笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

再び、全員悪人

2012年10月18日 | 2012年 映画 レビュー
9日のことですが、映画「アウトレイジ ビヨンド」を鑑賞しました。

「アウトレイジ」の続編!

今回も前作と同じく 全員悪人
暴力エンターテイメントを見せてくれましたね

今回は前作よりはストーリーがある感じだったかな
とにかく言葉、台詞の言い合いというか

その罵倒の凄さったら!!

新たなキャストを加えて より人間関係が描かれ
裏切り、復讐の連鎖・・・

ただ 今回は殺しのシーンは少なく
前作にあった様々な殺し描写はなく 残念でしたね

とはいえ あのバッティングセンターのシーンは
流石でしたね 笑

キャストでは前作からの小日向文世の巧みさ、加瀬亮の追いつめられっぷり
今回からの塩見三省の怖さ・・・

そして やはり たけしさんの存在感は凄い
大友の優しさ、哀愁がなんともイイですね

パンフレット:800円
      内容たっぷりで
      レビューがしっかりあるのも良い

私的評価:3+
    何も考えず 凄みで・・・ 楽しめますね
    ただ 私的には前作の殺し、カオス感の方が好きだったかな

また 続編はあるのかな・・・


それでは、また




『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2人のある計画、 | トップ | 1人旅 〜 広島編 2 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
下劣な男たちの カッコ悪くも カッコいい生き方 (zebra)
2013-03-18 22:57:32
裏切り 陰謀 罵声 前作もよかったが 今回の続編もよかったです。

加藤のやり方で 昔からの古参幹部たちは 新参の石原に冷遇されても なんとも思わず ないがしろにし過ぎたのが かえって 組の結束が弱くなったことが 三王会が衰退のきっかけだったようにもおもえました。


 花菱会(関西)で 神山繁さん演じた会長 重鎮ならではの 心理掌握話術が 巧みでした。 敵の組の古参幹部が協力してきたってコトは 三王会は "結束力が弱くなっとるわ"と 見抜いて あざ笑ってたに違いない。 
 
加藤にも 
「一度人を裏切ったやつは 何回でも裏切りよる」
こう言って 加藤は疑心暗鬼にさせ・・・むろん 石原や他の幹部組員は おそらく今後やってただろうし、言うとおりなのでしょうが・・・
 自分も前会長の関内を射殺した経緯があるため とうぜん組員を信用ができなくなる・・・
 この一言で 完全に バラバラになった三王会の結束は元通りに戻らなくなったと見ていいでしょうし。

組がつぶれた者同士で結束した大友と木村。
奇妙な結束でしたが おたがいわだかまりが なくなってたので ほんのちょっぴりの"美しさ"を感じました。

最も下劣な男は なんといっても 小日向文世さん演じたマル暴の片岡でしたね・・・こいつには 下劣すぎて ムカムカです。 
zebraさんへ (リバー)
2013-03-24 00:02:25
コメント ありがとうございます。

