確立にあたって自民党の依頼で反共と日米安保体制擁護を宣伝する役に駆り出されたということで、当時の四代目の吉田社長が政治色を強めていたこともあるだろうが、今に至るも与党の情報管理に食い込んでいるだろうことは想像に難くない。オリンピックが電通の一手販売みたいになっているのは有名だが、実は博報堂が担当したこともあって、これがなんとモスクワ・オリンピック。なんだかできすぎだ。




本ホームページ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月30日(金)のつぶやき

2016年10月01日 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「アメリカン・サイコ」

2016年09月30日 | 映画
おそろしく清潔で端正で金のかかったヤング・エグゼクティヴのライフスタイル(時代的にこういう半死半生語が似合う)が終始びっちりと描かれる。
金と手間がかかっていればいるほど、すごいような空虚さが裏に張り付いているのが見てわかる。

冒頭、血の滴りのような赤い図形が落ちてきて、豪華なフランス料理の見た目も豪華な皿のソースにつながるタイトルデザインが妙に優雅な音楽と共に見事。

主人公が住む無機的で豪華な高層マンションでビデオ再生されている「悪魔のいけにえ」の田舎臭さと凄いコントラストのようで、底でつながっている。

カメレオン俳優クリスチャン・ベールがまたまた肉体を完璧に作りこんでいる。ホームレスをまるっきりゴミでも掃除するような調子で殺すあたり、アメリカの富裕層の貧困層に対する傲慢と無神経がもろに出た。

アメリカン・サイコ|映画情報のぴあ映画生活

映画『アメリカン・サイコ』 - シネマトゥデイ



本ホームページ


アメリカン・サイコ [DVD]
クリエーター情報なし
東芝デジタルフロンティア
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月29日(木)のつぶやき

2016年09月30日 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ルーツ 第4話:世代を超えた絆

2016年09月29日 | 海外ドラマ
南北戦争の黒人部隊ががっちり描かれるのも、旧作からリメイクの間に「グローリー」が現れた甲斐があったと思える。
捕虜になった北軍のうち、黒人兵だけが射殺されるのが実にむごたらしい。

奴隷制度に反対しリンチで殺される白人も描かれる。旧作でもプア・ホワイトが描かれていたが、今回は比重が軽くなったように思える。

旧作が作られてから人種問題の状況が変わったところと変わらないところがあるわけで、表現としていてよりリアルになったり、歴史研究の進歩を取り入れた部分が多々あって、リメークの意義は大いにあったと思うが、日本ではどうも評判になった形跡がない。

原作者のアレックス・ヘイリー役は旧作ではジェームズ・アール・ジョーンズだったが、今回はローレンス・フィッシュバーン。
一人の人間のルーツにはこれだけ大勢の人たちの希望や苦しみがあったのだと目で見て実感させるラストシーン。



本ホームページ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月28日(水)のつぶやき

2016年09月29日 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「狼の死刑宣告」

2016年09月28日 | 映画
タイトルが似ているし、原作者が同じブライアン・ガーフィールドだし、ヴィジランティズム(自警主義)という言葉を宣伝に使っていたりで、「狼よさらば」の同類かと思ったら似て非なるものという感じ。

ケヴィン・ベーコンが主演というのも誤解?を呼ぶので、これまで凶悪な役をいくらでもやっているのでそちらのベーコンかと思ったら、ここでは善良な市民そのもの。

息子を殺されて「狼よさらば」のブロンソンみたいに銃をとって復讐に立ち上がるのかというとそう簡単ではなく、直接息子を殺した男を殺すのも素手で半ば偶然のようだし、そこから誰が手を下したのかすぐ見当をつけた仲間のギャングたちに追いかけられるというのも、特に暴力や警護に習熟しているわけできない一般市民らしい。

