笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

ピクサー初の3D

2009年12月17日 | 2009年 映画 レビュー
8日のことだが、映画「カールじいさんの空飛ぶ家」を鑑賞しました。

ピクサー作品 長編10作目となります
今回は、3Dにて見ました。

やはり、おもしろい
もう ピクサーはホント 外さないですね

話題となっている、最初の追憶シーンも感動で
良いですね

風船で家ごと飛んでいく話なのですが 意外にも前半だけで
後半からは アドベンチャー まさに、ハラハラドキドキのおもしろさ

特に、犬の群れからの逃走劇と最後の救出劇
この2つのアクションもさすがです

また、カールじいさんやラッセル少年はもちろん
動物らのキャラもいい味で 笑わせてくれます

感動、笑い、アクション
アニメだからといってなめてはいけない  大人も楽しめる作品です

冒頭の短編も秀作です

パンフレット:600円
      しっかりとした作りで
      内容も良いです

私的好き度:4+
     下手な映画見るより 全然良いですね
     ただ、私的には「ウォーリー」の方が好きだったかな

3Dに関しては 立体的に見えるといった感じで
まぁ、あえて 3Dじゃなくても・・・とも思った
メガネをかける事で 暗くなり明るさ カラフルさが減るのも残念

まぁ、2Dでも3Dでも オススメであります


それでは、また
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 建物を通して | トップ | ターミネーターをドラマで »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL