気付きの科学 新世界版

ここで言う 「気づく」という意味は、空(くう)の状態から、在る状態に引き出す意識的行為・・すなわち創造のことです。

わたしとは・・何か(23)回答集

2017-05-19 06:24:33 | 意識の拡大
以前、ユーチューブに出されている「ラマナ・マハルシとの対話」を紹介した。
誰かが朗読をUPしているというわけなのだが、
何ということか!
それは「わたしとは何か?」という命題の、
回答集のようなものであることがわかる。

すでに回答が与えられ(てい)たということである。

回答集といっても、
「あーそうだったか・・わかったぞ・・へへん・・」とか、
そんな数学の問題集の巻末にある回答編を覗くこととは違い、
(昔、よくやったな~笑)
そこに集約された内容を、
今在る・・人生を通じて、真剣に熟考、追試、感読すべき、
実に重要な指針であることがわかるのである。

ヒンヅー文化独特の言葉や言い回しはあるものの、
そんな枝葉にとらわれなければ、
そこには、実に偉大な・・という表現も色あせるぐらいの、

真実というか、本質というか、それに触れるような、
共感、共振する意識を感じないではいられない。

実は、
このサイト記事、「わたしとは何か」のテーマの記事を続けるうち、
自分もひょんなことからそれを知り、
「なんだかな~?・・」という思いが邪魔をしつつも、
通勤途上の電車の中で、何度も何度も繰り返して試聴した。、
今でもそうだが・・。

ここ、なんだか個人的な体験の話となっているが、
まるで「赤ペン先生?」(通信教育かよ!笑)のような事象が、
ここ一連の記事を続けるうちに現れた・・ということである。
これも、それ自体に・・気づくか、気づかないか・・?なのだが・・。

ラマナ・マハルシの語った言葉とされるもの、
肉声でもなく、単に日本語に変換された朗読内容なのだが、
ただ聞くだけでも、そこに含まれる、
「ほんとうの・・わたし」、真我といわれるそれの、
今は遠く離れてしまった、あるいは、忘れてしまっていた「根源」からの、
その「原初の想い」が感得されるのである。
そう、いつも変わらずあったそれとして。

これら言葉、思いは波動である。
またそれは根源からの精緻・精妙な波動であり、
自己内面という空(くう)によってその共感・共振され、
不完全な歪を有しながらも、そこに再現されるということだ!

不完全な歪(ひずみ)、マインド、こころの傾向によって、
人によって異なることは仕方がない。
また、全然感知しないことも、また仕方がないことである。
あるがまま、・・。

かつて、そしていつの時にも、
神なるそれ、<真のわたし>を思い出すために、
それを教えるための師というべき存在が、
この地球という生存カテゴリー内に様々な形で下生して去っている事実、
霊的知識のある人たちは知っているだろう。

そうではないか?

イエス、マホメット、仏陀、クリシュナ、サン・ジェルマン、・・・
あるいはエマーソン、バグワン・シュリ・ラジニーシ、ニサルガダッタ・マハラジ
その他大勢の師たち、あなたも幾人か知っているだろうか。



そして、シュリー・バガバーン・ラマナ・マハルシもそうだ。

19世紀から20世紀中期までの古い時代の人とはいえるが、
現代までに至る霊的胎動の先駆けとなった、師の中の師・・ともいえる、
実に偉大な存在であると言えるだろう。

うかつにも単にヒンヅーの裸の聖者等としか見ていなかった。
「裸でふんどしの人なのか・・」(笑)そこで、もう引っかかっていた。

さらに、文字が小さく難しそうという理由で、
ラマナマハルシに関する書籍を「BOOK-OF◇」に売却したことがあるが、
高い値段が付いたので驚いたものである。(大笑)