このギャングたちに追われるシーンのステディカム他を駆使した移動撮影が素晴らしく、大いに盛り上がる。
実際に銃を買い込むのが1時間20分目で、本当に終盤にさしかかってからで、最後には銃をとって殴り込みをかけるわけだが、特に射撃や戦闘の訓練を受けているわけではないのにいきなり強くなるのはちょっとウソっぽくはあるけれど、銃をぶっ放して片をつけないと恰好はつきません。
(☆☆☆★)

狼の死刑宣告 公式ホームページ

狼の死刑宣告|映画情報のぴあ映画生活

映画『狼の死刑宣告』 - シネマトゥデイ



本ホームページ




コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

9月27日(火)のつぶやき

2016年09月28日 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「青空エール」

2016年09月27日 | 映画
頑張って勝ち抜いていくのをドラマの眼目にするというのとは違い、何しろヒロインはまったくそれまで楽器に触ったこともないのだから、正直かなり低いレベルでうろうろしていて、他のメンバーと甘えることもできる人間関係を作っていくこと自体がドラマのカタルシスになる。

吹奏楽部と野球部のそれぞれで頑張る女の子男の子の話が同時並行して進むので、ヤマ場をどう配分するかは相当難しかったのではないかと想像する。
それがただ平行しているというのではなく、自然に力まずに互いに支え合っている形ができているのが大きな美点。

二人がすぐ恋人同士みたいにならないのはいいけれど、最後まで曖昧なままでもよかった気はする。

ケガしたを吹奏楽で励ます場面、励ますのを決める場面と時間が前後するのを音楽をずうっと流して混乱させないで処理したのが上手い。

あまり恋愛モードに入らないのがいいところだと思っていて、ラスト、蛇足気味に二人の関係が次のレベルになったのまで見せず、青空が画面いっぱいになるところで終わった方が良かった気がするのはちょっと惜しい

キャスティングが細かいところまで行き届いていて、ちょっと腕があると思って腕のない相手を切り捨てるようなイヤな感じで出てくるキャラクターが成長しているのを書き込んでいる。
セリフがいい。

上野樹里が吹奏楽部顧問役で出てくると当然「のだめカンタービレ」ののだめがだぶりそうになるが、まったく違うごくシリアスな調子でやっているのに役者やのおと思う。
(☆☆☆★★)

青空エール 公式ホームページ

青空エール|映画情報のぴあ映画生活

映画『青空エール』 - シネマトゥデイ



本ホームページ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月26日(月)のつぶやき

2016年09月27日 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「コロニア」

2016年09月26日 | 映画
チリのピノチェト軍事政権の時、外国人であろうが過酷に弾圧された時には殺されたことは「ミッシング」でも描かれていたが、弾圧風景を撮影したことで謎のカルトコミューンに放り込まれた恋人を救うために信者に身をやつして潜入する女性を実話に基づいて描く。

軍事政権と宗教カルトとが手を組むとは考えるだに気持ち悪いが、どう結びついてるかは必ずしも腑に落ちるように描けていない。
コロニア・ディアルデとはナチスの残党で元衛生兵のパウル・シェーファーを中心にしたカルトなのだが、シェーファーを演じるミカエル・ニクヴィストは不気味だが、ナチスという面がはっきり描かれていないので何かパズルのピースが抜けているような印象に終わっていて、すこぶる興味深いモチーフを扱っているわりに突っ込み不足のうらみがある。

途中から脱出劇になるが、コロニアとドイツ大使がぐるになっている展開がだから通俗的なストーリー上のツイストみたいになっている。

主人公はドイツ人カップルなのだが、エマ・ワトソンはともかくドイツ人であるダニエル・ブリュールも英語を話しているのは、チリを舞台にしているのにも合わないしナショナリティを曖昧にした。

国連大使でもあるエマ・ワトソンが主演するところに人権意識の顕揚という面もあるのだろうけれど、いささか優等生的で潜入したヒロインがカルトの性格からして当然性的な興味丸出しの視線で見られるが、そのあたりの突っ込みは緩く、すでに妊娠した別の女性に振り分けられたみたい。
(☆☆☆)

