笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

マーニーは永遠に

2014年08月24日 | 2014年 映画 レビュー
18日のことですが、映画「思い出のマーニー」を鑑賞しました。

札幌に暮らす12歳の心を閉ざした少女 杏奈はぜんそくの療養を目的に親戚がいる海沿いの村にやって来た
そんなある日、誰もいない屋敷の窓にきれいなブロンドの少女マーニーが姿を見せ、友達となるのだが・・・

スタジオジブリの新作

まずは 今までのジブリとは違う作風というか展開で
それは宮崎駿の引退があり、彼が関わっていないというのが大きいともいえるかも

そんなジブリの中心を失ったともいえる中での本作は・・・

正直 あまり期待してなかったのですが
その画やクオリティは相変わらず高く! 

ある種のジブリらしさは そこまでなく薄かったのですが
逆に新しい風というか、今までになかった良さがあり

ミステリではないけど二転三転する展開、真相は・・・
マーニーとは何者なのかという

若干の予想はつくとはいえ、なかなか魅せてくれて
練られた脚本が面白かったですね

この感じは宮崎駿にはないなぁと

少女の瑞々しさは なんとも良くて
アニメらしさがあり

私的には予想以上に良かったですね

パンフレット:620円
    この値段にしては なかなか良い作りというか
      なかなか悪くないかと

私的評価:4+
    これが新たなジブリの始まりなわけで
    これは成功だろうと

後半にかけての真相をめぐる模様は凄かったですね


それでは、また




『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ローマ環状線の人々 | トップ | 今回は大学 自転車部で! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