余計なお世話だが、あなたも出来れば、
ユーチューブにUPされている朗読を聞いてもらいたいものだ。

忙しくて、そんな暇は無いというかも知れないし、
目で情報を検索しているだけの人ならば、
まったくその気になれないかもしれない。

目で見ること、あるいは読書もいいが、
左右の耳で、つまり右・左の脳という感覚器官を通じて、
その波動を内面意識で知覚することは、
実に大きな目覚めの作用を促すかもしれない・・。

当初は違和感を禁じえず、「なんだかな~?」という思いが付随するのは、
いわゆる3次元的世界の特徴である「小さく分離した自己」から沸き起こる、
そのいつもながらの世俗的な「想念」によるものであることがわかる。

そう、輪廻転生でのその時々の人格を造る、
一時の生起現象であるマインド・こころは、
本来の自己、無限のわたしのことを理解しがたいからなのである。

限られた体積を持つ茶碗は、
無限の空間の中にこそあれ、
無限そのものを入れることはかなわない。

まさに、そんなものである。


  (天目茶碗)

例えば、人は、
物体化した茶碗が自己だと思っているが、
その茶碗は、無限の空間があってこそ、
有限の小さな茶碗として存在することができる。
どちらが本物だろうか?
現れては消える、一時の茶碗のほうか、
茶碗を含む無限の空間だろうか?

何時も、どこでも、そのただ中に生きて在る・・のに、
それに気づかない・・・

その、わたしとは何か・・。
あなたはもう気付いただろうか?

あなたはどこからきて、どこにいくのか?
何者であるのか?

・・・

題して、「わたしとは何か、回答集」

バガバーン・ラマナ・マハルシの教え






-----------

様々な形で、そこ、ここに、あちらこちら、
そして全てにおいて現れている・・真のわたし、
またそれを指し示す師たちに、
そしてこれをご覧いただいているあなたにも、
こころから感謝いたします。



わたしとは何か・・・了





ジャンル:
ウェブログ
コメント (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« わたしとは・・何か(22)... | トップ |   
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
菩提樹ならぬ膨大な残業の前で覚醒 (P)
2017-05-24 00:02:54
マッチョマンさん

こんばんわ~。

いやー日常に不可思議な体験が
入り込んできております。

私は、集団体操と言われるプログラムで
25名くらいを前に 話をするのですが

とうとう 季節の話題ではなく

時節の話題から説法へ と大胆な転換を図りました

まー簡単に言うと
時代は 大正⇒昭和⇒平成⇒新元号
と来年大きく変わり、今上天皇も孫が婚姻して
来年上皇として引退しますと

皆様におかれましてはこうしためまぐるしい変化を
受け入れ、中今に 生きられませい と(笑)

諸行無常 万物流転
生きていれば必ず死にます と
だから大事なことは、いつ死ぬかは自分で
決められないのだから
中今を悦びに生きることが大事です と
私はそのように考えますが、皆様
如何でしょうか?と

そして最後に呼吸法ですと

これをやった後、感想を伺いますと
「何を話していたかはすっかり忘れましたが」
・・・認知症 近時記憶障害
「とにかく 良い話を聴けました」 と・・・
灌頂 ならぬ 感情体験の残存 これも認知症の特徴

そして、今日は50名いる利用者の
99%の様子を記録するという膨大な残業を
しておりました。

そしていつもの如く、
「もう、はよ帰りたいわ~」
「残業しすぎで、家庭崩壊気味の
ワカーホリックな女上司はおいておいて・・・」
とまあ、タマス由来の 残業苦手ネガティブ意識が
頭をもたげました・・・。

しか~し、その時
「あれ、今 ここ を我が故郷と思えと言った
我が言葉に 自ら相反している」
と気付き
その瞬間、昼間に御老人に教えていた「呼吸」が
そのまま、残業している自分の中に入って来て
夜の8:30まで、呼吸が乱れることなく
穏やかに記録手書き業務を無事終了し