コロニア 公式ホームページ

コロニア|映画情報のぴあ映画生活



本ホームページ


映画『コロニア』 - シネマトゥデイ
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

9月25日(日)のつぶやき

2016年09月26日 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ザ・ヘラクレス」

2016年09月25日 | 映画
レニー・ハーリン監督、ケラン・ラッツ主演。
日本では同じ時期にドゥエイン・ジョンソン主演、ブレット・ラトナー監督の「ヘラクレス」が公開されていて、どうも混乱する。
日本公開はこちらが2014年9月6日、「ヘラクレス」が同じ年の10月24日。これでは間違えない方が不思議みたいなもの。
ちなみにこちらの原題はThe Legend of Hercules。公開劇場は今はなきシネマスクエアとうきゅう。

試みに比較を続けると、アメリカでの公開はこちらが1月10日。「ヘラクレス」が7月25日。
製作費はこちらが7000万ドル、「ヘラクレス」が1億ドル。世界の興行収入はこちらが6127万ドル、「ヘラクレス」が2億4481万ドル。

要するに、そういうつもりがあったとは思えないが、本命の前の露払いみたいな位置になってしまっている。その本命も金のかかったB級作品という感じで、あんまり風格みたいなものはないのだが。

とはいってもドゥエイン・ジョンソンはヘラクレスらしく見えたけれど、こちらのケラン・ラッツ(「トワイライト」シリーズの狼男一族の一人)だといささか筋肉不足で、他のキャストもいささか弱体、画面が暗くて肉弾戦もやたらと動きの途中でスローモーションになっててまた元に戻るといった処理をやりすぎて間延びしてしまっている。

レニー・ハーリンももともと雑で大味な監督で、「ダイ・ハード2」や「クリフハンガー」といったメガヒット作もあるけれど、一時はギネスにも乗ったくらいの大赤字映画「カットスロート・アイランド」なんてのをこさえたりして、どうも二軍落ちという印象は否めない。
3Dを使ったのが2Dでも丸わかりな大仰演出も、今みたいに大仰なのが普通になると目立たない。

最近では「コバート・アフェア」「ホワイトカラー」「バーン・ノーティス」「グレイスランド」といったテレビドラマの演出が多い。
(☆☆★★★)

ザ・ヘラクレス 公式ホームページ

映画『ザ・ヘラクレス』 - シネマトゥデイ

ザ・ヘラクレス|映画情報のぴあ映画生活



本ホームページ


ザ・ヘラクレス [Blu-ray]
クリエーター情報なし
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月24日(土)のつぶやき

2016年09月25日 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「スティーブ・ジョブズ 」

2016年09月24日 | 映画
アシュトン・カッチャー主演、ジョシュア・マイケル・スターン監督による2013年製作のジョブス伝。まったく同じ邦題のマイケル・ファスベンダー主演、ダニー・ボイル監督による映画があるのだからややこしい。(原題は2013年版がJobs 2015年版がSteve Jobs)

実は一番違うのは作劇で、2015年版のアーロン・ソーキンの脚本はアップルの新製品発売にあたってのプレゼン前後だけにシーンを舞台劇的に集中させたセリフ劇であり。本作のマット・ホワイトレイの脚本はごく一般的な伝記ものの通りいっぺんといった方がいいくらいの構成。
総花的のようで重要な場面が抜けていたりする。

綺麗な画面にふんだんに音楽がかかるニューシネマ風の場面がかなり目立つのはジョブスのヒッピー的な面に合わせてだろうか。
俳優のそっくりさんぶりに関してはこちらの方が上かもそれないが、その分上辺を撫でた感じが強くなった感もある。
(☆☆★★★)

映画『スティーブ・ジョブズ』 - シネマトゥデイ

スティーブ・ジョブズ|映画情報のぴあ映画生活



本ホームページ


スティーブ・ジョブズ [DVD]
クリエーター情報なし
ポニーキャニオン
コメント
この記事をはてなブックマークに追加