笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

それぞれの波紋

2012年06月15日 | 小説
小説「桐島、部活やめるってよ」を読みました。

著者は 朝井 リョウ

バレー部のキャプテン、桐島が部活を辞めたことで起きる
それぞれの波紋、模様を描いていく。

5人の視点からなる構成で
人物たち、部活が絡み合って登場してきます

非常にリアルで…
若者、10代の今が見えてくるなぁと!

高校、学校ならではのストーリーというか
学校、グループが全てという世界 この特殊性が活きてますね

ただ、部活のキャプテンが辞めただけのことですが
それは そこに関わる学生にとっては大きな事なわけで…

影響していく人々

ストーリーとして散漫な部分
全体として まだ荒い部分もあるのはわかりますが

私的には伝わるものがありました

私的評価:4+
    いわゆる青春モノですね
    最後まで当人 桐島が出てこないのが良いですね

賛否あるのはわかりますね…
しかし これがデビュー作で、19歳の時の作品なのだから凄い!


それでは、また







『小説』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新たな飲み! | トップ | 笑う学生の就活 ~ 少しずつ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
朝井リョウ『桐島、部活やめるってよ』 (itchy1976の日記)
桐島、部活やめるってよ朝井 リョウ集英社 今回は、朝井リョウ『桐島、部活やめるってよ』を紹介します。桐島という生徒がバレー部を辞めたということによる、5人の生徒(菊池宏樹、小泉風助、前田涼也、沢島亜矢、宮部実果)にどういう影響を及ぼしたのかということがポイ...
桐島、部活やめるってよ (どくしょ。るーむ。)
著者:朝井 リョウ 出版:集英社 感想: 『桐島、部活やめるってよ』は部活をテーマにオムニバス形式で綴られる青春小説。 冒頭で「桐島が部活をやめる」と告げられ、それ以降は桐 ...
『桐島、部活やめるってよ』朝井リョウ (ふるちんの「頭の中は魑魅魍魎」)
ピューリッツァー賞受賞の「ザ・ロード」どうしても途中までしか読めない。頭が悪いせいなのかこういう物語が全く脳の入っていかない。従って同じ作者の「ブラット・メリディアン」を読もうと思っていたのをやめることにした。勿論面白いと思う人は多いのだと思う。書評....
「桐島、部活やめるってよ」 感想  朝井リョウ  (ポコアポコヤ)
桐島という少年はみんなの話題に出るだけで、彼自身の話は出て来ません。
桐島、部活やめるってよ(朝井リョウ) (Bookworm)
第22回小説すばる新人賞受賞作。
朝井リョウ 桐島、部活やめるってよ (マロンカフェ ~のんびり読書~)
バレー部の「頼れるキャプテン」桐島が、突然部活をやめた。それがきっかけで、田舎の県立高校に通う5人の生活に、小さな波紋が広がっていく…。野球部、 バレー部、ブラスバンド部、女子ソフトボール部、映画部。部活をキーワードに、至るところでリンクする5人の物語。...