笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

ただの学園ドラマではなき

2011年07月08日 | 日本ドラマ
ドラマ「鈴木先生」を見ました。

テレ東にて 月曜9時からやってました

いやー、クオリティの高いドラマでした
ここ最近見た ドラマでは 1番ともいえますね

原作ファンでもあるのですが
あのマンガの良さを壊すことなく 巧く実写化してました

そして、ドラマとしてもしっかり味付けがされていて
素晴らしかったです

まさに 今までにない学園ドラマ
触れずらいテーマを盛り込んだストーリー

照明、画質など良くて
OPも凝っていますね

いやはや、凄い
ホント、視聴率が悪かったのは悔やまれますね

主演の長谷川博己はまさにハマり役
そして 生徒たち皆が良かったですね

足子先生の後半での暴走は
怖かったですね・・・

大きく言えば 画期的なドラマでした
これはテレ東しか 作れませんね(笑)

総じて 大満足なドラマでした

原作的にパート2は難しいと思うが
SPドラマか映画に期待はしたいですね

OPの曲もイイ

ROCK'A'TRENCH - 光射す方へ




それでは、また

『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« きました、新曲!! | トップ | 生きる男 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

9 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「鈴木先生」 第10回(最終回) 光射す未来へ!教師の告白に涙の教室・・・  (トリ猫家族)
 さぁ、「鈴木裁判」再開だよ! てか、竹地(藤原薫)が議長に就任して、やっと本題に入れるよ。 「鈴木先生が「できちゃった結婚」することについて、罪があるのかないのか、み ...
幸せになろうよ&鈴木先生&グッドライフ最終回感想 (NelsonTouchBlog)
■幸せになろうよ最終回 なんかすげー最終回、というか主人公・香取慎吾の告白。。会社の中に勝手に入り込んで、「幸せにするなんてもう言わない、幸せになりたいんです!」って。。もう自分は見てて、黒木メイサがOKだしてふたり抱き合ったとき、思わず白い目で(笑)拍...
鈴木先生 LESSON.10(最終回)光射す未来へ!教師の告白に涙の教室… (レベル999のgoo部屋)
『光射す未来へ!教師の告白に涙の教室… 内容 鈴木先生(長谷川博己)の“できちゃった結婚”を巡り、 生徒たちにより、罪の有無を問う“鈴木裁判”が、ついに始まった。 竹地(藤原薫)が“議長”となり、発案者の丹沢(馬渕有咲)から話が始まる。 麻美(臼田あさ美...
【鈴木先生】第10話 最終回と統括 (ドラマ@見取り八段・実0段)
出来ちゃった結婚は、果たして罪なのか。 何が悪くて、何ならば許されるのか? 各家庭のプライベート、各家族のポリシーまで全部背負って、 若干14歳の子供たちが話し合う。 「鈴木裁判」に結論は出る...
(10)鈴木先生 (WEBLOG:e97h0017)
『?鈴木先生?』最終回( 2011年?テレビ東京=アスミック・エース?公式サイト▼ )監督:河合勇人 脚本:古沢良太 出演:長谷川博己、臼田あさ美、土屋太鳳、田畑智子、富田靖子、でんでんここにまたひとつ傑作ドラマが誕生した、といったところでしょうか。私はこれまで...
鈴木先生 最終回  (のほほん便り)
サブタイトル「光射す未来へ!教師の告白に涙の教室」… ついに始まってしまいました「鈴木裁判」。鈴木先生(長谷川博己)の“できちゃった結婚”を巡り、生徒が自らの意見を述べ、議論を戦わせます。 でも、なにげに竹地(藤原薫)が“議長”を、かってでたり、小...
鈴木先生 第10話(最終回) (エリのささやき)
赤面冷や汗のテーマを最後までクールに爽やかに終えた出演者に拍手。すごくいいドラマだったよ。
鈴木先生(2011年「鈴木先生」製作委員会) (Watch Your Step !)
4月からのドラマで唯一見ていたのがテレビ東京の「鈴木先生」 月曜夜10時放送。 キャッチフレーズは「誰も正解を教えてくれない、それが学校だ。」 鈴木先生 完全版 DVD-BOX (2011/09/07) 長谷川博己...
鈴木先生(2011年「鈴木先生」製作委員会) (Watch Your Step !)
4月からのドラマで唯一見ていたのがテレビ東京の「鈴木先生」 月曜夜10時放送。 キャッチフレーズは「誰も正解を教えてくれない、それが学校だ。」 鈴木先生 完全版 DVD-BOX (2011/09/07) 長谷川博己...