21 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
思い出のマーニー  監督/米林 宏昌 (西京極 紫の館)
【声の出演】  高月 彩良 (杏奈)  有村 架純 (マーニー)  松嶋 菜々子(頼子) 【ストーリー】 心を閉ざした少女杏奈は、ぜんそくの療養を目的に親戚が生活している海沿いの村にやって来た。そんなある日、彼女の前に誰もいない屋敷の青い窓に閉じ込められた、....
思い出のマーニー (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
両親を亡くして孤独な12歳の少女が不思議な体験をして大人への一歩を踏み出す。その不思議な体験は同じくらいの年齢の金髪の少女との出会いで、それが夢のなかで進行しているようだ。現実と夢を区別しないで見ると美しい映像と巧みな物語に感動する。
思い出のマーニー~アンナとスケッチの女王 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原作英題:When Marnie Was There。ジョーン・G・ロビンソン原作、スタジオジブリ作品、米林宏昌監督。(声)高月彩良、有村架純、松嶋菜々子、寺島進、根岸季衣、森山良子、吉 ...
「思い出のマーニー」 鬱々としたトーンに戸惑った (はらやんの映画徒然草)
「借りぐらしのアリエッティ」で監督デビューし、宮崎駿さんが引退した今、スタジオジ
「思い出のマーニー」(1回目) (或る日の出来事)
こういうのに弱いんよ! もーダメ。(泣)
映画 思い出のマーニー (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画    マーニーの正体は、想像通りのものでした。   しかしながら、原作では欧州の舞台なのに   映画は、北海道にして、主人公である佐々木杏奈の   眼の色を青くした...
思い出のマーニー (映画好きパパの鑑賞日記)
ジブリ映画の新作で、宮崎駿監督の引退宣言のあと、有力後継者として目される米林宏昌監督の手腕が注目されているのですが、正直、いま一つ。登場人物に魅力を感じられず、感情移入できませんでした。  作品情報 2014年日本映画 監督:米林宏昌 声の出演:高月彩...
『思い出のマーニー』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「思い出のマーニー」 □監督 米林宏昌□脚本 丹羽圭子、安藤雅司、米林宏昌□原作 ジョーン・G・ロビンソン□キャスト(声) 高月彩良、有村架純、松嶋菜々子、寺島 進、根岸季衣、黒木 瞳■鑑賞日 7月27日(日)■劇場 TOH...
『思い出のマーニー』米林宏昌監督、高月彩良、有村架純 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。『思い出のマーニー』監督 : 米林宏昌 原作:ジョーン・G・ロビンソン脚本:丹羽圭子/安藤雅司/米林宏昌物語・心を閉ざした少女杏奈(高月彩良)は、ぜんそくの療養を目的に親
『思い出のマーニー』 宮崎駿抜きでジブリは変わる? (映画のブログ)
 正直、『思い出のマーニー』には驚いた。  こんなやり方で来るとは思わなかった。  私は宮崎駿ファンである。高畑勲ファンでもある。宮崎駿、高畑勲両氏のかかわった作品なら観たいと思う。制作会社が東映動画だろうがAプロダクションだろうが日本アニメーション...
思い出のマーニー (Akira's VOICE)
彼岸からのプレゼント。  
思い出のマーニー ★★★★ (パピとママ映画のblog)
『借りぐらしのアリエッティ』などの米林宏昌が監督を務め、ジョーン・G・ロビンソンの児童文学を映画化したファンタジーアニメ。北海道を舞台に、苦悩を抱えて生きる12歳の少女杏奈と彼女同様深い悲しみを心に宿すミステリアスな少女マーニーとの出会いを描写する。『ジ....
思い出のマーニー (映画的・絵画的・音楽的)
 『思い出のマ―ニー』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)『借りぐらしのアリエッティ』を制作した米林宏昌監督によるスタジオジブリ作品(注1)ということで、映画館に行ってきました。  米林監督の前作は、メアリー・ノートン作『床下の小人たち』を日本の東京郊外...
記憶の中のあなた~『思い出のマーニー』 (真紅のthinkingdays)
 札幌に住む孤独な12歳の少女・杏奈は、喘息の療養のため、遠縁が暮らす 道東の田舎町でひと夏を過ごすことになる。入り江に面した旧い屋敷に惹かれ た杏奈は、マーニーと名乗る金髪の少女と出逢う。  宮崎駿引退後、初のスタジオジブリ作品。『借り暮らしのアリ...
「思い出のマーニー」自分のルーツを知った先にみた想いを託した祖母の愛情 (オールマイティにコメンテート)
「思い出のマーニー」は心を閉ざした少女が夏休みに自然の多い田舎で過ごす事で自分のルーツを知り自分の存在意義を取り戻していくストーリーである。誰もが生まれたルーツがあり ...
映画:思い出のマーニー 少女が一生忘れられない ひと夏のメモリー、そして成長。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
観賞直後の一言感想=「借りぐらしのアリエッティ」に似たトーンだな... で、さっそく調べてみると... 監督の米林氏が「アリエッティでやり残したことがある。もう1本、映画を作りたい」と話したことがきっかけだという。 その時点で米林監督は原作を決めていなかった...
「思い出のマーニー」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2014年・日本/スタジオジブリ配給:東宝 英題:When Marnie Was There監督:米林宏昌原作:ジョーン・G・ロビンソン脚本:丹羽圭子、安藤雅司、米林宏昌作画監督:安藤雅司美術監督:種
思い出のマーニー・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
永遠の愛が、宿るところ。 「借りぐらしのアリエッティ」の、米林宏昌監督による長編第二作。 原作は英国の作家、ジョーン・G・ロビンソンの児童文学で、舞台を北海道の架空の街に変更し、心と体に傷を抱えた12歳の少女杏奈と、謎めいた少女マーニーとのひと夏の交流...
思い出のマーニー (銀幕大帝α)
2014年 日本 103分 ファンタジー/青春/ファミリー 劇場公開(2014/07/19) 監督: 米林宏昌 『借りぐらしのアリエッティ』 製作: 鈴木敏夫 制作: スタジオジブリ 原作: ジョーン・G・ロビンソン『思い出のマーニー』 脚本: 米林宏昌 主題歌: プリシラ・...
思い出のマーニー (いやいやえん)
【概略】 幼い頃に両親を亡くし、あることがきっかけで心を閉ざしてしまった12歳の少女が、療養のために訪れた海辺の村で経験するひと夏の不思議な出会いを描く。 アニメ ジブリなんだけど、あまりジブリを意識してみないほうがいいかも。 私は「外側の人間」と...
思い出のマーニー (のほほん便り)
イギリスの作家ジョーン・G・ロビンソンの児童文学「思い出のマーニー」(岩波少年文庫刊)を、スタジオジブリがアニメーション映画化 かなり、賛否両論だったみたいですが、ヒロインが、諸事情から心を閉ざした少女で、 ジブリのヒロインが、シンジ君化して、エヴ...