いつもよりもはるかに高いエネルギー・ハイテンションで
帰りの車、ポップスを爆音で ちんどんやさんみたいに
賑やかに 楽しく帰ってまいりました。

作務における一種の覚醒体験であったように
思います。
行為そのものに没入して
雑念がなくなる。
身口意の覚醒的同調現象
かつ、その 行為の種類を選ばず・・・

アセンションとは、恐らく
この状態が常時 立て続けに続くものと
思われます。

真我に近いマッチョマンさんに
熱が冷めぬうちに御報告でした

P
日々是好日 (maccyoman)
2017-05-24 06:58:59
Pさん おはようございます

いやー楽しい話ですね。

そうですね。
スピリチュアル界隈で「アセンション」という「旗」がちょこちょこ立っていますが、そこに行っても何もない。
しかし気づけば、それを探している今:中・・にはある。
(これ、なかなか・・結構難しい・・自分がそれなんて、とんでも・とんでも・・笑)

全然つまらない表現ですが、それはまた、
<歪み切った>こころ・思考・マインドで覆われていた・・霧が晴れてくること・・です。ただそれだけ。

古い思考の溜まりの解放が、「ギヤオー!ドカン」と一気に来たり、
「え?、あれ?これってなに?」とゆっくり確実に来たり、それぞれですけれど。

近時記憶障害ですか。
自我とは、赤子で生まれる形で生じ、培ってきた「私個人という記憶の束」です。
認知症とされているのは、その記憶で出来た「自我」の崩壊プロセスと言えます。
なので、もう新たな枝葉の記憶は・・おなか一杯・・なんですかね(笑)。

ご存知のように、肉体機能が衰え、それに「合わせて」
魂・意識も引いてゆく。いわゆる体主霊従の典型的な時代でしたから。

しかし真我(神なる我)の・・輝き・・は、その意識の背後に確実に存在していますので、Pさんはそれを自他で観ているということです。

これって、面白くないわけがない。

でもそれにまた、心でこだわると、霧が出てくる、
霧とは・・こころ、思惑、計算、マインドそのものですから、それを観ているスタンスを保つ状態が重要でしょう。
中庸、今中、ただ在る・・、こころは流れる雲。

<アセンションとは、恐らく
この状態が常時 立て続けに続くものと
思われます。>
・・・・

得難い会話です、誠に有難うございます。
覚醒度50%?! (P)
2017-05-25 22:30:54
マッチョマンさん

最近の会話に、とても感謝しております。

いつもありがとうございます!

今日はまたまた、覚醒度が高かったです。

一方で、昨日は体調も含めて、今一・・・

ということは、50%くらいなんですかね。

地球創世時にエネルギー体としてやってきた

そのカルマというのは、地球の物理的霊的

アセンション と ひょっとすると 同期するのかも

しれません。

最近関わっている、高齢者様

大正9年9月9日生まれ ⇒ 999 ですね。

現在 97歳 二年後 99歳 うーん この頃なのか

2019年?アセンション?

認知症の御老人を癒す・・・ 自分が癒されていく・・・

人の為=自分の為 他者=自分

他者の癒しに目途がついたころ

自分もまた 全き覚醒にあるのか
目覚め半ば (maccyoman)
2017-05-26 05:23:39
おはようございます。

そうですか。

「覚醒度が高い」・・という感じがあるならば、
それはどういうところか・・と「感じる」ならば、

多分それは”落ち着き、静けさ”、安定した意識・・
そういうところからくるものでしょう。

・・・世の中で期待される特別な何か新しい物事、企画
特別な刺激的思考、感情・・ではないですね。
どっカーン・バッコーンではない(笑)

高揚する身体・感情的突き上げ、というのではなく、
敢えて言葉に出せば、
多忙な現代人に誤解を招くところの「静寂」です。
色即是空の空(くう)・・への気付き。
今までは、色々、あの色、この色色・色・・現象を追いかけるばかりだった。現代人はまるで色きちがい(大笑)

