ある日のmacchan

ワイン&グルメ、旅の記録

ブルゴーニュ地方の赤ワイン

2017年05月17日 | ワイン
黒木都先生のワインスクール「ボワノワール」の「フランス専科」

「ブルゴーニュ地方の赤ワイン研究」

【講義内容】
1.ブルゴーニュ
  ①テロワール
  ②ブルゴーニュ地方ワインの最大の特徴
  ③格付け
2.ブルゴーニュ各地区別ワイン
3.コート・ドールの村

コート・ドールで忘れている村名がありました。地図上の位置はもっとあやふや(汗)勉強し直さなければ!

4種類をブラインド・テイスティング

2つずつ順番に、2つの違いを探っていきます。



生産者は4つとも同じ。ヴィンテージは同じものをお願いしてあったのに、直前になって1種類だけ変わっていたそうです。残念。

外観はどれも似ていますが、4番目は黒い色調が少し入っています。

【1番目と2番目】ACブルゴーニュと村名AOCとの違い
村名の方が格が上なのにACブルゴーニュの方がブルゴーニュのピノ・ノワールらしくて好みでした。普段飲みならACブルゴーニュで十分楽しめます。しかしながら、3番目と4番目をいただいてから戻ると、すごくシンプル!スルスル飲めてしまいます。

【2番目と3番目】村名AOCとプルミエ・クリュの違い
プルミエ・クリュの方が凝縮感と複雑さを感じ、格の違いが明らかに違いました。

【3番目と4番目】村名違い どちらもプルミエ・クリュ
ワインとしては4番目の方が好み。しかし若いというか閉じています。力強さとポテンシャルを感じますからもう数年してから飲んだ方が美味しいかも。3番目は本当に飲み頃のバランスの良いワインです。

このような飲み比べ、お家ではなかなか出来ません。

面白い飲み比べが出来てよかったです。



【生産者】Faivrey フェヴレ
【ぶどう品種】ピノ・ノワール100%

Bourrgogne Pinot Noir ブルゴーニュ・ピノ・ノワール 
【生産地域】AOC Bourgogne
【収穫年】2014年

Mercurey メルキュレ
【生産地域】Aoc Mercurey
【収穫年】2015年

Mercurey 1er Cru Clos des Myglands (Monopole)メルキュレ プルミエ・クリュ クロ・デ・ミグラン(モノポール)
【生産地域】AOC Mercurey 1er Cru
【収穫年】2014年

Beaune 1er Cru Clos de l'Ecu (Monopole)ボーヌ プルミエ・クリュ クロ・ド・レキュ(モノポール)
【生産地域】AOC Beaune 1er Cru
【収穫年】2014年



CHAROLAIS シャロレ(山羊乳、シェーヴル、ブルゴーニュ圏)
MIMOLETTE JEUNE ミモレット・ジュンヌ(牛乳、ハード、ロレーヌ圏 )
COMTE 8MOIS コンテ 8ヶ月(牛乳、ハード、フランシュ・コンテ圏)

チーズはワインを邪魔しないよう若いものが揃えられていました。

シャロレとても美味しい!シェーヴルが美味しい季節になってきましたね♪

黒木先生、皆さん、有難うございました!
ジャンル:
お酒・お茶
この記事についてブログを書く
« ビンタエ VINTAE | トップ | イルフェボウ »
最近の画像もっと見る