笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

べガスとマイアミ、NY

2015年05月10日 | 海外ドラマ
ドラマ「CSI:トリロジー」を見ました。

テレ東にて 4月30日、5月1日、7日にやってました

シリーズの特別版というか、SPと言っていいのかな
言ってしまえば、ベガス、マイアミ、NYのクロスオーバー

以前も、マイアミやNYが始まる前には2者でのクロスオーバーはありましたが
待望の3チーム 全てのというね

全3話で、ベガスのラングストンが 1話でマイアミで、2話でNYを訪れ合同捜査
3話目ではベカスに戻ってという

なので、ラングストンを主にベガス×マイアミ、ベガス×NYということで
マイアミ×NYはないし、まさに3者が揃うこともなく ちと拍子抜けも

とはいえ、こういうのは お祭りですからね
単純に楽しむべきかと

ストーリーも誘拐、連続殺人から地区をまたいでのという
ミステリーとしては普通だったかな

ただ、マイアミメンバーがラングストンをリスペクトしてる感じが強かったり
なかなか面白くて

NYではマックとの墓地での1対1でのシーンが印象深く
まさに演技派のローレンス・フィッシュバーンとゲイリー・シニーズの共演は痺れるね

後はやはり、マイアミやNYが懐かしくて
久々のホレイショですよ

NYも最近まで見てましたが、メンバーが違ったりとね

そして、こうして見ると特に思いますが
それぞれのカラーが出ているなぁとも

まぁ 正直 期待してたほどではなかったけど、こういう企画は良いですね


それでは、また









『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« PTAの確信的なヘンさ | トップ | 警察学校、ここにて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「CSIトリロジー」~独自性と普遍性が共存する秀逸なドラマ (酔生夢死浪人日記)
 務め人時代の後輩たちと新大久保でささやかな宴を開いた。笑いに満ちた楽しい時を過ごしたが、世知辛い年の瀬、負の感情が街に立ちこめている。  俺にとって憤りの対象は、またしても石原慎太郎都知事の発言だ。「同性愛者は何か足らない」……。アホ抜かせ! 同性愛...