気付きの科学 新世界版

ここで言う 「気づく」という意味は、空(くう)の状態から、在る状態に引き出す意識的行為・・すなわち創造のことです。

在る・・こと だけがある

2016-10-31 06:05:49 | 意識の拡大
寝ても覚めてもあるのは何だろうか?
毎日あなたと一緒にある、といえば変な話だが、
あなたという存在というか、今ここに「在る」・・というか、

そういう感覚というか、「自らに気付いている」ということ。
それを自意識と言おうか。
あるいは「わたし意識」と言おうか。

人の根本に常にあるのは、その「わたし意識」なのだ。
それがなくて五感の情報も、思考さえも生じない。
わたし・・意識がすべてを感じて、また自らを生じている。
あなたはそれ・神だ、・・という意味だ。
・・
われ在り・・、
別にどうってことなくて、真剣に気づくこともなく、
当たり前のように過ごしてきた、わたし感覚。
人の成長の過程でも、物心つくといわれるような、
小さいころから次第に明確になってきたのが「わたし意識」

わたしは在るという・・自意識、自覚意識である。
そうだろう?

これは、自らに気付いている・・こと、奇跡的なことなのだが、
生来それが在るためにことさら気づけないのだ。
あなたは気づいたか?

神の創造の起源は、自らに気づき、自らが何者か?という
楽しい問いかけを始めたところにある。
もちろん時間も空間も実在しないため、いつ?ということではないが、
宇宙が生まれた瞬間・・というのを言えば、
あなたがここに生まれて、未分化であっても、
その根源意識が生じた瞬間と同じことなのである。

当然ながら、
神はすべてのすべてを愛している、
あるいはすべてが自己、すべてはわたしであると認識しているため、
そこ・ここに、きらきらとして神の息吹が表れている。
当たり前だ・・。
いや、そこここではなく、すべてがそうなのだが、
神の共同創造者としての人の、そのひずんだ思いをも尊重し、
ある人には、神などどこにあるのか?という、
そういう不可思議な逸脱も「許されて」あるのだ。
神が自己を忘れていることも、許されてある・・

この奇跡以外に、どんな奇跡があろう?

無限である自らの姿、形、思い、感動を味わおうと、
この宇宙、あるいはあらゆる宇宙が活きている。
聖書にもある「最初に言葉ありき」・・
言葉とは言の葉、まるで思いで揺れ動く波動
単なる音声という波動ではなく、あらゆるすべてである根源の波動。

そう、創造の主の「われ・・在り・・」から、
ミクロ、マクロ宇宙すべてが生じている。



それと気づかなければ何も観えない。
見えるから気づくのではなく、気づかなければ見えないのだ。
ここは非常に重要な意識のポイント。

どこかで言われる「霊主体従」とは、
意識の働きが中心で、身体レベルの経験を生じせしめることを言い、
身体レベルの経験がマインドを造るという、
3次元的な物質依存を超えた存在の仕方である。

マインド、思考、感情というより微細な波動域から、
身体・環境というより粗い波動域に写しめることだ。

「その意識」が無ければ、何も現れない、

こういう話、日常でもすでに経験しているはず。
何か違うことに意識が集中している場合、すぐ目の前にもあることに気づけない。
レーダーを発しなければ、対象物のエコーは起きない。
そうではないか?

あらゆるすべての根本にあるのは、意識・それであり、
日常世界の様々な出来事を五感で感じているのも、その意識だ。

世界の様々なことに関する、反応としての思考や感情も、
あなたのその意識の中に浮き上がるものである。
根源の波動に・・波が生じる・・わけだ。
つまり・・創造。

ちょっと科学的に言えば、
意識は根源波動であり、その波動が様々に変調されて、
様々な思考やイメージ、感情が起きているのである。
思考も高次なレベルでの波動なのだ。

人の繰り返される思考やイメージ、それが定着作用として、
人の経験として、さまざまこの世に「現像」されてくる!

人生とは、まるで3次元写真のようではないか、

それを魂・意識で学ぶために、わざわざ荒れた世界に生まれ落ちる、
そういうことに気づけるだろうか。
余計なお世話だが、・・
あなたがここにいるのは、それに気づくためであった。

えーっ?もう十分おなか・・一杯だろうが、(笑)
そういう意味でなんと素晴らしい世界であったことだろう。

あなたがすでに、自らの思考、イメージ、マインドを、
それを子供の動きのように観ることができるならば、
もう、外の世界に振り回されることもなく、
またあなたが体験したいと思うことから、逸脱させる何かも存在しない。

例えば、生も死も相対的なものでしかない、
なぜならば、
生も死も、在ることが故の、存在の相の転換でしかないからである。
あなたもそうやってここに生まれてきたのだ。
あなたの「在る・・」は消えやしない。
なぜなら・・在るは・・根源の波動なのだから。
それに、今・・在るのだから・・。
えー、知らなかった?(笑)
とはいえ、頭の組み合わせ論理では、これは到底理解不能。
だから時間がかかるともいえよう。

在ること、さまざまに「在ること」が、生まれ変わりや転生だ。
毎日寝ては起きることの繰り返しも、それを示しているのである。
意味のないものは何もない。

実際、本当に身近なことが・・最も大切なこと。
どこか遠くの遥かあなたの空遠くには、今・重要なものは何もない。

あなたは今まで、多分・・、自らの在ること、・を差し置いて、
どこかの何か、誰かを追いかけていたのかもしれない。

われ在り・・いや、在ること、Being・・が、宇宙創成の自己存立原理である。

在るのは、時間空間など全く存在しない・・、

いま・・ここ・・、だ。

今・・在る・・・。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悟りの道標(32)総集 | トップ | 次元の話(その1)認識とし... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

意識の拡大」カテゴリの最新記事