年々歳々 ささやかな日常

「年々歳々 花相似たり 歳々年々 人同じからず」
日常の身辺些事を画像とともに

千羽鶴の処分

2010-03-17 | Weblog
そのままゴミとして処分しては罰が当たりそうな気がして・・・
神社で尋ねてみました。
以前、この神社で千羽鶴を“お焚き上げ”していただいたことがあるからです。

今は「神社より授与された神札類のみに限定」しているそうです。
(正月飾り、人形、ぬいぐるみ等は不可)

でも親切に手順を教えてくれましたョ。
「塩でお清めして、お酒を振りかけて、『ありがとうございました。』と感謝を込めて」焼却または廃棄処分するのだそうです。


(2010/3/17 さいたま市浦和区 調神社)ここにもいたんだね。うさぎ。 

なかなか物が捨てられません。 
結局、娘の千羽鶴は、あと数年物置に保管しておくことになりそうです。
まぁ今となっては、厄除けのお守りみたいなものですね。 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「埼玉 地主 折原」で検索... | トップ | 春 彼岸 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事