知行合一

思っていることを書き留めたい。
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/maccom1

激シブ

2017-06-17 15:17:34 | フライフィシング

鬼怒川もアユ解禁になりました。

ヤマメ釣りの私たちは、早朝と夕方しか、川での過ごせる時間がありません。

いずれにしろ、真昼間、アユ釣りのど真ん中で頑張っても、釣れないでしょうけど?

いいわけですが、また、管理釣り場に行ってきました。

しかし、今日の池は釣れない。

20年ぶりに、坊主で退散しなくてはならないか?と思いました。

最初、ドライで1尾かけて、ばらしてから釣れないこと、釣れないこと。

自作インジケーターのテストもしたのですが、使える品物ではないことが分かりました、ライントラブルが頻繁に起きる駄作でした。

とりあえず、ビーズヘッドニンフで1尾。(ひと安心)

あとは、トラウトガム引っ張り出したり、ソフトハックル引いたり、また、ドライに戻ったり。

トラウトが、すぐにフライに飽きてしまい、延々とローテーションしていかないと反応すらないのです。

お隣さんが、トイレ休憩なのか?食事休憩なのか?わからないけど場所を開けたすきに、キャスト。

お隣さんの前に2本の注水管があって、新鮮な水が池に供給され続けているのです。

その場所だけが、魚の活性が上がっているから、反応が最高に良い。

お留守の間に、5尾ほど釣らせていただきました。

今日は、池の周りを1周回ってきたのですが、あの場所だけ、生命感があり、その他は死んでました。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 爆竹 | トップ | 創薬専用のAI開発 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

フライフィシング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL