笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

小説家が語るミステリ

2012年11月28日 | 小説
小説「二流小説家」を読みました。

著者は デイヴィッド・ゴードン

作家のハリーはシリーズ物のミステリ、SF、ヴァンパイア小説の執筆で何とか食いつないできた
そんなある日、連続殺人鬼より告白本の執筆を依頼されために服役中の刑務所に面会に向かうのだが・・・

なかなか構成が面白くて

ハリーと殺人鬼ダリアン、ハリーとダリアン信奉者たちの関係
過去の殺人の真相、新たに起こる殺人事件

そこに ハリーの小説作品の抜粋が入ったり
文学論が語られたりと…

かなり 入り組んだ内容
しかし その凝り具合が良かったですね

ただ ミステリとしては そこまでの堪能感は薄く
真相もあっけなく といった感じが

とはいえ、ストーリー展開の巧みさが冴え渡り
エンタテインメント作品として楽しめました。

私的評価:4
    さまざまな要素が入った構成が面白かった
    海外モノらしさもあり!

ちなみに このミステリーがすごい!、週刊文春ミステリー、ミステリが読みたい など
多くの賞を受賞しています


それでは、また




『小説』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あらためて ウディ・アレンを! | トップ | 野球と娘と向き合いながら、 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『二流小説家』 (一寸の虫に五寸釘)
久しぶりのハヤカワポケミス。帯の「史上初、三冠達成!:このミステリーがすごい(2012年版 海外編)週刊文春ミステリーベスト10(2011年 海外部門)ミステリが読みたい!(2012年版 海外編)」につられて購入。個人的には好みなのですが、帯にあるほど万人受けするとは....
デイヴィッド・ゴードン「二流小説家」 (読書と映画とガーデニング)
訳・青木千鶴 早川書房 2011年3月 発行 2012年1月 10版発行 451頁 ポケットブック版、2段組み 1週間はかかると思っていましたが、海外ドラマのようでテンポよく、意外に早く3日間ほどで読み終えました ニューヨーク在住のしがない中年作家、ハリ....
デイヴィッド・ゴードン「二流小説家」 (Sixteen Tones)
David Gordon "The Serialist" 青木千鶴訳 早川書房 (2011/03) 昨年度の海外ミステリベストテンの類いで三冠の作品. テンポが遅く,半分くらいでやっと殺人.解決したと思ってからがまた長い. 主人公の二流小説家(原題を直訳すると,「連載小説家」らし....
(書評)二流小説家 (新・たこの感想文)
著者:ディヴィッド・ゴードン 翻訳:青木千鶴 二流小説家 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)(2011/03/10)デイヴィッド・ゴードン商品詳細を見る ミステリ、SF、ヴァンパイアにポルノ……。名を換え、ジ...
「二流小説家」 デイヴィッド・ゴードン  (映画と本の『たんぽぽ館』)
ミステリにおいても、心情においても、トクマル!! 二流小説家 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)青木千鶴早川書房                * * * * * * * * * * ちょっと見た目が地味なこの本なのですが、 このミステリがすごい! 2012年版...
「二流小説家」デイヴィッド・ゴードン ハヤカワ・ポケット・ミステリ (空耳 soramimi)
最近大当たりで面白い本にばかり出会っている。おかげでテレビの録画がたまって、容量が残り少なくなっている。 語り手(ハリー・ブロック)は、ミステリ、ポルノ、ヴァンパイア小説、SFなどを生活のために書いてきた。ジャンルが変われば名前も変えて、やっと糊口...
『二流小説家』 デイヴィッド・ゴードン(著), 青木千鶴(翻訳) (じゅうのblog)
「デイヴィッド・ゴードン」の長篇ミステリ作品『二流小説家(原題:The Serialist)』を読みました。 [二流小説家(原題:The Serialist)] 翻訳当時に、国内では翻訳ミステリー大賞候補となったほか、「このミステリーがすごい! 」(宝島社)、「ミステリが読みたい! ...
『二流小説家』 デイヴィッド・ゴードン(著), 青木千鶴(翻訳) (じゅうのblog)
「デイヴィッド・ゴードン」の長篇ミステリ作品『二流小説家(原題:The Serialist)』を読みました。 [二流小説家(原題:The Serialist)] 翻訳当時に、国内では翻訳ミステリー大賞候補となったほか、「このミステリーがすごい! 」(宝島社)、「ミステリが読みたい! ...