笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

リスクはチャンスです

2015年09月27日 | 日本ドラマ
ドラマ「リスクの神様」を見ました。

フジにて 水曜10時からやってました

日本最大の商社 サンライズ物産の危機対策室メンバーたちの奮闘を描く

異物混入、汚染被害、スキャンダル、粉飾決済、お家騒動、産業スパイなど・・・
さまざまな危機 リスクを解決しようとする 一話完結形式のドラマ

いやいや これは面白かった なかなかなかったテーマというか 切り口で!

いわいる企業モノといえるわけですが
片苦しさ 小難しさはなく、いかに問題を解決するか 真相究明というミステリ サスペンス感もあり

毎話 角度を変えた問題となり、マンネリ 繰り返し感もないのも◯

そして 主演の堤真一 16年ぶりの連ドラというから!
やっぱり様になっているというか 魅せますね

戸田恵梨香も もう女優さんとして確立しているし、脇に回った森田剛もハマっていたなぁと

古田新太、志賀廣太郎、平幹二朗、吉田鋼太郎、小日向文世など ベテラン勢の揃い方も凄いし
舞台畑の人で固めた 確かさを感じられて

古田新太の静なクールさも格好良かったし、吉田鋼太郎と小日向文世の立ち位置は流石というか

毎話のゲストも舞台人やベテランが多くて
ぶれない良さがありましたね

私的に好みだわぁと

まぁ、正直 ストーリー的にも地味ではあったし 派手さには欠けたかもしれないけど
私的には見応えあるドラマだったし、まさに大人の鑑賞に堪える作品だったかなぁと


それでは、また






『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« これぞ スパイの姿! | トップ | 乱歩の世界を大胆に・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

7 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
リスクの神様 #10 最終回 (ぐ~たらにっき)
『危機こそチャンス…父と子が選んだ決断』
【リスクの神様】第10話(最終回) 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
「われわれは神じゃない。 全てを救えるわけじゃない。」 あなたの言葉の意味が今は分かります。 思いも寄らないところから次々と危機は訪れます。 それを完全に食い止めることなんて私たちにはできません。 でも西行寺さん。私は諦めずに立ち向かいますよ。 ...
復讐のためだ(堤真一)最後まで騙されました(戸田恵梨香)傷だらけの営業マン(森田剛)一人だけ停年間近(志賀廣太郎)終わりだよ~(古田新... (キッドのブログinココログ)
危機対策室の五人である。 戦隊的にはキケンジャーと言える。 灰色の世界において「善良な市民」というものは危険物に近いのだ。 国会議事堂周辺にたむろしている市民風な人々を見れば一目瞭然だ。 しかし・・・ある年齢層にとっては・・・なかなかにノスタルジーを感じる...
リスクの神様 第10話(最終回) (エリのささやき)
ラストは西行寺父の30年来の秘密・国家レベルの機密であまりに大きなリスクでリスクにも見えないのでした。
リスクの神様 第10話(最終回) (レベル999のgoo部屋)
「危機こそチャンス…救世主の真の目的は」 内容 サンライズ物産の役員会で、坂手社長(吉田鋼太郎)の解任の緊急動議が可決。 後任の社長に白川専務(小日向文世)が就任する。 その白川の指示で、危機対策室の解散を命じられる西行寺(堤真一) それをかおり(戸田恵...
『リスクの神様』 最終回 (美容師は見た…)
また騙されました。視聴者を欺くにはまず身内から。西行寺の復讐を見届けたいために、正義感溢れる神狩がうっとうしい…って思うのも、にんげんだもの(笑)花咲舞を見てても思ったんですけど、変えたくても変えられないんですよね~。会社のため、銀行のためって…それがい...
リスクの神様&37.5℃の涙&探偵の探偵最終回感想 (NelsonTouchBlog)
■リスクの神様最終回 最後まで生真面目。面白いんだけど、盛り上がったのかは、微妙だったかも(笑) 今までの話の最後に謎を残しつつ終わっていった部分の複線は、最終回できちんと回収したと思う。 ただ、ぶつ切りになってしまっているので、もう忘れているネタだった...