絡み合う人間関係
怒濤の会話、罵声、そして 殺し

流石 たけしさんですね

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

22 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
アウトレイジ ビヨンド  監督/北野 武 (西京極 紫の館)
【出演】  ビートたけし  三浦 友和  小日向 文世  加瀬 亮  中野 英雄 【ストーリー】 5年前の抗争を経て、暴力団・山王会は若頭だった加藤が会長の座につき、政界をも恐れさせる巨大組織になっていた。今では大友組の金庫番だった石原が若頭として山王会を牛耳っ...
『アウトレイジ ビヨンド』 やさしい漫才映画 (映画のブログ)
 「日本人は想像力を使えなくなっている。映画では前より倍しゃべって説明しないとダメになった」  かつて、極めてセリフの少ない映画を撮っていた北野武監督が、こう語っている。  「テレビでさえ吹き...
アウトレイジ ビヨンド (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(F) バッティングセンターの新しい利用方法とは(笑)
映画 『 アウトレイジ・ビヨンド 』 (カチハヤのシナリオ日記)
ネタバレするぞ、バカヤローコノヤロー!
アウトレイジ ビヨンド (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】 皆悪人。がキャッチコピーだから、悪
アウトレイジ ビヨンド/ビートたけし (カノンな日々)
北野武監督によるバイオレンス・ムービー『アウトレイジ』のまさかの続編です。続編の製作は最初から構想にあったのか、それとも前作のヒットを受けてこれなら確実にヒットが見込 ...
アウトレイジ ビヨンド (Akira's VOICE)
ハリウッドよ、これが日本のヤクザだ。  
「アウトレイジ ビヨンド」:たまにはヤクザ映画を (大江戸時夫の東京温度)
映画『アウトレイジ ビヨンド』(英語的には“Beyond Outrage”=激怒
アウトレイジ ビヨンド (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
映画 アウトレイジビヨンド オリジナル・サウンドトラッククチコミを見るヤクザ社会の壮絶な下剋上のその先を描く「アウトレイジ ビヨンド」。ヤクザ社会と政治の世界は実に良く似 ...
アウトレイジ ビヨンド (映画的・絵画的・音楽的)
 『アウトレイジ ビヨンド』を渋谷TOEIで見てきました。 (1)ビートたけし監督の作品はこれまでも随分と見ていることもあり、特に前作の『アウトレイジ』が面白かったので、遅まきながら映画館に出かけてみました。  物語は、警察官の死体の入った乗用車を海から引き....
『アウトレイジ ビヨンド』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「アウトレイジ ビヨンド」□監督・脚本 北野 武 □キャスト ビートたけし、西田敏行、三浦友和、加瀬 亮、中野英雄、松重 豊、       小日向文世、高橋克典、桐谷健太、新井浩文、塩見三省、中尾 彬、       神山 繁、...
もっと 「悪いやつら」 〜『アウトレイジ ビヨンド』 (真紅のthinkingdays)
 服役中の大友組元組長・大友(ビートたけし)は、マル暴刑事片岡(小日向 文世)の企みで仮出所する。片岡は、関西を牛耳る花菱会と、関東の山王会 に抗争を仕掛けようと画策していた。出所した大友は、...
「アウトレイジ ビヨンド」復讐を手助けした先にみた本当に復讐すべき相手への復讐劇 (オールマイティにコメンテート)
「アウトレイジ ビヨンド」(R15+指定)は2010年6月に公開された「アウトレイジ」の続編で、刑務所を出所した元やくざが復讐のために一肌脱ぎ抗争を起こして復讐していくストー ...
アウトレイジ ビヨンド (だらだら無気力ブログ!)
今回も「コノ野郎!」の嵐
アウトレイジ ビヨンド (映画三昧、活字中毒)
■ ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞アウトレイジ ビヨンド 2012年/日本/112分 監督: 北野武 出演: ビートたけし/西田敏行/三浦友和/小日向文世/加瀬亮 公開: 2012年10月06日 公式サイ...
『アウトレイジ ビヨンド』 言葉の抗争劇 (Days of Books, Films )
Outrage Beyond(film review) フレンチ・ノワール『そし
【アウトレイジ ビヨンド】完全続編で最終回だぜコノヤロウ! (映画@見取り八段)
アウトレイジ ビヨンド 監督: 北野武 出演: ビートたけし、西田敏行、三浦友和、加瀬亮、中野英雄、松重豊、小日向文世、高橋克典、桐谷健太、新井浩文、田中哲司、名高達男、光石研、井坂俊哉、塩見三省、中尾彬、中原丈雄、神山繁 公開: 2012年10月6日   201...
『アウトレイジ ビヨンド』 (ラムの大通り)
----この映画、 前作で死んだはずの大友(ビートたけし)が また出ていることで話題になったよね。 どうやって生き返らせたんだろう? 「ほんと、そう思うよね。 何ヶ月か前、 どこかで 『男たちの挽歌II』方式と書かれたものを読んだこともあり、 てっきり双子の弟が出て...
「アウトレイジ ビヨンド」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 )
2012年・日本/オフィス北野配給:ワーナー・ブラザース、オフィス北野 プロデューサー:森 昌行、吉田多喜男監督:北野 武脚本:北野 武撮影:柳島克己衣装:黒澤和子編集:北野 武、太田義則音楽:鈴木慶
アウトレイジ ビヨンド (ダイターンクラッシュ!!)
2012年10月7日(日) 19:20〜 TOHOシネマズ川崎2 料金:0円(フリーパスポート) 『アウトレイジ ビヨンド』公式サイト フリーパスポート26本目。 相変わらず、「この野郎!」「バカ野郎!」と、一部のプロレスラーのように語彙が貧困なので、頭が悪くなってくるが...
アウトレイジ ビヨンド (銀幕大帝α)
2012年 日本 112分 犯罪/ドラマ/アクション R15+ 劇場公開(2012/10/06) 監督:北野武『アウトレイジ』 脚本:北野武 編集:北野武 出演: ビートたけし『アウトレイジ』・・・元大友組組長 大友 西田敏行『黄金を抱いて翔べ』・・・花菱会若頭 西野 三浦友....
アウトレイジ ビヨンド (のほほん便り)
前作に続き、バンバン、容赦なく人が死んでいく、ハード・バイオレンスでした。 「全員悪人」って言えてますよね。乾いたタッチでテンポよく、ここまで徹すると、エンタメです。 でも、殺しのバリエーションは前作の方がバラエティ豊かだったかな? ほぼ全編、撃つ...