笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

あの後の話とは、

2013年07月24日 | 小説
小説「カラマーゾフの妹」を読みました。

著者は 高野 史緒

あの「カラマーゾフの兄弟」の続編を描くという
その事件の真犯人までを書いたミステリー

この発想というか、やり方は斬新で!

いろいろと賛否ありそうだが
その手法があったかというか・・・

ちなみに乱歩賞受賞作

で!
肝心のストーリーは 文章的にも悪くないのだけど いまいち引き込みが薄いかな

元があるだけに だが
そこまで人物たちに魅力を感じなかったし、もっと人物描写があればなぁと

まぁ 僕は元の「カラマーゾフの兄弟」を読んでないのであまり言えないけど笑

ミステリとしては「カラマーゾフの兄弟」からの問題をしっかりと尽き
かなり考えられていて、論理的に読ませますね

総じて この発想は凄いし チャレンジングだが
面白味には少し欠けたかなぁと

私的評価:2+
    知らなくても読めたけど、やはり「カラマーゾフの兄弟」を読んだ後に読んだ方が楽しめますね
    全体の文章、読ませる力はあるなぁと

展開としては けっこう多様があり!
カラマーゾフの兄弟、読んでみたくなりましたね


それでは、また











『小説』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 虫、オンリーの世界で! | トップ | 彼らの学生時代を! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
カラマーゾフの妹 高野 史緒 (花ごよみ)
カラマーゾフの妹 この小説は、今放送されているTVドラマ、 「カラマーゾフの兄弟」を 見ていたので読み易かったです。 ちょうどいいタイミングでした。 TVドラマでは 長男ミーチャに相当する満を斎藤工、 次男イワンに相当する勲を市原隼人、 三男アリョーシャ....
(書評)カラマーゾフの妹 (新・たこの感想文)
著者:高野史緒 カラマーゾフの妹(2012/08/02)高野 史緒商品詳細を見る 不可解な「父殺し」事件から13年。父殺しの犯人として逮捕された長男・ドミートリーは既になく、関係者もそれぞれの生活を築い...
高野史緒 『カラマーゾフの妹』 予想だにしなかった「父殺し」の真犯人!イワンが挑む驚愕の推理とは? (日記風雑読書きなぐり)
2007年、亀山郁夫訳『カラマーゾフの兄弟』を一読してあったものだから、このコピーはなんとも魅力的なものでした。話題騒然の本年度江戸川乱歩賞受賞作!! あの世界文学の金字塔には、真犯人がいる。 世界文学の最高峰として名高い『カラマーゾフの兄弟』には第二部が...
「カラマーゾフの妹」~甦るドストエフスキーの遺志 (酔生夢死浪人日記)
 傍目には独裁者と映るプーチン大統領だが、晩年のソルジェニツィンは?ロシア的君主の理想像?を見いだして支持した。風土と伝統に根付く指導者であることは間違いない。プーチンは3・11直後、「アメリカの半値で天然ガスを融通する用意がある」と日本に提案する。属州に...
小説 高野史緒 『カラマーゾフの妹』 (向う岸)
カラマーゾフの妹高野 史緒講談社 父フョードルを殺害した罪で長男ドミートリーは有罪となった。 実行犯はスメルジャコフ、立案は次男イワンとされているが、 真相解明のために、イワンは再捜査を開始する。 父フョードル、ラチーキン、ネリュードフ、ゾシマ長老を ...