笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

尊厳死問題の中で・・・

2013年11月15日 | 2013年 映画 レビュー
3日のことですが、映画「眠れる美女」を鑑賞しました。

昏睡状態に陥った娘を看病する女優、自殺願望を抱えた女と対峙する医師
妻の延命を止めた過去を持つ政治家と彼を憎む娘、尊厳死問題で揺れるイタリアを舞台に描かれる3つストーリー

3つのストーリーから見せる物語で
そこから見える生死、そして尊厳死の問題。

実際に起きた昏睡状態の女性エルアーナ・エングラーロの両親による
延命装置停止の訴えを認めた最高裁の認定の是非をめぐる問題が軸にありながらも

そこには深く触れずに、その影響と問題から見える実態
直接的に描かないからこそ見えるもの・・・

親子、愛、自殺、政治 さまざまな視点から、関わってきていて

ある種 メタファーというか、
別の物語だからこそ浮かび上がるもの

決してわかりやすい作品ではないけど

3つの物語から見せる構成の妙
こういう作りは好みですね

パンフレット:700円
      シンプルというか独特の表紙と作り
      レビューが多いのは良いね

私的評価:4
    尊厳死問題、それ以上の生死のドラマというか
    深く、さまざま考えながらも見せていきますね

面白いという感じではないけど
巧みな作りで なかなかでした


それでは、また








『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2つのストーリーが | トップ | その人が変えた野球 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「眠れる美女」第25回東京国際映画祭WORLD CINEMAアジアン・プレミア (ここなつ映画レビュー)
とても難しいテーマだと思いました。いや、今テーマに上ることが多い、「尊厳死」の問題を取り上げていて、それ自体は考え方や立場が異なる人々が様々に議論すれば良い事だと思います。しかし、ひとたびそこに宗教的な価値観が入ってくると、私にはさっぱり…もう、ギブア...