笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

どんな三面記事でも、その裏側は、

2015年02月18日 | 小説
小説「三面記事小説」を読みました。

著者は 角田 光代

新聞の社会面に小さな記事として実際に掲載された事件を元に
書かれた6つの短編集

実際にあったといっても、その裏側、その向かう側は想像で
大かたはフィクションといっても良いかも

6つの事件、どれもが記事だけ読めば小さな事件
なぜ こんな馬鹿な事をと思うほどに

しかし、犯罪を犯すまでにはどんな小さい事件にもドラマがあるわけで・・・

まさにそこを突いたかのような
どの話も哀しく、人間というものの複雑さを感じる

角田さんの心理描写というか、その辺の巧さが冴え渡る

どれも程度はあるが 引き込まれ
なぜ犯罪へと走るのかをしっかりと読ませますね

どんな事件にもドラマがあり
ちょっと 三面記事の見方が変わるかも!

私的評価:3+
    全体としては暗く、好みは分かれるかも
    とはいえ この作りはなかなか面白いですね

八日目の蝉以来の角田作品となりましたが
もっと他作品を読んでいきたいですね


それでは、また


『小説』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 野田秀樹の才能、見たり | トップ | 恐ろしき、女たちよ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
三面記事小説*角田光代 (+++ こんな一冊 +++)
三面記事小説(2007/09)角田 光代商品詳細を見る バリケードのような家に住む姉夫婦、妻殺害をネットで依頼した愛人の心の軌跡…。誰もが滑り落ちるかもしれない記事の向こうの世界。現実がうみおとした6つの日常のまぼろしを、鮮やかに描いた小説集。 「愛の巣」「ゆ...