覚醒での生活とは、
人工的計算・打算思考の邪魔のない、由依自然そのまま状況との遭遇。

その時にこころの「ざわつき」が薄れているとでもいうのでしょうか。
それに気づいている感じ・・が覚醒度50%という表現でしょうか。

もっと簡単に言えば、こころが安定している・・。
車のドライブでいえば、安定して走行し、どんな不安も薄れた感じ。
鼻歌の1つも出る、いわゆるリラックスした意識状態は誰でも知っています。(^^♪・・・♪~(笑)
でもこれは”条件付けの、悟り(感覚)のようなものです。
・・・
条件なしで、そういう意識に在る・・ことは、
どこか「無限」に接続されている感覚でもあり、
その時々で常に、頭に?飛来する様々な思考や感情、それを観ている意識です。
これが今、≪最重要な修練≫と言えます。
・・・
気付いている、元のそれは静けさ・・です。

空無くして、色も生ぜず、
色無くして、空はおのれに気づかず

確かにPさんの言われていた、実践の時です。

いつも有難うございます。

Unknown (ちゃげこ)
2017-05-26 12:27:07
こちらで十牛図を読ませて貰った者です。
以前にもコメントを一度させて貰いました。
その節はありがとうございました。

十牛図の写経に始まり、
何週も十牛図を繰り返していまして
ようやく安心してありのままの自分をしていられるようになってきました。

大きな十牛図は終わったようなのですけれど、
まだまだきっと何週もまわって行くのだな、
と予感しています(笑)。

写真をするのですが、
その撮影前には静かに胸のチャクラが熱くなります。なんと幸せな事でしょうね。

素敵なブログを続けてくださっていて
本当にありがとうございます。
Unknown (maccyoman)
2017-05-27 06:02:30
ちゃげさん おはようございます

お久しぶりです。
なかなか面白いコメントですね。

そうですか、「十牛図の写経」ですか、どんな風でしょうか。
「大きな十牛図は終わり」 ましたか。
こころが静まってきたのは、かつての経験が故とも言えます。
「かつて」というのも変ですが、あなたは既にその道を知っているということです。
・・
「胸のチャクラが熱くなる」
そうですか、写真をおやりになる、その時に、
被写体の意識と、自分の意識との共感を感じるという事でしょう。
共感、共振、同じ波動、ベースは「意識」ですから。
Unknown (ちゃげこ)
2017-05-27 18:13:17
去年の10月辺りの十牛図の説明の時が写経でした。
写経、と言うのは心の体感も含めて一通り辿ったのです。
中身が至らず卒業は叶いませんでした(笑)。
最初から「写経」ありきだったようです。
瞑想をしている時に意識が入って来るのですが、
そこで「写経した理由は・・・」と言われたのです。
それで写経をしたのかぁ、と思っております。
螺旋を描くように似たような場面に何度も出くわしまして、
それで何度も回ってる気になっているのでしょうか。

大きな十牛図は終わったようです、と書いたのですが
「まだ途中」と言われました(苦笑)。
感謝の気持ちを一足早くお伝えしてしまったみたいです。

胸のチャクラが熱くなるのは共感、共振なのですね。
私は人生で「地球意識」を感じるために生きてきたらしいのです。
その答えみたいなものも頂きました。
そして今「森」を撮影しています。
マッチョマンさんの言葉に感得致しました。
ありがとうございます。
風雲急を告ぐ?! (P)
2017-05-27 21:43:29
マッチョマンさん・・・

話が全く変わるのですが

アメリカの北朝鮮攻撃

3隻目の空母配備から、本気で攻撃する可能性に

ついて、某ブログでも言われ始めています。

北朝鮮の難民が、日本に押し寄せる可能性・・・

日本の海岸線の膨大さから、現在の治安維持能力

では防ぎきれない

そうなった場合には自衛も必要になってきますね

実は最近、やたらに 空手の型 とか 合気道とか

やり始めたり、やろうとしたり・・・うーん予感なのか

あるいは、北朝鮮の日本の米軍基地の核攻撃の噂

少し前にありました。

全くいつどうなろうと 大して、心もざわつきませんが

マッチョマンさんの感じているところを

お伺いしたいです。

私は、

東南海地震もしくは南海地震

北朝鮮有事

劇的気候変動

いずれも 実は、リーチ状態ではないかって

思ったりしております。

P
堂々巡りが小さくなっている (maccyoman)
2017-05-28 06:46:56
ちゃげこさん
 なるほど、そうですか。
瞑想している時等、想いが色々出てきますね。
その中で、これはというもの(想い)を感じ取ろううとしているのでしょうか。
そうやって出来るだけ真実、純粋な想いに波長を合わそうとする修練のようなことをされているかもしれません。
・・・
十牛図の牛はマインド、こころのことです。
こころ(牛)に振り回されるのでなく、それを調教する必要性とその段階での、牛(マインド)はあれども暴れず、本来の平和な意識、至福が顕れるというプロセスのお話しですね。
・・・
確かに、
牛(マインド)が「あーだ、こうだ」と言うので、なかなかの堂々巡りもあるでしょう。

しかし、文面からお伺いするに、少なくとも、
あなたはその巡りに自分で気づいている。

何かを内面で言われること、あーそうか、そうかもと反応しますが、
・・ただ・・それに気づいている何かがありますね。
こころ(牛)がざわついたり、何かを言ったり、思ったりしますが、
あーそうか・・・と、受け流しする、
そうすることで、牛(マインド)は静かになってゆきます。
たとえば牛は田畑を耕す「必要な働き手」ですが、
主人に勝手に、あちこちうろつくことも暴れることも無くなる・・・当たり前のお話しです。

ここで勝手に紹介しているユーチューブの「ラマナ・マハルシとの対話」など聞かれてはいかがでしょうか。


大きなざわつき (maccyoman)
2017-05-28 07:33:13
Pさん おはようございます

たしかに世界がざわつき始めています。
気候変動もはっきりしてきて、また人類の一部の権力パワーもその意図というか、あからさまになってきていますね。かなりよく見えますよね。

人間世界の事は、偶然なんか有り得ず、全て意図で起きていますので、そこら辺から考えますと・・、

日本周辺の地勢のやばい動きも出てきています。
有事のための10か年計画?のようなものでしょう。
特に北朝鮮周辺は、地政学的に中・露・米・(韓~日)の交わる非常に敏感なところです。

変な意味でつぼ・・のようなもの。
これがまた、アフォなほどに、また出来過ぎのように反応が激しい(笑)
確かに、あんな悪ガキならば、やられても仕方ないかも・・といった、マインド上の雰囲気が醸成されていますね。
なので、とうとう・・かも?という集団感覚が出てきている・・ようです。
・・・
しかし、
ここは全体を刺激するための、1つの敏感な経絡上の<つぼ>と思われます。
つぼは、往々にして、その目的箇所の真反対、あるいは遠くにあるものでしょう。
なので、多分ですが・・今のところ、一気にツボ自体をこわすことはないかと思います。中規模の騒ぎが起きるかどうか・・?は考えられます。
2-3年は機器の需要ならぬ、危機の需要が期待できる(笑)。実に愚かな事ですが。
・・・
確かに、
日本周辺有事の可能性も含め、気象変動、宇宙関連情報のディスクローズ(例えばこーりー・グッド情報)などの、色々な事象が「リーチ」状態という感じはあります。
リーチ・一発、つも(喜!)・・で淡々と大人しくゲーム終了ならば良いですが、ちゃぶ台ならぬ、麻雀卓ひっくり返すことになれば、これは予言されていたような事象、大変なことになるでしょう。

どう思いますか?
Unknown (ちゃげこ)
2017-05-28 11:51:06
マッチョマンさんの深い洞察に感服致しました。

十牛図に関するこだわりも取れたみたいで
完成しようとしまいとどちらでも
自分であるだけだ、と心持ちも変わって来ました。

本当にありがとうございます。
連投をお許し下さい。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む